Lenon


Lenonをフォローしよう!


100年の歳月を経て蘇った小学校の黒板!そこに刻まれた涙が溢れる思い出とは?


誰もがお世話になった学校の『黒板』。

黒板だけでも様々な記憶が蘇りますね。

先生が黒板にチョークで書く時の「カツカツ」という音や、

真っ白くなった手を払ったり黒板消しで字を消すときなどに、

前列の生徒はチョークの粉が降りかかったりしていました。

黒板消し当番があり、休み時間に落書きをするなど、数え切れないほど思い出があります。

しかし、現代は黒板やチョークが消えようとしています。

電子黒板やタブレットを使った授業が増えており、あの懐かしい風景は無くなりつつあるのです。

アメリカでもその傾向は同じようです。

ところが、取り換えをする予定であった黒板が、ある感動を呼んでいると話題になっているそうです。

それでは、アメリカの小学校で蘇った黒板の秘話を次のページで詳しくご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

タクシーの料金は1,200円のはずなのに運転手が600円と言った理由に涙・・・

タクシー運転手のお話 Twitterユーザーの流雲(@kimu_ryu0921)さんが仕事中に乗った …

赤ちゃんが養子に迎えられた先には2人の父親がいた→ずっと何かが欠けていると感じた少年は14年後、テレビで実の母親に感動のメッセージを伝えた!

14歳のキャンプベル君は赤ちゃんの時、養子として2人の男性に引き取られました。 実の母親にはすでに3 …

思わず感動!妊娠している飼い主のお腹を守る猫ちゃん→出産した後は・・・

一匹の猫が、まるで飼い主の装備品であるかのようにぴったりと、お腹にくっついています。 実はこの猫、あ …

サンタさんが出会った少女は耳に障害があった→するとサンタさんはこんな風に会話した!

12月になると大忙しになるサンタクロース。 子どもたち一人一人のプレゼントの要望を聞いて12月24日 …

ウエイトレスが心温まるメッセージを領収書に書いた2時間後、Facebook上で巻き起こった優しいつながり…!

優しい気遣い アメリカのニュージャージー州で消防士として勤務しているティム・ヤングさんとポール・ハリ …

PREV : 先天性の障害でうまく歩けない子猫にぴったりと寄り添う犬の優しい姿に感動・・・
鳥よけ用のダミーカラスに騙された猫のリアクションが芸人顔負けで笑えてしまう! : NEXT