Lenon


Lenonをフォローしよう!


見ず知らずの女性に臓器提供した男性→2年後に待ち受けていた驚きの運命とは!?


臓器提供者(ドナー)を必要とする女性

zouki1

アメリカのイリノイ州に住む女性、ヘザー・クルーガーさんは重い病に侵されていました。

病名は自己免疫性肝炎といい、体内に入った異物を排除する免疫機能の異常により、

肝臓内の正常な細胞や組織を攻撃してしまう病気です。

彼女の病状は深刻で、治療法は肝臓移植しかありませんでした。

しかし、脳死判定を受けたドナーを待つほどの猶予はない状況だったのです。

彼女が助かる道はひとつ。

たとえ家族や身内であっても適合することが難しいとされる、適合ドナーとの生体肝移植しかありませんでした。

ただ残念なことに名乗り出たヘザーさんの家族、

従兄弟までもが不適合で適合するドナーは見つからなかったのです。

町役場で働く男性

zouki2

同じくイリノイ州に住むクリス・デンプシーさんは、

ヘザーさんの住む町から12キロ離れた役場に勤務する男性で、たまたまヘザーさんの情報を耳にしました。

正義感が強く、心の優しいクリスさんは居ても立ってもいられず、

ヘザーさんに連絡をしてドナー適合検査を受けることを申し出たのです。

生体肝移植はドナーのリスクが高く、同じ臓器提供でも生体腎移植に比べると死亡率はおよそ5倍ともいわれ、

またドナーの25%が術後に合併症を起こしているというデータもありました。

それらを理解したうえで、クリスさんは名乗りを上げたのでした。

これが運命の出会いとも知らずに…。

この後、2人が起こす奇跡を次のページにてご紹介致します。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

レストランで小児麻痺の息子からちょっと目を離したら、いつの間にか息子にウェイトレスが…!

アメリカのシンシナティに住むヘザー・スティージャーさんは、3兄弟のお母さんです。 サッカーを習ってい …

天皇陛下のお人柄が伝わる情景→お召し列車にご乗車されている素敵な写真をご覧ください・・・

みなさんは『お召し列車』をご存知ですか? 天皇皇后両陛下が乗車される特別な列車です。 この特別な列車 …

片足を失って義足の少女が登校した時の周りの子供たちの反応に心温まる・・・

今まで一緒に勉強していた同級生、 また職場の同僚が病気や事故で身体の一部を失った時、あなたならどのよ …

寡黙な夫と小学生の娘が入浴している様子をこっそり覗いた時に夫がしていた事に思わず固まった…!

寡黙な夫 今回ご紹介するのは、とあるご家庭の旦那さんのお話です。 小学1年生の娘さんと、小学5年生の …

夫に数時間だけ子供を預けて外出した妻→帰宅後に夫から届いた手紙を見て心が温まる・・・

「仕事は何?」と聞かれて「専業主婦で子育てをしています」と答えると、 鼻であしらうような態度を取られ …

PREV : 満面の笑みを浮かべているのに…大きな病気と闘いながらもみんなに笑顔を振りまく柴犬に心揺さぶられる…!
女性は目の前にホームレスの男性を見かけたが気にせず車を走らせようとした→しかしボール紙に書かれた言葉を見て急ブレーキを踏まずにはいられなかった…! : NEXT