Lenon


Lenonをフォローしよう!


民宿を経営する夫婦の幸せそうな笑顔の裏には9,000人の命を救った娘のつらく悲しい記憶があった…!


未希の家

遠藤清喜さんと美恵子さんは、宮城県南三陸町で民宿を経営している夫婦です。

漁師の清喜さんが釣った魚介類を使った料理が売りで、1日1組限定であることも特徴的な民宿です。

宿の名前は「未希の家」と言い、亡くなった愛娘の名前からとって名付けられました。

夫婦が民宿に娘さんの名前をつけたのには、深い理由があります。

当時24歳だった遠藤未希さんは親思いで、

両親の側にいることができるようにと地元の町役場に就職しました。

2010年には結婚をして、順風満帆な人生を送っていました。

しかし翌年の2011年3月11日、東北地方を大地震が襲います。

もちろん、南三陸町も例外ではありませんでした。

次のページで、当時の未希さんがとった行動について詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

虹の始まりがどうなっているのか知っていますか?その神秘的な美しさを捉えた画像がこちら!

雨が降った後の青空を見上げると見ることができる虹。 雨が降ってどんよりとした気持ちも、美しい虹を見る …

耳の聞こえないおばあちゃんと生後9ヶ月の孫が声を出さずに会話する様子に感動…!

コミュニケーションを取るためには、会話が必要不可欠です。 自分の思っていることは、声に出さないと伝わ …

日本に滞在して3週間→外国人が感じ取った日本の素晴らしさを表現した動画に思わず感動・・・

多くの日本人は自分たちの国の自然、文化、伝統の素晴らしさに、逆に気づいていないかもしれません。 外国 …

30年間200人以上の少年たちに無償で手料理を振るまい続けた女性!その理由に心揺さぶられる・・・

突然ですが、皆さんは優しさとはどのようなものだとお考えですか? 困っている人がいたら、迷わず助けてあ …

タクシーの料金は1,200円のはずなのに運転手が600円と言った理由に涙・・・

タクシー運転手のお話 Twitterユーザーの流雲(@kimu_ryu0921)さんが仕事中に乗った …

PREV : 恐怖に震えていた犬がいるケージに黒猫が近寄るとその犬にある変化が・・・
虐待を受けて生活のほとんどを窮屈なキャリーの中で過ごしてきた猫は愛情を求めて・・・ : NEXT