Lenon


Lenonをフォローしよう!


119番通報するも朦朧とする意識!そんな中、オペレーターのこの一言に救われた・・・


朦朧とする意識

TwitterユーザーであるNamataro(@NamataroF_FF14)さんが、

自身が体験した車の運転中の出来事を投稿しました。

予期せぬ身体の痛みで119番通報した際、対応していたオペレーターがかけてくれた言葉が

「驚いた」「素晴らしい」と称賛の声が上がるものだったのです。

投稿者さんが運転していた時、いきなり全身に気を失いそうになるほどの痛みが走るのを感じたそうです。

車を急いで路肩に停めた投稿者さんは、激痛に耐えながらすぐに119番へ連絡します。

しかしあまりの激痛によって、居場所を最後まで伝えることができませんでした。

投稿者さんの意識が薄れていく中、オペレーターがかけた言葉とは一体何だったのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

テニスのトッププレイヤーの高速サーブが直撃したボールボーイ!彼の痛手を癒してくれた出来事に観客から拍手が・・・

痛々しいアクシデントが心温まるエピソードになったというお話をご紹介いたします。 2016年に中国の上 …

終電後のパネルが突然光る!定年退職することになっている駅長がその光景に思わず涙・・・

離島を除いて、日本列島には鉄道が通っています。(沖縄には、ゆいレールというモノレールがあります) 現 …

新聞に投稿されたディズニーランドのエピソードが話題に!「自分の心がけで相手の態度は変わっていく」

昨年の2016年に開園「33周年」を迎えた東京ディズニーランド。 アメリカ式の大型リゾートが日本にで …

貧しい花売りが売っていたバラを全て買った男性は1本も持ち帰らずに衝撃の提案をした…!

今から4年前の2013年6月の出来事です。 アメリカ・ニューヨークの地下鉄で貧しい女性がバラの花を手 …

余命が残りわずかでありながらも、妹の誕生日まで懸命に生き抜いた少年!

少年は余命が残りわずかと宣告されながらも、妹の誕生日まで懸命に生き抜いた!胸が熱くなるエピソードはこちら・・・

PREV : 全身が毛玉で覆われた13歳の老猫は大量の毛から解放されてとても嬉しかったようで…!
豪雨の翌日にずぶ濡れで衰弱しきっていた生後わずか1日の子猫を保護して看病し続けた結果…! : NEXT