Lenon


Lenonをフォローしよう!


母子をナイフで襲った男に拳銃を4発発砲した警察官の対応は正しいと思いますか?


京都の事件

2016年11月29日、京都府の路上で事件が起きました。

午後7時ごろ6歳の男児と一緒にいた母親が、見知らぬ男にナイフで切りつけられたのです。

その後逃走した犯人は、現場に駆けつけた巡査部長によって逮捕されました。

しかし、その逮捕劇に賛否両論が集まりました。

駆けつけた警察官の対応は正しかったのかという疑問が残ったこの事件の顛末。

どのようなことだったのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 今日いく。明日くる。 より:

    威嚇は別として1発打って相手の動向で3発も必要無いと思います。でも銃でなく、こん棒と武術で護身と逮捕はできたのではないですか?銃は繁華街でもあり最終決断と思いますが?

  2. 佐伯昇治 より:

    身体の一番広い場所を狙うとか、頭部を狙って射殺するのが正しい対処の仕方。まだまだ、犯罪者に甘い。

  3. るるる より:

    1発だけ撃って確認しようとしたら命中せずに動画の通りあっという間に間を詰められて警官が殺されたり、近距離戦の有利を捨てて白兵戦で挑む馬鹿な警官が負けて民間人を助けられなかったり、なんてのは見たくないですね

  4. たんぽぽの踊り食い より:

    こんな事問いかけることすら不愉快。

    この警官の何が悪いんだ?アホくさ。

  5. 何がこん棒と武術だ より:

    ヤク中かも知れない犯罪者の恐怖を知りもしないで良くいえるな

  6. tekkan より:

    警察官の拳銃は、抜いた時点で使用となる。拳銃の使用判断は、かなり難しい。
    このような現場で、市民の安全、自分の安全、被疑者の検挙を一瞬のうちに判断しなければならない。構えた場合、打つ場合、相手にむかつてうち場合と、色々法的根拠も考えなければならない。
    使用判断の訓練は、年数回。もっと訓練を重ねて瞬時に判断する適応力を養うしかない
    今回は、相手の動向、警告射撃、発砲と手順を踏んでいるので適正ではないか

  7. 小林 義和 より:

    日本の法律はゆるいと日々感じています。今回の発砲も脚以外には撃てず、更には小口径で銃身の短な銃です。ましてや両脚に2発づつ命中。訓練の賜物です。
    日本の警察官は撃てない、追えないの縛りにジレンマを抱えながらの職務を遂行しています。
    なので悪人は減らない、一般市民は守れない、逃げ得になってしまっています!
    制服やパトカーの静止を振り切る自体が間違いだとおもいますが?!

  8. NOON より:

    最終決断ですよね。
    だから発砲したのでしょう。

    母子は切られて怪我してます。
    正しい判断で国民の命を守ってくれました。

  9. 匿名 より:

    気に入らんやつは犯罪者がナイフで殺しにきても素手で対応できるんだね(^_^;)
    すごいすごい(^.^)

  関連記事

「どこがいけないの?」不登校だった妹が卒業文集を書くも先生に却下される…!

あるTwitterユーザーの不登校だった妹が卒業文集を書いたものの、先生に却下されてしまう…!一体どこがいけないの?

「何もできないという価値」とある母親の綴った文章がテレビで取り上げられて話題に!

出産をした直後は、身の回りのお世話を誰かがしてくれます。 お母さんは好きなだけ赤ちゃんの側にいられま …

Twitterで話題の説得力あふれる名言7選に心打たれる!これはもっと浸透してほしい・・・

Twitterでは日々、色々な人が様々な思いを投稿しています。 有名人から一般の方、考え方が違う人た …

新年会で偉い人にハグされそうになって困っていた時に現れた人の思わず惚れてしまう行動とは?

あるTwitterユーザーが新人の頃、偉い人にハグされそうになって困っていました!その時に現れた人の思わず惚れてしまう行動とは?

治療に時間のかかる子宮の病気になり、仕事を辞めることを伝えた時の上司の返事に言葉を失った・・・

治療に時間のかかる子宮の病気になったので仕事を辞めることを伝えたのだが、その時の上司の返答に思わず言葉を失う・・・

PREV : 捨て猫を保護→しかし「また捨てられる!」と勘違いしてしまっていたようで・・・
動物実験に耐えるばかりの毎日だったビーグル犬!救い出され、初めて芝生を踏む感触を味わう姿に涙・・・ : NEXT