Lenon


Lenonをフォローしよう!


死が目の前に迫っていた20歳の女性は、9月のクリスマスを夫と過ごしたかった!しかし数時間前、悲しい運命を知ることになる・・・


これは若い二人のとっても甘く、とっても切ないラブストーリーです。

2009年、ダルトンさんとケイティさんはFacebookを通じて知り合いました。

意気投合した二人は初めて出会ってから数年後、結婚しました。

これ以上時間を無駄にするのが惜しいかのように、20歳という若さでの結婚でした。

しかし、そんな二人の結婚生活は順風満帆といえるものではありませんでした。

甘くて切ない結婚生活

結婚後の生活はこの上なく幸せなものでしたが、二人はともに難病と闘っていたのです。

ケイティさんとダルトンさんは、嚢胞性繊維症(のうほうせいせんいしょう)という病気を患っていました。

これは、とりわけ肺の機能に支障をきたす遺伝性の病気です。

そんな二人でしたが、同じ病気と闘っていることがより2人を親密にさせていました。

しかしたった一つだけ、二人の間には大きな壁があったのです。

それは、お互いの家族の介護なしでは暮らせないという事です。

そのため一緒に暮らすことが出来ず、別々の州で離れて暮らしていました。

唯一相手を感じられるのが、ビデオチャットでコミュニケーションをとっている間でした。

それでも、離れて暮らすのはとても辛いことでした。

肺の移植

病気を治すために、二人とも肺の移植を必要としていました。

そして、移植受給者リストに名前を載せていましたが、ケイティさんは驚くべき行動をとりました。

愛するダルトンさんが自分よりも容体が悪いと知って、

移植リストの上位に名前があがるように自分の名前を移植リストから消したのです。

keithi1

ケイティさんの思いは実を結び、ダルトンさんが2014年に移植手術を受けることが出来ました。

そしてケイティさん自身も2015年に手術を受けました。

しかしそんな二人に再び魔の手が襲いかかろうとするのです。

続きが気になる方は是非次のページをご覧ください!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

小さな頃に両親が離婚し、兄も亡くした武井壮が綴った家族への想いに涙が溢れる…!

進学や就職などで親元を離れ、一人暮らしをしている人がいますよね。 慣れない一人暮らしに焦っていたりつ …

マックでの休憩から戻ってきたら停めていた原付に見知らぬコンビニの袋がぶら下がっていて・・・

太陽がまばゆい季節になると、どこか遠くへ行って見たいと旅情に誘われるものです。 日常の喧騒から離れて …

3年前に結婚指輪を失くし、見つからぬまま妻は天国へと旅立った→その後意外すぎる妻からのプレゼントが舞い降りた…!

畑で指輪を… 今回のエピソードのテーマは結婚指輪です。 ドイツ在住の82歳になる男性。 彼は3年前に …

「どうも、クロネコヤマトです」「私は佐川急便です」宅配業者が紡ぐ『平和だな〜』と感じる面白エピソード10選!

宅配業者と関わるのは受け取る間のほんの数秒か数分間です。 そんな短い時間でも、多くの人が業者さんの面 …

最悪なサービスのレストランで夫婦がこんな行動をとる!テーブルの上のレシートに店員は言葉が出ない・・・

アメリカのアイオワ州に暮らしているマッケンジーさんとスティーブンさんのシュルツご夫妻は、 ある晩レス …

PREV : 足から血を流しながらも満員電車の中で耐える盲導犬!彼らを見かけたら”コレ”をしてあげましょう・・・
赤ちゃんカメレオン誕生!生まれたばかりで『初めて色を変える』貴重な瞬間をご覧ください・・・ : NEXT