Lenon


Lenonをフォローしよう!


9歳の自分の息子がガンでこの世をさったのに母親が一滴も涙を流さなかった理由に胸が熱くなる…!


2007年に出版された、『がんばれば,幸せになれるよ』という本をご存知ですか?

これは、小児がんと闘った少年が遺した言葉の数々をその母が綴ったものです。

母と子の9年間の愛情と涙の軌跡。

誰もが涙する9歳の少年、山崎直也君の短くも壮絶な人生をここにご紹介します。

わんぱくな坊やが…

山崎直也君は1992年に神奈川県で生まれました。

小さな時はとてもわんぱくな男の子でした。

その元気いっぱいの直也君に悲劇が訪れたのは、5歳の頃でした。

直也君は『ユーイング肉腫』に侵されてしまったのです。

ユーイング肉腫とは10万人に1人の割合で発症する悪性のガン。

骨のガンであるために転移しやすく、再発を防ぐために強い放射線と抗がん剤での治療を必要としました。

直也君は腫瘍が切除されたあとも抗がん剤の副作用に苦しむ日々が続きました。

直也君は一時的に学校に通うこともできたのですが再発と手術を繰り返し、

ついには病院で寝たきりの生活になってしまいました。

つらい闘病生活の中で直也君がお母さんに遺した宝石のような言葉の花束を、

是非次のページでご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 有馬 隆司 より:

    痛みが繰り返し襲ってくるなかで、母親を気遣い、母親を思いやれる直也君の言葉に読んでいて涙が止まりませんでした。

  関連記事

妻の遺骨をバッグに入れて飛行機に乗った時に乗務員がとった対応に涙が溢れる…!

妻の遺骨 KMD(@com_kamada)さんが紹介した、とある新聞の記事が注目されています。 その …

思わず感動!妊娠している飼い主のお腹を守る猫ちゃん→出産した後は・・・

一匹の猫が、まるで飼い主の装備品であるかのようにぴったりと、お腹にくっついています。 実はこの猫、あ …

名作『タッチ』の26年後を描いた秦基博のMVに涙が止まらない・・・

1981年~1986年に、 「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されていた野球漫画の『タッチ』は大ブ …

日本版ウユニ塩湖がここに…滋賀県にある余呉湖で撮影された吸い込まれるかのような美しい画像がこちら!

湖を映した1枚の写真。 風景の全てを鏡に映し出しているような美しさですね。 モクモクと湧いている雲を …

「感動した」「大好き!」日本で撮られた1枚の写真が世界中で称賛された理由とは?

「感動した」「大好き!」日本で撮影された1枚の写真が、世界中で称賛されて話題に!何気ない写真が称えられた理由はこちら・・・

PREV : 御主人をお出迎えするシベリアンハスキー犬4頭!その歓迎ぶりに疲れも吹き飛ぶ(笑)
厳しい野良の生活が続いて狂暴になってしまった猫が心優しい女性から愛情を注がれ続けた結果…! : NEXT