Lenon


Lenonをフォローしよう!


見ず知らずの女性に臓器提供した男性→2年後に待ち受けていた驚きの運命とは!?


臓器提供者(ドナー)を必要とする女性

zouki1

アメリカのイリノイ州に住む女性、ヘザー・クルーガーさんは重い病に侵されていました。

病名は自己免疫性肝炎といい、体内に入った異物を排除する免疫機能の異常により、

肝臓内の正常な細胞や組織を攻撃してしまう病気です。

彼女の病状は深刻で、治療法は肝臓移植しかありませんでした。

しかし、脳死判定を受けたドナーを待つほどの猶予はない状況だったのです。

彼女が助かる道はひとつ。

たとえ家族や身内であっても適合することが難しいとされる、適合ドナーとの生体肝移植しかありませんでした。

ただ残念なことに名乗り出たヘザーさんの家族、

従兄弟までもが不適合で適合するドナーは見つからなかったのです。

町役場で働く男性

zouki2

同じくイリノイ州に住むクリス・デンプシーさんは、

ヘザーさんの住む町から12キロ離れた役場に勤務する男性で、たまたまヘザーさんの情報を耳にしました。

正義感が強く、心の優しいクリスさんは居ても立ってもいられず、

ヘザーさんに連絡をしてドナー適合検査を受けることを申し出たのです。

生体肝移植はドナーのリスクが高く、同じ臓器提供でも生体腎移植に比べると死亡率はおよそ5倍ともいわれ、

またドナーの25%が術後に合併症を起こしているというデータもありました。

それらを理解したうえで、クリスさんは名乗りを上げたのでした。

これが運命の出会いとも知らずに…。

この後、2人が起こす奇跡を次のページにてご紹介致します。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「今はいいです」父親が産まれたばかりの我が子を抱くことを拒んだ理由に涙が止まらない…!

出産は時として、母子ともに危険な場合があります。 その時父親はただ、分娩室の外で待つだけです。 「い …

オバマ元大統領のお茶目な人柄を振り返れる写真8選!本当にお疲れ様でした・・・

「Yes , we can」の名言を掲げ、2009年1月20日に44代大統領に就任した「バラク・オバ …

自殺を考えるほど苦しむ相方に温かい思いやりを示したサンドウィッチマン伊達の言葉が男らしいと話題に!

テレビなどで活躍している人たちは苦労もせずにその地位を手に入れたように見え、 彼らの背後にある苦労と …

「進行方向左側をご覧ください」突然車掌さんがこのようにアナウンスしたのでその通りにしてみた結果…!

日々通勤や通学で利用している電車ですが、楽しい気持ちで乗っているわけではないと思います。 特に月曜日 …

成田で国王崩御の報せ、でも喪章が無い!相手がタイ人とわかった時の日本人店員の対応にタイの国中が感激・・・

国王崩御の報せ 2016年10月13日に発表された、タイ国王のラーマ9世の崩御。 国民からの深い敬愛 …

PREV : 満面の笑みを浮かべているのに…大きな病気と闘いながらもみんなに笑顔を振りまく柴犬に心揺さぶられる…!
女性は目の前にホームレスの男性を見かけたが気にせず車を走らせようとした→しかしボール紙に書かれた言葉を見て急ブレーキを踏まずにはいられなかった…! : NEXT