Lenon


Lenonをフォローしよう!


見ず知らずの女性に臓器提供した男性→2年後に待ち受けていた驚きの運命とは!?


臓器提供者(ドナー)を必要とする女性

zouki1

アメリカのイリノイ州に住む女性、ヘザー・クルーガーさんは重い病に侵されていました。

病名は自己免疫性肝炎といい、体内に入った異物を排除する免疫機能の異常により、

肝臓内の正常な細胞や組織を攻撃してしまう病気です。

彼女の病状は深刻で、治療法は肝臓移植しかありませんでした。

しかし、脳死判定を受けたドナーを待つほどの猶予はない状況だったのです。

彼女が助かる道はひとつ。

たとえ家族や身内であっても適合することが難しいとされる、適合ドナーとの生体肝移植しかありませんでした。

ただ残念なことに名乗り出たヘザーさんの家族、

従兄弟までもが不適合で適合するドナーは見つからなかったのです。

町役場で働く男性

zouki2

同じくイリノイ州に住むクリス・デンプシーさんは、

ヘザーさんの住む町から12キロ離れた役場に勤務する男性で、たまたまヘザーさんの情報を耳にしました。

正義感が強く、心の優しいクリスさんは居ても立ってもいられず、

ヘザーさんに連絡をしてドナー適合検査を受けることを申し出たのです。

生体肝移植はドナーのリスクが高く、同じ臓器提供でも生体腎移植に比べると死亡率はおよそ5倍ともいわれ、

またドナーの25%が術後に合併症を起こしているというデータもありました。

それらを理解したうえで、クリスさんは名乗りを上げたのでした。

これが運命の出会いとも知らずに…。

この後、2人が起こす奇跡を次のページにてご紹介致します。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

体育館に呼び出された学校の用務員さん→そこで見た光景に涙が溢れた・・・

バットンさんは、アメリカのある小学校で用務員をしています。 とても働き者です。 彼は仕事に誇りを持っ …

高校生になってから非行に走るようになった娘!その理由に父親は涙が止まらなかった・・・

男性は娘さんが5歳の時、病気で妻を亡くしました。 男手一つで育て上げた娘さんは、父親の愛情を一身に受 …

聴覚障害の女性の「初めての音」は「世界で最高の言葉」・・・感動の物語!

普段、我々が当然のように聞いている「音」という情報。 人の言葉、街の喧騒、小鳥のさえずりなど。 それ …

まるでアイスクリームのようにもこもこと咲くチューリップの花びらがとても魅力的・・・

春の花の代名詞とも言われるチューリップ。 みなさんも近場の花壇などで見たことはありますよね? チュー …

「どうも、クロネコヤマトです」「私は佐川急便です」宅配業者が紡ぐ『平和だな〜』と感じる面白エピソード10選!

宅配業者と関わるのは受け取る間のほんの数秒か数分間です。 そんな短い時間でも、多くの人が業者さんの面 …

PREV : 満面の笑みを浮かべているのに…大きな病気と闘いながらもみんなに笑顔を振りまく柴犬に心揺さぶられる…!
女性は目の前にホームレスの男性を見かけたが気にせず車を走らせようとした→しかしボール紙に書かれた言葉を見て急ブレーキを踏まずにはいられなかった…! : NEXT