Lenon


Lenonをフォローしよう!


「殴った翌日に夫は花を買ってきて…」パリのDVに関するポスターの最後の一文に背筋が凍る・・・


DV

世界各国で問題視されているDVですが近年DVがエスカレートした結果、

死に至るケースが多くなっているのです。

その傾向は国によっても違うようです。

例えば女性に対するDVもさておき、男性に対するDVが深刻とされている国や、

宗教的観点からある一定程度のDVが男性の権利として許されている国、

はたまた外国人妻への夫や夫の家族からのDVが多く確認されている、などなど。

国民性と言って良いのか分かりませんが、この様に特徴が現れているのは事実です。

そしてDVが深刻とされているのはとりわけヨーロッパ各国であり、

女性の死因の第1位が病気や事故を上回り、DVが原因とされていた時期もあったようです。

そこで今回はパリの警察署に掲示された『DVのポスター』についての投稿に、

多くの反響があったようなのでご紹介したいと思います。

では、次のページにて内容をご確認下さい。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 海が大好きな加代子 より:

    正直、私はDVとやらがよくわかりません。しかし、自分の身の危険(命)を感じとる事が出来ないのか?と不思議に思います。DV する人って、一種の病気なのでしょうか?だとしたら、逃げるのも、逃げないのも、受ける側にも自己責任となるのでわないでしょうか。わからない人間がコメントするのは、どうかと思いますが‼DVする人間とは巡り合いたくないですね‼

  2. 池田耕一 より:

    DV行為をする男も男だが、それを許す女性も理解できない。だれであれ、暴力を振るうような人間を許してはいけない。もちろん、その前に、暴力を振るってはいけない。

  3. まんだりん より:

    DVの加害者、被害者の気持ちがわからないというのは、周囲からの愛情に包まれて、愛情を感じて育ってきているからなのだと思います。

    DVの加害者、被害者は共に、生まれてからずっと、愛情体験に乏しい。

    心理的に愛情を肌で感じ取って育ってきている人は、自分を大切にすることを知っている。
    危害を加える人からは逃げる、身を引く、距離を置く、ということを肌で知っている。

    愛情をあまり注いでもらえなかった人は、自分には愛される価値はないと思い込んだまま、自己評価、自尊心、自己肯定感が低いまま大人になっていく。

    被害者は、相手が暴力を振るう人であっても一瞬の優しさ(まやかしだけど)を感じられれば、本当は自分を愛してくれてるんだと思い、自分もこの人を大切にしなければと許してしまう。
    被害者の多くは、言葉の暴力や身体的暴力、甘い言葉のはざまで育ってきている。

    そして加害者自身も愛情体験に乏しく、誰かを支配し、つなぎ止めることで、欠乏感を埋めようとする。
    寂しさを暴力に訴え、態度を豹変させてつなぎ止め、パートナーをコントロールしようとするのが加害者。

    双方共に、然るべきカウンセリングが必要だけれど、
    加害者の方がより、カウンセリングが必要なのかも。

    言葉足らずな部分もあると思いますが、DVの構図はこんな感じです。

  関連記事

この9種類のうち、どのようにカップルが手をつないでいるかで、2人の恋愛観と愛の強さが分かる!

手をつなぐことには心に安らぎを与え、相手の心をも引き寄せる力があるといわれています。 また手を握って …

突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・

徳之島出身のシンガーソングライター「順田ひろみさん」。 姉妹のシングルマザーとしても、日々奮闘してい …

バスの運転手の「停車してから席をお立ちください」というアナウンス→しつこいくらいに警告する真意がこちら…!

普段から利用する機会の多い公共交通機関といえば、電車やバスですよね。 特にバスはアナウンスが丁寧で停 …

居酒屋を予約すると「聴覚障害者の方は初めてで…」と言われた→そんなお店の対応は涙が出るほど素晴らしい…!

突然ですが、皆さんにとって当たり前の生活とは何ですか? 朝起きてご飯を食べ、歯を磨いてから会社に行く …

「粋な大人になるために…」銀座のクラブママが教えてくれる2,30代のうちにやっておく事!

華やかな銀座の街。 夜の社交場で有名ですが、新しいお店を開店しても多くは半年で姿を消すそうです。 そ …

PREV : 妊娠中の野良猫が家にやって来た!無事に出産できて幸せいっぱいな様子にほっこり・・・
老犬との最後のドライブを写した写真が規約違反に!しかしその背景に涙が止まらない・・・ : NEXT