Lenon


Lenonをフォローしよう!


母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…!


オーストラリアに住むロバート・ホージさんが44年前に生まれたとき、

彼の母親は生まれたばかりの我が子を直視できなかったそうです。

母親にはどうしても自分の子供の顔が“グロテスク”に思え、

母親は1週間我が子を家に連れて帰るのを拒否し続けたといいます。

しまいに母親は、「この子なんて死んでしまえばいい」とまで思ってしまっていたそうです。

hoji

また母親は、妹に「この子の顔は、酷過ぎる」と何度も言い聞かせていたとのこと。

赤ちゃんは一体どんな顔で生まれてきたのでしょうか?

そしてそんな赤ちゃんはその後、どのような人生を送ったのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. seiji teshima より:

    wonderful great good

  関連記事

盲目の物乞いからメッセージボードを取り上げた身なりの良い男性→別の言葉を書くと突然人々の気前が良くなった!

目の見えない世界。 当たり前のように視覚に頼っている健常者には、想像もできない世界です。 目を閉じて …

高須院長がレーシックの手術を受けない理由が説得力バツグンだと話題に!

高須院長 視力の弱い人にとって、『レーシック手術』は受けてみたい手術ではないでしょうか。 メガネを常 …

「人じゃない」WBCでホームランを無効にしてしまった少年を叩く人々にウーマン村本が大反論!

いよいよWBCが始まりました。 直前の強化試合では苦戦していた侍ジャパンですが、試合が始まると1次リ …

この画像が「父ちゃんかっこいい!」と言わずにはいられないと話題に!父親を尊敬した瞬間を考えよう!!

一生懸命家族のために働いていても、朝早く会社へ行き夜遅く帰ってくる『お父さん』の存在は薄くなりがちで …

職人の母が語る「タダで技術をたかろうとする人」に対する超正論な考えをご覧ください!

どこにでも図々しい人というのはいるものですよね。 相手のことを考えずにズカズカと物をたかったり、相手 …

PREV : 大好きな人が川で溺れている!?助けに向かう子象の姿に動物と人間に絆は生まれることを痛感する…!
猫のことが大好きな赤ちゃんのそばに猫を連れて行った結果、もう嬉しさが爆発状態! : NEXT