Lenon


Lenonをフォローしよう!


母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…!


オーストラリアに住むロバート・ホージさんが44年前に生まれたとき、

彼の母親は生まれたばかりの我が子を直視できなかったそうです。

母親にはどうしても自分の子供の顔が“グロテスク”に思え、

母親は1週間我が子を家に連れて帰るのを拒否し続けたといいます。

しまいに母親は、「この子なんて死んでしまえばいい」とまで思ってしまっていたそうです。

hoji

また母親は、妹に「この子の顔は、酷過ぎる」と何度も言い聞かせていたとのこと。

赤ちゃんは一体どんな顔で生まれてきたのでしょうか?

そしてそんな赤ちゃんはその後、どのような人生を送ったのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. seiji teshima より:

    wonderful great good

  関連記事

mitio

富士そばの超ホワイト企業ぶりが明らかに!その実態に称賛の声続々・・・

母の教え みなさんは『名代 富士そば』を展開しているダイタングループをご存知ですか? ここは、「超」 …

kurumaisu

知っておかなければ…駐車場にある車いす用の駐車スペースは妊婦さんも停められます!

ショッピングセンターなど駐車場の多くに車いす専用のスペースを設けていますよね。 でも車いすの方だけの …

roujin2

老人ホームで家族に看取られることなく亡くなった気難しい老人→彼が看護師に宛てた手紙に涙・・・

一人の老人が家族の看とりもないまま孤独に人生の最後を終えました。 老人ホームでは看護師が彼のいた部屋 …

junyuu

「怒られる!?」カフェで授乳中のお母さんに老婦人が近づき、こう言った・・・

22歳の新米ママ、ブライヤー・ルージア・マックイーンさんは、生後8週間のジャクソン君を連れてカフェに …

mumu

博多華丸が娘にクリスマスプレゼントをあげなかいと決断した理由に素敵な親心を感じる!

2016年12月15日に放送されたテレビ東京のトークバラエティー番組『40男はらいつー』で、 博多華 …

tomson
PREV : 大好きな人が川で溺れている!?助けに向かう子象の姿に動物と人間に絆は生まれることを痛感する…!
near
猫のことが大好きな赤ちゃんのそばに猫を連れて行った結果、もう嬉しさが爆発状態! : NEXT