Lenon


Lenonをフォローしよう!


博多の陥没事故による賠償金を「もっと必要としている人に」と受け取らなかった経営者に心揺さぶられる…!


2016年11月8日の早朝に起きた博多駅前の陥没事故。

そのニュースに驚いた人は多かったと思います。

あっという間に崩れていく道路。

大きな穴がパックリと、口を開けるように開いてしまいました。

走っていた車が一切巻き込まれなかったのは、不幸中の幸いだったでしょう。

事故にも驚きましたが、その後の危機管理脳力の高さや復旧までのスピードの速さにも驚きましたね。

baisyou1

そんな中で、この陥没事故で店の営業を休まなければならないなど大きな被害を被った人たちに、

賠償金を支払うという話が持ち上がりました。

しかし、この賠償金を辞退する経営者がいました。

被害を受けたはずなのにどうしてなのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

毎日の30分のゴミ拾い→その結果、いつも通っていた汚い川沿いが見違えるほど綺麗に大変身!

ゴミのポイ捨て どこの国でも問題視されている「ゴミのポイ捨て」 地域によっては厳しく罰せられたりもし …

「たまには父さんと…」と朝まで父親に飲み連れ回された娘→その行動に隠された真意にハッとさせられる・・・

父親と娘の関係 年頃の娘にとって、父親の存在というのは、 『うるさい』『面倒くさい』… と、世のお父 …

埼玉スタジアムでサウジアラビアのサポーターがゴミ拾い!その時の笑顔に感動・・・

ワールドカップ最終予選 スポーツの大きな大会や様々なイベントなどで、大勢の人が集まると必ずゴミが発生 …

ある親子間で結ばれた「お小遣いに関する契約書」が本格的すぎてマネしたくなる人続出!

毎月決まった金額の中でお菓子やジュースを買ったり、ゲームをしたり、 時には何ヶ月分もお小遣いを貯めて …

親は子の容姿を見て絶望し、そして手元から捨てた→でも4年後、涙が溢れる運命的な出会いが・・・

キリル君はカザフスタンの孤児院で育った男の子です。 生まれつき右手がありません。 この障害が理由で生 …

PREV : 路上でひとりぼっちだった子猫を保護した結果、とびきりの笑顔でむしろこちらが癒された…!
猫が親友のワンちゃんに自分の子供を紹介した→ワンちゃんのリアクションに胸キュン不可避! : NEXT