渋谷駅で待ち続ける哀しい姿よりも東大農学部のハチ公像の方が幸せそうだと話題に…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


渋谷駅で待ち続ける哀しい姿よりも東大農学部のハチ公像の方が幸せそうだと話題に…!


東大農学部のハチ公像

ハチ公と一緒にいる男性は飼い主さんであり、今は亡き上野英三郎博士です。

ハチ公と上野さんがじゃれ合っており、

生前に2人の築いた信頼関係が強固なものだったということが伝わってきますね。

この新しいハチ公像は、

2015年の3月8日にハチ公が亡くなってから80年が経過したことを記念して建てられたそうです。

80年が過ぎてもハチ公は、人々から愛されていることが分かります。

忠犬ハチ公は亡くなったご主人様の姿を10年もの間、探し求め続けました。

彼らはきっと、天国でこの像と同じように再会を喜んでいることでしょう。

ネットの反応

石部さんがアップしたハチ公像の写真を見て、多くの人からさまざまなコメントが寄せられています。

・よかったねえハチ…。ハチ公像の写真を見てるだけで泣けてくる。

・当時のニュースでハチ公が待ち続けなくても済むように、お迎えにしたと言ってました。幕を取った途端にあがった歓声と感動を覚えてます

・新しいハチ公像の制作に関わった秋田犬が大好きな元農学部の先生いわく、ハチ公と上野博士の視線が合うように作ったんだそうです。

・ハチ公の気持ちになって、何回見ても泣いてしまう

切なくも優しい光景に、見ているこちらの心が癒やされました。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

シベリアの道路脇に忠犬ハチ公!氷点下の中で飼い主を待ち続ける1匹の犬の運命は…?

身勝手な理由で捨てられるも、飼い主を信じて1年以上も同じ場所で待ち続ける猫に胸が締め付けられる…!

戻ることはない飼い主を待ち続けた犬が保護された後に公開された手紙に綴られた想いとは!?

帰らない飼い主を待ち続けた犬がSNSや近隣住民の力によって救われ、心を開くまでの軌跡に涙…!

路上をさまよっていたホームレス犬に180度違う人生をもたらした女性との出会い!

出典:Twitter



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ペルセウス座流星群をとらえた3枚の写真には、言葉を失うほど幻想的な光景が広がっていた…!

ペルセウス座流星群をとらえた3枚の写真が話題に!その幻想的な光景に思わず言葉を失ってしまうこと間違いなし…!詳細はこちら・・・

余命が残りわずかでありながらも、妹の誕生日まで懸命に生き抜いた少年!

少年は余命が残りわずかと宣告されながらも、妹の誕生日まで懸命に生き抜いた!胸が熱くなるエピソードはこちら・・・

祖母のウエディングドレスをこっそり借りた孫娘の美しい姿を見た祖母の反応は・・・?

サムシング・フォー 欧米の結婚式における慣習に、「サムシング・フォー」というものがあります。 これは …

地震の後に女性の遺体が掘り出された→その女性の腕の中に現場は涙で溢れた・・・

これは主に英語サイト上で 東日本大震災の時の感動の話として紹介されていました。 オレンジを基調とした …

飛行機が離陸する時の写真がリアル『銀河鉄道の夜』と評したくなるほど幻想的だと話題に!

岩手県出身の詩人・童話作家である宮沢賢治さん。 代表作である『銀河鉄道の夜』の世界をご存知でしょうか …

PREV : 文鳥の羽の付け根にイヤホンを垂らしたら癒ししかない映像が完成した・・・
人形遊びをしていて徐々にテンションが上がっていくハスキー犬の表情がこちら(笑) : NEXT