「いじめられる側にも問題がある」と言う人に対する、15歳になったはるかぜちゃんこと春名風花の想いに考えさせられる…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


「いじめられる側にも問題がある」と言う人に対する、15歳になったはるかぜちゃんこと春名風花の想いに考えさせられる…!


バイキングの台本

春名さんが部屋を片付けていると、以前出演したある番組の台本が出てきました。

ある番組とは、フジテレビのお昼に生放送されている『バイキング』。

その番組で『いじめはいじめられる方にも原因があるのか』というテーマで議論した時のものでした。

以前からインターネットやテレビなどで、

いじめについて自分の意見を述べていた彼女はそのテーマの日に議論に参加しました。

この台本を読み返し、彼女は

『いじめられる方にも問題がある』と言っていた人に対して今思うことを伝えるため、

Twitterで持論を展開しました。

彼女の過去

春名さんは小学生の頃、タレント活動だけではなく声優の活動も行いたいと考えていました。

そのことを知人に話すと、その知人は声優の活動を行うことは無理だと笑ったそうです。

その後、彼女は声優学校に通える年齢になり、レッスンを受けるようになりました。

そのことを知ると、彼女の声優としての活動を無理だと笑った人は

「(はるかぜちゃんは)本気じゃない。本気なら舞台で芝居をするべきだ」と、やはり笑ったそうです。

その後、舞台で芝居をする機会に恵まれ、彼女は舞台の世界へ。

舞台での芝居に魅了されたはるかぜちゃんは、今も舞台の仕事をしています。

そのことに対して彼女を笑い続けた人は、やはり今回

も「仕事がなくなって落ちぶれたから、舞台の仕事をしている」と、笑ったそうです。

この経験から春名さんはこんなことをTwitterで発言しました。

伝えたい事

彼女はこの経験を通して、いじめる側はいじめられる側の

「いじめるための理由」を常に探していると知ったと言います。

そして、見つけた「いじめるための理由」がなくなると、別の「いじめるための理由」をまた探し出し、

そうやっていじめを繰り返すと感じたそうです。

だからいじめられる側が変わってもあまり意味がなく、

本当に変わらなければならないのはいじめる側だと彼女は言います。

そして、いじめられないように自分を変える必要もないとも語っています。

でも、自分を変えたいと思うことは素敵なことなので、

変わるのであれば「いじめられない自分」より

「自分がなりたい自分」になるように努力した方がいいと言っています。

つらく厳しい時期があったからこその言葉ですよね。

春名さんと同年代の人たちだけではなく、大人の方々の心にも響いたのではないでしょうか。

出典:YouTube

【関連記事】

美しい髪に接着剤をかけられ、世界中のいじめ撲滅を誓って立ち上がった少女…!

いじめられっ子を救った息子→特別なことではない何気ない行動に、称賛の声続々!

心優しい少年は、がん患者のためにイジメられても髪を伸ばし続けた→しかし、少年自身に非情な宣告が下される…!

「好きじゃないのに仲良くしないとだめ?」→「いいえ!でもその代わり…」多数の称賛を浴びたある小学校の教えとは?

「障害者なんていなくなればいいと思った」相模原の障害施設での事件の犯人の動機に対する8歳児の正論すぎる言葉に心揺さぶられる!

 



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. のらエモン より:

    自慢の車を駐車場から盗まれました。ロックはしてたけど盗難防止等の厳重なセキュリティはしてませんでした。
    駐車場に停めてたっていう原因があったら、盗まれても仕方ない?
    悪いのは車のオーナー?
    盗んだ犯人?

    イジメに当てはめると…

  2. 数学のちから より:

    いじめの定理

    いじめる人をM、いじめられる人をNとし、Mの罪をm、Nの罪をnとしたとき、
    常にm>nが成り立つ。
    証明:背理法で示す。
    もしm≦nが成り立つとすると、いじめは必ずしも悪くないとなる。しかしこれは世界中で騒がれているいじめ反対運動の原理(いじめは何があってもしてはいけない)に矛盾する。よってm>n。
    逆も成り立つ。

    イジメンの最終定理

    いじめられる側に欠点があったとしてもいじめる理由にならない。

    証明:人間の本質原理(人間は誰もが完璧でない)より、人間の全体集合をZとし、欠点がある人をmとすると、m∈Zが成り立つ。また完璧な人間は人間でないため、Zに属さないのでZの要素は全てmである。
    よってZ=集合m
    もし、命題A「欠点があるならいじめていい」が真ならば、Zに含まれる要素m、すなわち全人類がいじめられることになるが実際はそうでないため矛盾する。よって命題Aは偽。

    以上よりイジメンの最終定理が成り立つ。

  関連記事

東急電鉄のマナー向上広告→「電車での化粧はみっともない」あなたはどう思いますか?

まずはこの広告をご覧ください。 こちらは東急電鉄が展開中のマナー広告シリーズ「わたしの東急線通学日記 …

「『人見知り』とはガキだけに許された言葉」GACKTが自身の体験から生み出した考えの真意とは?

近年インターネットの大幅な普及により、ネット通販など便利な世の中になりました。 家から出なくても自分 …

母は息子の何気ない一言から、アメリカの根深い人種差別について考えさせられた・・・

今回は、「差別」について改めて考えさせられるエピソードをご紹介いたします。 アメリカのケンタッキー州 …

上司の反対を押し切って24時間営業をやめた当時のモスバーガーの店長!結果売り上げが80%ダウンしたものの・・・

日本人は働きすぎだと言われています。 24時間営業が当たり前の飲食業界でも、過労で体を壊す方が後を絶 …

女性はマックで衝撃的な光景を見た!そんなことしたら従業員はクビになってしまう・・・

みなさんも一度は食べたことがあるマクドナルド。 今回ご紹介するのは、アメリカにあるそのマクドナルドで …

PREV : 自然災害の写真を収めようとしていた→その数分後、まさかの救世主出現に驚かされる!
家族と離れ離れになってしまった子犬と子猫→同じ境遇の2匹が出会った結果・・・ : NEXT