Lenon


Lenonをフォローしよう!


この話は知っておきたい!ウエイトレスがテーブルの上で見つけた『慈しみの連鎖』に涙する・・・


昔、ジョニー・バーネットというカントリーシンガーがいました。

今回ご紹介するのは、このジョニーが描いた物語です。

このお話はアメリカ発祥で、日本とは文化の違いがありますが、

その良さは文化や言葉の壁を越えて私たちにも伝わってくるはずです。

みなさんにも読んでいただきたいです。

冬の夕方のこと

車に乗っていたとある男性が、困っている様子のおばあさんを見かけ、

おばあさんの車の前に自分の車を止めました。

どうやらおばあさんの乗っている車の調子が悪いようなのです。

男性は笑顔でおばあさんに声をかけましたが、警戒している様子のおばあさん。

おばあさんの車が止まってしまってから1時間が経っていましたが、声をかけてくれたのは彼だけでした。

しかし、男は強面で薄汚れた格好をしていたせいか、おばあさんは強盗かもしれないと思っていたのです。

警戒心と擦り傷

その警戒心が、寒さによって増していることにも気づきました。

男性は「私はブライアン・アンダーソンという者です。僕の車は暖かいので乗ってください。」

と言いました。おばあさんの車はパンクしていました。

しかしおばあさんにとって、タイヤを交換することはとても困難です。

ブライアンさんはおばあさんの車を修理し始めました。

タイヤを交換し終えたブライアンさんの拳には擦り傷ができていました。

それをみたおばあさんは・・・?

気になる方は是非、次のページをご覧ください!



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

無事に赤ちゃんが生まれ、家に帰ると旦那が涙が止まらなくなるモノを仕掛けていた…!

赤ちゃんを出産するという大仕事を終え、 自宅に帰って来たTwitterユーザーのゆっきぃ(@OsaR …

亡くなった娘の秘密は鏡の裏にあった→父親がその秘密を目の当たりにした結果・・・

死は突然やってきます。 それは大人だけではありません。 子どもだって同じなのです。 12歳のアシーナ …

企業とお客様との素晴らしい関係!ツイッターで発見した心温まるちょっと良い話7選・・・

お店で店員にひどい態度をされたりすると、一日中気分が悪いものです。 また、コールセンターの方が無愛想 …

レストランで小児麻痺の息子からちょっと目を離したら、いつの間にか息子にウェイトレスが…!

アメリカのシンシナティに住むヘザー・スティージャーさんは、3兄弟のお母さんです。 サッカーを習ってい …

混雑した電車内で見知らぬ人にメモを渡された23歳の母と3歳の息子→その内容が信じられない…!

ある日イギリスに住む23歳のサマンサ・ウェルチさんは、 3歳になる息子のライアンくんを連れて電車に乗 …

PREV : 中国の成都に行くならココは見逃し厳禁!『子パンダのてんこもり』に悶絶不可避!?(笑)
空き家に捨てられた2頭の犬が汚物にまみれた悲惨な状況で見せた行動に涙が止まらない…! : NEXT