Lenon


Lenonをフォローしよう!


9歳の自分の息子がガンでこの世をさったのに母親が一滴も涙を流さなかった理由に胸が熱くなる…!


2007年に出版された、『がんばれば,幸せになれるよ』という本をご存知ですか?

これは、小児がんと闘った少年が遺した言葉の数々をその母が綴ったものです。

母と子の9年間の愛情と涙の軌跡。

誰もが涙する9歳の少年、山崎直也君の短くも壮絶な人生をここにご紹介します。

わんぱくな坊やが…

山崎直也君は1992年に神奈川県で生まれました。

小さな時はとてもわんぱくな男の子でした。

その元気いっぱいの直也君に悲劇が訪れたのは、5歳の頃でした。

直也君は『ユーイング肉腫』に侵されてしまったのです。

ユーイング肉腫とは10万人に1人の割合で発症する悪性のガン。

骨のガンであるために転移しやすく、再発を防ぐために強い放射線と抗がん剤での治療を必要としました。

直也君は腫瘍が切除されたあとも抗がん剤の副作用に苦しむ日々が続きました。

直也君は一時的に学校に通うこともできたのですが再発と手術を繰り返し、

ついには病院で寝たきりの生活になってしまいました。

つらい闘病生活の中で直也君がお母さんに遺した宝石のような言葉の花束を、

是非次のページでご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 有馬 隆司 より:

    痛みが繰り返し襲ってくるなかで、母親を気遣い、母親を思いやれる直也君の言葉に読んでいて涙が止まりませんでした。

  関連記事

江頭2:50が元SMAPの草なぎ剛に一言物申す!その内容に思わず涙が溢れる・・・

ぷっすまにエガちゃん 2002年から、「嫌いな芸能人ランキング」で9年連続1位を獲得した江頭2:50 …

W杯でロシアの人々がハチマキを巻いて日本を応援してくれていた理由に感動・・・

W杯ロシア大会にて、現地のロシア人たちがハチマキを巻いて日本を応援!自国ではなく日本を応援してくれた理由に感動・・・

テニスのトッププレイヤーの高速サーブが直撃したボールボーイ!彼の痛手を癒してくれた出来事に観客から拍手が・・・

痛々しいアクシデントが心温まるエピソードになったというお話をご紹介いたします。 2016年に中国の上 …

「まだぺーぺーのボクを…」GACKTが明かした西城秀樹との思い出に涙が止まらない・・・

「まだぺーぺーのボクを…」GACKTが自身のInstagram上で明かした西城秀樹との思い出話が話題に!思わず涙する話はこちら・・・

瓦礫の中の1枚の写真と携帯が奇跡を呼んだ!生きていて欲しいと願い続けて・・・

川谷清一さんはあの3.11東日本大震災の1ヶ月後、 当時大阪で高校の事務長をしていた職場に休暇願を出 …

PREV : 御主人をお出迎えするシベリアンハスキー犬4頭!その歓迎ぶりに疲れも吹き飛ぶ(笑)
厳しい野良の生活が続いて狂暴になってしまった猫が心優しい女性から愛情を注がれ続けた結果…! : NEXT