Lenon


Lenonをフォローしよう!


交通事故に見舞われた男性の余命はあと5分!彼の最期の望みに涙が止まらない・・・


突然の別れ

人の人生の長さはバラバラです。

生まれてから100年という長い月日を生きる人、

はたまた生まれて間もなくに人生を終えてしまう人。

神様によってそれぞれに与えられた人生ですが、その終幕は時として突然訪れる場合があります。

ある日の深夜3時頃、高速道路で起きた交通事故。

yomei1

事故の通報を受け、現場に到着した救急隊員は思わず言葉を失いました。

そこにいたのは、事故の被害を受けた男性。

状況は凄まじいものでした。

yomei2

車体に挟まれ、下半身が切断された状態の男性。

しかし信じられないことに彼の意識はまだありました。

下半身が切断された状態にありながら、車体に挟まれた部分が圧迫されていたため、

出血が少なかったのです。

それでも状況は最悪。

男性が助かる状態ではないことを救急隊員は分かっていました。

意識がある被害者の男性は救急隊員に聞きました。

「僕、あとどのくらいもちますか?」

その言葉に救急隊員は、「あと…5分くらいです。」と正直に伝えたそうです。

そして救急隊員は彼に最期の望みはないかと尋ねたのです。

男性の最期の望みは、次のページにてご紹介致します。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ぼくがいるよ」日本語大賞を受賞した小学4年生が病気で味覚を失った母へ書いた作文に涙が止まらない…!

朝起きると台所からお味噌汁の匂い・・・。 帰宅時には窓から甘辛い匂い・・・。 お母さんの料理、みなさ …

ビートたけしは母親の葬式で号泣した→芸人として売れた途端お金を催促し続けた因業ババァの、亡くなる直前に知った母の愛に感動…!

ビートたけしの母 明石家さんまさん、タモリさんと共にお笑い界のビッグ3と言われ、映画監督としても「世 …

重い食物アレルギーに悩む少年の母親は幼稚園の先生から送られたメールの内容に涙が止まらなかった…!

食物アレルギー 5歳のカイデン君は、FPIESと呼ばれる重い乳児消化管食物アレルギーを患っていました …

最悪なサービスのレストランで夫婦がこんな行動をとる!テーブルの上のレシートに店員は言葉が出ない・・・

アメリカのアイオワ州に暮らしているマッケンジーさんとスティーブンさんのシュルツご夫妻は、 ある晩レス …

自然が創り出したガラスの海岸が美しすぎる!宝石箱のように光り輝く幻想的な世界をご覧ください・・・

日本で最も有名な浜辺といえばどこを思い出しますか? 一番はコバルトブルーの海が魅力的な沖縄県ではない …

PREV : 道路にペタンと張り付いている子鹿を発見!動かないからケガしてしまったのかと思いきや・・・
野良猫の世話を17年続けた元海兵の男性に市が強制退去を命じた!ピンチに陥った男性の運命は…? : NEXT