Lenon


Lenonをフォローしよう!


母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…!


オーストラリアに住むロバート・ホージさんが44年前に生まれたとき、

彼の母親は生まれたばかりの我が子を直視できなかったそうです。

母親にはどうしても自分の子供の顔が“グロテスク”に思え、

母親は1週間我が子を家に連れて帰るのを拒否し続けたといいます。

しまいに母親は、「この子なんて死んでしまえばいい」とまで思ってしまっていたそうです。

hoji

また母親は、妹に「この子の顔は、酷過ぎる」と何度も言い聞かせていたとのこと。

赤ちゃんは一体どんな顔で生まれてきたのでしょうか?

そしてそんな赤ちゃんはその後、どのような人生を送ったのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. seiji teshima より:

    wonderful great good

  関連記事

引きこもり続けて5年→21歳の息子が突如リビングに顔を出し、勇気を出して贈ってくれた物に涙・・・

投稿主さんの息子さんは、16歳の頃から5年にわたって引きこもりを続けています。 息子さんが引きこもる …

母子をナイフで襲った男に拳銃を4発発砲した警察官の対応は正しいと思いますか?

京都の事件 2016年11月29日、京都府の路上で事件が起きました。 午後7時ごろ6歳の男児と一緒に …

近年インドネシアの看護師が日本で働きたがらなくなっている理由にやるせない気持ちになる…!

東南アジアの人々から見ると、日本は給料が高くてうらやましいと思われているかもと感じますが、 実際は違 …

授業中に赤ちゃんをあやす大学教授→「気にせず連れておいで」と協力的な姿に多くの称賛の声!

子育てとの両立 働きながら学校へと通う生徒は少なくありません。 また、妊娠をしながら勉学を学ぶ人もい …

「空手をやればイジメられずに済む」母に騙されて空手道場に連れて行かれたおかげでイジメが止んだ時、先生に言われたグッとくる言葉とは?

今回ご紹介するのは、小学校時代に執拗なイジメを受けていた男性Aさんのお話。 Aさんが小学校3年生の時 …

PREV : 大好きな人が川で溺れている!?助けに向かう子象の姿に動物と人間に絆は生まれることを痛感する…!
猫のことが大好きな赤ちゃんのそばに猫を連れて行った結果、もう嬉しさが爆発状態! : NEXT