Lenon


Lenonをフォローしよう!


交通事故に見舞われた男性の余命はあと5分!彼の最期の望みに涙が止まらない・・・


突然の別れ

人の人生の長さはバラバラです。

生まれてから100年という長い月日を生きる人、

はたまた生まれて間もなくに人生を終えてしまう人。

神様によってそれぞれに与えられた人生ですが、その終幕は時として突然訪れる場合があります。

ある日の深夜3時頃、高速道路で起きた交通事故。

yomei1

事故の通報を受け、現場に到着した救急隊員は思わず言葉を失いました。

そこにいたのは、事故の被害を受けた男性。

状況は凄まじいものでした。

yomei2

車体に挟まれ、下半身が切断された状態の男性。

しかし信じられないことに彼の意識はまだありました。

下半身が切断された状態にありながら、車体に挟まれた部分が圧迫されていたため、

出血が少なかったのです。

それでも状況は最悪。

男性が助かる状態ではないことを救急隊員は分かっていました。

意識がある被害者の男性は救急隊員に聞きました。

「僕、あとどのくらいもちますか?」

その言葉に救急隊員は、「あと…5分くらいです。」と正直に伝えたそうです。

そして救急隊員は彼に最期の望みはないかと尋ねたのです。

男性の最期の望みは、次のページにてご紹介致します。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

育児がつらかった福田萌を救った夫のオリラジ中田がくれた言葉とは?

子育ては大変な仕事です。 24時間体制で小さな子の面倒を見るわけですから、体力も気力もヘトヘトになり …

驚かせようと出張から内緒で帰宅したら奥さんが不自然に動揺していた理由に思わず脱力・・・

「自分が出張している時、自宅で家族は何をしているのだろう…」 と、出張先へ移動する際やホテルで休んで …

熊本地震発生の前日にヤフオクで商品を落札→震災後に届いた中身には、注文した覚えのない感動的な品が入っていた…!

熊本地震が発生してから1ヶ月以上が経過しました。 被災地は今、復興に向けて人々が懸命に踏ん張っていま …

芸術の都フィレンツェで驚きのセッション!1人のアジア人青年が飛び入り参加した結果・・・

見ず知らずのアジア人青年、フィレンツェで 今回のストーリーの舞台は芸術の都、イタリアのフィレンツェで …

少年は腕がないと言う理由で親に捨てられた!しかし4年後、奇跡の人物と出会って運命が変わった・・・

この笑顔がかわいい男の子は「キリル君」。 ご覧の通り右手がありません。 こんなに素敵な笑顔ですが、彼 …

PREV : 道路にペタンと張り付いている子鹿を発見!動かないからケガしてしまったのかと思いきや・・・
野良猫の世話を17年続けた元海兵の男性に市が強制退去を命じた!ピンチに陥った男性の運命は…? : NEXT