Lenon


Lenonをフォローしよう!


見ず知らずの女性に臓器提供した男性→2年後に待ち受けていた驚きの運命とは!?


臓器提供者(ドナー)を必要とする女性

zouki1

アメリカのイリノイ州に住む女性、ヘザー・クルーガーさんは重い病に侵されていました。

病名は自己免疫性肝炎といい、体内に入った異物を排除する免疫機能の異常により、

肝臓内の正常な細胞や組織を攻撃してしまう病気です。

彼女の病状は深刻で、治療法は肝臓移植しかありませんでした。

しかし、脳死判定を受けたドナーを待つほどの猶予はない状況だったのです。

彼女が助かる道はひとつ。

たとえ家族や身内であっても適合することが難しいとされる、適合ドナーとの生体肝移植しかありませんでした。

ただ残念なことに名乗り出たヘザーさんの家族、

従兄弟までもが不適合で適合するドナーは見つからなかったのです。

町役場で働く男性

zouki2

同じくイリノイ州に住むクリス・デンプシーさんは、

ヘザーさんの住む町から12キロ離れた役場に勤務する男性で、たまたまヘザーさんの情報を耳にしました。

正義感が強く、心の優しいクリスさんは居ても立ってもいられず、

ヘザーさんに連絡をしてドナー適合検査を受けることを申し出たのです。

生体肝移植はドナーのリスクが高く、同じ臓器提供でも生体腎移植に比べると死亡率はおよそ5倍ともいわれ、

またドナーの25%が術後に合併症を起こしているというデータもありました。

それらを理解したうえで、クリスさんは名乗りを上げたのでした。

これが運命の出会いとも知らずに…。

この後、2人が起こす奇跡を次のページにてご紹介致します。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

jal

心温まるJAL機長突然の着陸アナウンスに、乗客からは拍手と感動の嵐…!

初めて飛行機に乗った時、離陸する時のアナウンスにドキドキして、窓をじっと見つめた事がありませんか。 …

rake1

出産間際の17歳の母親は自分が死ぬと分かっていた!そして小さな命を誕生させた結果・・・

17歳というと青春真っ只中です。 多感な年頃でそれぞれ悩みもあるでしょうが、 世の中には面白いことが …

nora

この4歳の女の子はこの日が誕生日!そのことを見知らぬおじいさんに伝えようと声をかけた結果・・・

アメリカのジョージア州に住んでいるノーラちゃん。 4歳になる彼女がスーパーマーケットで見つけた、素敵 …

resiito

お父さんありがとう→時代を超えた昭和63年のレシート!プレゼントに心打たれる・・・

ある男性が、父親からお下がりで貰ったズボンのポケットから、昭和63年のレシートを見つけました。 その …

mane

大会前に天国へと旅立った女子マネージャーの思いを胸に!残された仲間たちが強い気持ちで最後の夏、甲子園を目指した結果・・・

全国の高校球児の夢の舞台、夏の甲子園。 毎年目が離せない「熱いドラマ」が繰り広げられますね。 そんな …

egao
PREV : 満面の笑みを浮かべているのに…大きな病気と闘いながらもみんなに笑顔を振りまく柴犬に心揺さぶられる…!
wiru
女性は目の前にホームレスの男性を見かけたが気にせず車を走らせようとした→しかしボール紙に書かれた言葉を見て急ブレーキを踏まずにはいられなかった…! : NEXT