Lenon


Lenonをフォローしよう!


見ず知らずの女性に臓器提供した男性→2年後に待ち受けていた驚きの運命とは!?


臓器提供者(ドナー)を必要とする女性

zouki1

アメリカのイリノイ州に住む女性、ヘザー・クルーガーさんは重い病に侵されていました。

病名は自己免疫性肝炎といい、体内に入った異物を排除する免疫機能の異常により、

肝臓内の正常な細胞や組織を攻撃してしまう病気です。

彼女の病状は深刻で、治療法は肝臓移植しかありませんでした。

しかし、脳死判定を受けたドナーを待つほどの猶予はない状況だったのです。

彼女が助かる道はひとつ。

たとえ家族や身内であっても適合することが難しいとされる、適合ドナーとの生体肝移植しかありませんでした。

ただ残念なことに名乗り出たヘザーさんの家族、

従兄弟までもが不適合で適合するドナーは見つからなかったのです。

町役場で働く男性

zouki2

同じくイリノイ州に住むクリス・デンプシーさんは、

ヘザーさんの住む町から12キロ離れた役場に勤務する男性で、たまたまヘザーさんの情報を耳にしました。

正義感が強く、心の優しいクリスさんは居ても立ってもいられず、

ヘザーさんに連絡をしてドナー適合検査を受けることを申し出たのです。

生体肝移植はドナーのリスクが高く、同じ臓器提供でも生体腎移植に比べると死亡率はおよそ5倍ともいわれ、

またドナーの25%が術後に合併症を起こしているというデータもありました。

それらを理解したうえで、クリスさんは名乗りを上げたのでした。

これが運命の出会いとも知らずに…。

この後、2人が起こす奇跡を次のページにてご紹介致します。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

kanin

あれからもう10年…元相方の命日に改めて『ありがとう』と伝えるカンニング竹山のツイートが泣ける!

お笑い芸人のカンニング竹山さん。 怒るキャラクターでバラエティー番組やドラマなどで活躍しています。 …

huusen

涙が止まらない..!7歳で亡くなってしまった男の子→お葬式中に飾りの風船が動き出す…向かった先とは?

トレビーくんのお葬式 フィリピンで7歳で亡くなってしまった男の子、トレビーくんの葬儀中の出来事です。 …

ring

3年前に結婚指輪を失くし、見つからぬまま妻は天国へと旅立った→その後意外すぎる妻からのプレゼントが舞い降りた…!

畑で指輪を… 今回のエピソードのテーマは結婚指輪です。 ドイツ在住の82歳になる男性。 彼は3年前に …

jose

殉職した警察官の同僚は、全員その人の娘の叔父さんとなった!学校へとエスコートする様子に胸が熱くなる・・・

ニュースで、アメリカで殉職した警官の話をよく耳にします。 銃社会を取り締まるアメリカの警察官の仕事は …

tengoku

77年の結婚生活を終えた老夫婦!97歳の妻は100歳の夫に手を握られ、天国へ・・・

『幸せな時も、困難な時も、富める時も、貧しき時も、病める時も、健やかなる時も、死が二人を分かつまで愛 …

egao
PREV : 満面の笑みを浮かべているのに…大きな病気と闘いながらもみんなに笑顔を振りまく柴犬に心揺さぶられる…!
wiru
女性は目の前にホームレスの男性を見かけたが気にせず車を走らせようとした→しかしボール紙に書かれた言葉を見て急ブレーキを踏まずにはいられなかった…! : NEXT