Lenon


Lenonをフォローしよう!


「男性が嫌い」と頑なに悩む30代女性を完全論破!?東大卒の住職が言い放ったキレッキレの回答がこちら!


草食系男子という言葉が生まれた一方で、肉食女子という言葉が生まれた昨今。

これを象徴するかのような相談が、ある住職に投げかけられました。

「男性を信じることができません。」

「男性にもとめるものはそれほどない」

そんな頑なな女性の心を打ち砕くような、そして何かに気づかされるような住職の回答が話題になっています。

女性が生きて行く中で、学歴も知恵も必要になってきた現代にこのような考えの女性は少なからずいるはず。

そんな女性にこそ見て欲しいと感じます。

質問の女性の様な考えの方は、張っていた肩の力を抜くきっかけになるかもしれませんよ。

社会を生き抜く女性の相談

相談の書き出しは「私は男性を信じることができません。怖いというより、嫌い」と始まります。

更にその女性は東日本大震災の影響で、若い男女の結婚志願者が増えていることに理解できないというのです。

自分自身に知識を得ていけば、男性に求めなければいけないことなどそれほどないと感じているようです。

「昔を例に挙げて昔の日本男児だらけであれば」と前置きをして、

現代男性のことを「打てば崩れる人たち」と言い、そんな男性たちに

「何か求めようとは思えなくなってしまいました。」と半ば諦めているかのようにもとれる言い方です。

この相談している女性はお付き合いしている男性がいるものの、

「全くと言っていいほど普通のコミュニケーションを取ることを自分で制御している」

「頼りにできない人間と結婚」か「尼さんになるのも手か」と悩んでいる様子です。

以下、女性の悩みの原文を掲載させていただきます。

【女性の相談】

私は男性を信じることができません。怖いというより、嫌い。

話をしてもつまらない、頼りにならない、といった感情です。

東日本大震災の影響で不安が募り、若い男女に結婚志願者が増えているといいます。

私はそれを聞き、「なぜ?」と思いました。

知識を得ていけば、

男性に求めなければいけないことなどそれほどないのではないかと思ってしまいました。

昔の日本男児だらけの日本であればそうは思わないと思いますが、

現代男性のように打てば崩れる人たちに何かを求めようとは思えなくなってしまいました。

現在お付き合いしてくれる方がいますが、

全くと言っていいほど普通のコミュニケーションを取ることを自分で制御してしまいます。

頼りにできない人間と結婚という形を取るのか、尼さんになることも手なのかもしれない。

この状況を打開できる方法を教えてください。(静岡県 30代女性)

この女性の相談に皆さんはどう感じましたか?

確かに最近の男性は、どこか頼りないと感じる風潮はあります。

男女平等が一般的になりつつあり、社会で働く女性の負担が多くなってきたと感じることもあります。

男勝りだったりエリートの女性は、その辺の男性に負ける気がしないなんてこともあるかもしれません。

相談を受けた住職は、どのような回答をこの女性に贈ったのでしょうか?

回答は次のページにてご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    ご住職は?

    実際の男女の恋愛の体験の経験がいかほどおありになるのでしょう。恋愛市場、現場にいる男女が肌で感じることはそれ相応だと思います。

    「おしとやかな女性がいないと嘆いている男性には」のくだりは、私は女性ですが男性の落胆に共感します。

    男性も思っていること。女性も「頼れる男性がいない」と思っていること。同じです。そちらに共感しますよ。

    ご住職のお話とてもありがたいのだかその話では解決しませんね。だってなんだか腑に落ちないもの。

    こういうと、腑に落ちない私の方がなにやらもの申されそう。素直でないとか言われそうで。

    素直に意見を言ってるのに。(笑)

  関連記事

育児に悩む母親→「生後6ヶ月の我が子が嫌いになりそう」という悲痛な相談に対する感動的なベストアンサーとは!?

あるネット掲示板に、新米ママさんの相談が書き込まれました。 生後6ヶ月となる娘さんの育児をしているお …

「何もできないという価値」とある母親の綴った文章がテレビで取り上げられて話題に!

出産をした直後は、身の回りのお世話を誰かがしてくれます。 お母さんは好きなだけ赤ちゃんの側にいられま …

ホテルの従業員が語る宿泊客に知ってほしいこと!チェックアウト後の部屋に・・・

旅行先での楽しみの1つに、宿泊するホテルや旅館があります。 部屋に案内されキレイに整った備品やベッド …

この母親が子供と一緒に海で遊べない理由に誰もが怒りと悲しみを募らせた!

海で遊ぶ父と子どもの姿、夏によくある風景ですね。 大きな海で怖いのか、子どもはお父さんにつかまってい …

「たまには父さんと…」と朝まで父親に飲み連れ回された娘→その行動に隠された真意にハッとさせられる・・・

父親と娘の関係 年頃の娘にとって、父親の存在というのは、 『うるさい』『面倒くさい』… と、世のお父 …

PREV : ストーブの暖かさが待ち遠しい動物たち9選!でもそれは来月からなんだ・・・
母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…! : NEXT