Lenon


Lenonをフォローしよう!


瓦礫の中の1枚の写真と携帯が奇跡を呼んだ!生きていて欲しいと願い続けて・・・


川谷清一さんはあの3.11東日本大震災の1ヶ月後、

当時大阪で高校の事務長をしていた職場に休暇願を出し、宮城県南三陸町に出向きました。

写真などを拾い集めてきれいに洗うボランティアをするためでした。

カメラの趣味を持っていた川谷さんは何か自分の出来ることを思い、

写真関係のボランティアに登録していたのでした。

現地で目にしたのは、あまりにも無残な三陸の町でした。

無数の家屋や車、船、それらが一瞬にして瓦礫と化して惨憺たる姿をさらしていました。

今までテレビの画面でしか見ていなかったあの光景が、目の前に広がっていたのです。

川谷さんはそんな瓦礫の山から、持ち主が特定できそうな写真などの思い出の品々を集めていきました。

そこで一枚の写真と携帯電話を見つけました。

sinsai

この1枚の写真と携帯から始まる奇跡のエピソードを、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

イオンにある「親子に優しいイス」が画期的すぎてひっくり返りそうになった!

最近はちょっと大きなスーパーマーケットに行くと、大抵キッズコーナーがありますね。 小さな子どもを連れ …

「宇宙一愛してる」市川海老蔵が小林麻央の残した手紙を発見し思わず号泣・・・

小林麻央からの手紙 6月22日、小林麻央さんが34歳という若さでこの世を去りました。 歌舞伎俳優であ …

赤ちゃんの初めての注射をそばで見守るパパの行動が笑えるけどほっこり…!

赤ちゃんが初めて注射を受けます!その時、そばで見守っていたパパの行動が笑えるけどほっこりします・・・(笑)

耳の聞こえないおばあちゃんと生後9ヶ月の孫が声を出さずに会話する様子に感動…!

コミュニケーションを取るためには、会話が必要不可欠です。 自分の思っていることは、声に出さないと伝わ …

交通事故に見舞われた男性の余命はあと5分!彼の最期の望みに涙が止まらない・・・

突然の別れ 人の人生の長さはバラバラです。 生まれてから100年という長い月日を生きる人、 はたまた …

PREV : 全身をハチに刺された犬が膝の上に頭を乗せた瞬間、彼女はこの犬が必要とするものが何か悟った…!
火災現場から子猫の声!カメラマンが子猫を助けるために火の中に飛び込んだ結果・・・ : NEXT