Lenon


Lenonをフォローしよう!


9歳の自分の息子がガンでこの世をさったのに母親が一滴も涙を流さなかった理由に胸が熱くなる…!


2007年に出版された、『がんばれば,幸せになれるよ』という本をご存知ですか?

これは、小児がんと闘った少年が遺した言葉の数々をその母が綴ったものです。

母と子の9年間の愛情と涙の軌跡。

誰もが涙する9歳の少年、山崎直也君の短くも壮絶な人生をここにご紹介します。

わんぱくな坊やが…

山崎直也君は1992年に神奈川県で生まれました。

小さな時はとてもわんぱくな男の子でした。

その元気いっぱいの直也君に悲劇が訪れたのは、5歳の頃でした。

直也君は『ユーイング肉腫』に侵されてしまったのです。

ユーイング肉腫とは10万人に1人の割合で発症する悪性のガン。

骨のガンであるために転移しやすく、再発を防ぐために強い放射線と抗がん剤での治療を必要としました。

直也君は腫瘍が切除されたあとも抗がん剤の副作用に苦しむ日々が続きました。

直也君は一時的に学校に通うこともできたのですが再発と手術を繰り返し、

ついには病院で寝たきりの生活になってしまいました。

つらい闘病生活の中で直也君がお母さんに遺した宝石のような言葉の花束を、

是非次のページでご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 有馬 隆司 より:

    痛みが繰り返し襲ってくるなかで、母親を気遣い、母親を思いやれる直也君の言葉に読んでいて涙が止まりませんでした。

  関連記事

アジャコングに抱っこしてもらった少年が20年後にプロレスラーになってもう一度・・・

90年代前半、女子プロレスは 「ビューティー・ペア―」「クラッシュギャルズ」などのアイドルレスラーが …

すれ違った白バイがわざわざUターンしてまでとった行動に尊敬するしかない・・・

あるTwitterユーザーとすれ違った白バイがUターンしてきた!わざわざ来た道を戻ってまでとった行動に尊敬するしかない・・・

祖母のウエディングドレスをこっそり借りた孫娘の美しい姿を見た祖母の反応は・・・?

サムシング・フォー 欧米の結婚式における慣習に、「サムシング・フォー」というものがあります。 これは …

水中を泳ぐ鯉のぼりに絶賛の声続々!これぞ「鯉」のぼりの本来の姿?

水中を泳ぐ鯉のぼりに「美しい」「初めて見た」など、絶賛の声が続々と寄せられています!これぞ「鯉」のぼりの本来の姿?

「どうも、クロネコヤマトです」「私は佐川急便です」宅配業者が紡ぐ『平和だな〜』と感じる面白エピソード10選!

宅配業者と関わるのは受け取る間のほんの数秒か数分間です。 そんな短い時間でも、多くの人が業者さんの面 …

PREV : 御主人をお出迎えするシベリアンハスキー犬4頭!その歓迎ぶりに疲れも吹き飛ぶ(笑)
厳しい野良の生活が続いて狂暴になってしまった猫が心優しい女性から愛情を注がれ続けた結果…! : NEXT