Lenon


Lenonをフォローしよう!


「最期にもう一度だけ…」懸命に病気と闘い抜いた4歳の少年が最期に母親に残した言葉に涙…!


ルースさんとノーラン君

ルース・スカーリーさんは、アメリカのメリーランド州に住んでいる女性です。

彼女は4歳になったばかりの大切な息子、ノーラン君を病気で亡くしました。

病気が発覚したのは彼が2歳の頃。

当初は風邪と思われた症状が、どんどん悪化していったのです。

病院の検査で「横紋筋肉腫」という悪性の腫瘍が見つかり、

ノーラン君とルースさんの闘病生活が始まりました。

腫瘍はノーラン君の体内で転移し続けますが、

1年半経っても治療の効果が表れることはありませんでした。

そしてとうとうルースさんは主治医に、

これからはノーラン君をできるだけ苦しませないようにするつもりだと宣告されます。

ルースさんはその後、ノーラン君とどのような会話をして、

ノーラン君は最期にどんな言葉を残したのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧下さい。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

58年間営業していた魚屋の閉店を知らせる張り紙→隣にある別の張り紙の内容に心温まる…!

埼玉県川口市の、地元では人気の魚屋さんが突然閉店しました。 58年間愛されたお店の突然の閉店に、多く …

タクシーの料金は1,200円のはずなのに運転手が600円と言った理由に涙・・・

タクシー運転手のお話 Twitterユーザーの流雲(@kimu_ryu0921)さんが仕事中に乗った …

サンタさんが出会った少女は耳に障害があった→するとサンタさんはこんな風に会話した!

12月になると大忙しになるサンタクロース。 子どもたち一人一人のプレゼントの要望を聞いて12月24日 …

耳の聞こえない赤ちゃんがママの声を初めて聞いた時のリアクションに涙が溢れる・・・

赤ちゃんが、お母さんの呼びかけに笑ってくれるのはいつ頃でしょうか? 生後数週間は顔を一生懸命見ますが …

W杯でロシアの人々がハチマキを巻いて日本を応援してくれていた理由に感動・・・

W杯ロシア大会にて、現地のロシア人たちがハチマキを巻いて日本を応援!自国ではなく日本を応援してくれた理由に感動・・・

PREV : コンビニ前に「たむろしている集団」がいるけど、彼らなら歓迎するしかない(笑)
一緒に暮らしている猫が出産し、新しい家族が気になるワンちゃんの気遣いに心温まる・・・ : NEXT