Lenon


Lenonをフォローしよう!


まるで羽ペンのような虹の光!薄い雲にかかった一生に一度は見てみたい神秘的な瞬間・・・


虹?雲?青空に浮かぶ薄雲に、ふんわりと…

かたちは羽ペンのようですが、その色がナント虹色!

とっても幻想的です。

この「虹の羽ペン」。

Twitterで見た方々に

「すごすぎ」「やばい。感動した」などなど、

ツイートした本人も驚きの大反響を巻き起こしています。

人によっては動物のふさふさした尻尾に見える、という声も。

「ハッピーになれそう!」と感動の声続出!

何気ないツイートだったようですが、瞬く間にリツイートされ、反応もさまざま!

一番多いこの反応に続き…

びっくり&なんだかほっこりしたという声。

確かに、こんな雲(?)みたことないですよね。

確かにこんな画像が世界中に広まれば、みんなおだやかな気持ちになりそうです。

「赤い羽根」も素晴らしいけど、「虹の羽根」もいいですね。

ところで、どうしてこのような雲とも虹ともつかないモノが見られる現象が起きるのでしょう?

そのメカニズムがわかれば、もしかしたら自分も肉眼で見ることができる…!?


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. ttt より:

    一瞬、真珠母雲かと思ったのですが少し高度が低く見えます。虹が重なって見えているのか、美しく珍しい光景ですね。

  関連記事

一瞬だけ再会した離れ離れの親子!ラーメン店に残された娘さんのメモが話題に・・・

ひと昔前、学校の参観日には「父親参観日」という日がありました。 また、母の日にはお母さんの似顔絵と折 …

妻の遺骨をバッグに入れて飛行機に乗った時に乗務員がとった対応に涙が溢れる…!

妻の遺骨 KMD(@com_kamada)さんが紹介した、とある新聞の記事が注目されています。 その …

ウエイトレスが心温まるメッセージを領収書に書いた2時間後、Facebook上で巻き起こった優しいつながり…!

優しい気遣い アメリカのニュージャージー州で消防士として勤務しているティム・ヤングさんとポール・ハリ …

新郎が結婚写真を撮影している最中にいきなり川へ飛び込んだ理由に感動・・・

川へ飛び込んだ新郎 クレイトンさんとブリタニーさん夫妻は、カナダのオンタリオ州で結婚式を挙げました。 …

テニスのトッププレイヤーの高速サーブが直撃したボールボーイ!彼の痛手を癒してくれた出来事に観客から拍手が・・・

痛々しいアクシデントが心温まるエピソードになったというお話をご紹介いたします。 2016年に中国の上 …

PREV : 総移動距離は483キロ!イギリス海軍のパイロットの車に隠れて移動した子猫→保護された結果・・・
「お父さん、遊んで~!」子猫から父へ連続ネコパンチ→怒られても知らないよ…? : NEXT