Lenon


Lenonをフォローしよう!


死が目の前に迫っていた20歳の女性は、9月のクリスマスを夫と過ごしたかった!しかし数時間前、悲しい運命を知ることになる・・・


これは若い二人のとっても甘く、とっても切ないラブストーリーです。

2009年、ダルトンさんとケイティさんはFacebookを通じて知り合いました。

意気投合した二人は初めて出会ってから数年後、結婚しました。

これ以上時間を無駄にするのが惜しいかのように、20歳という若さでの結婚でした。

しかし、そんな二人の結婚生活は順風満帆といえるものではありませんでした。

甘くて切ない結婚生活

結婚後の生活はこの上なく幸せなものでしたが、二人はともに難病と闘っていたのです。

ケイティさんとダルトンさんは、嚢胞性繊維症(のうほうせいせんいしょう)という病気を患っていました。

これは、とりわけ肺の機能に支障をきたす遺伝性の病気です。

そんな二人でしたが、同じ病気と闘っていることがより2人を親密にさせていました。

しかしたった一つだけ、二人の間には大きな壁があったのです。

それは、お互いの家族の介護なしでは暮らせないという事です。

そのため一緒に暮らすことが出来ず、別々の州で離れて暮らしていました。

唯一相手を感じられるのが、ビデオチャットでコミュニケーションをとっている間でした。

それでも、離れて暮らすのはとても辛いことでした。

肺の移植

病気を治すために、二人とも肺の移植を必要としていました。

そして、移植受給者リストに名前を載せていましたが、ケイティさんは驚くべき行動をとりました。

愛するダルトンさんが自分よりも容体が悪いと知って、

移植リストの上位に名前があがるように自分の名前を移植リストから消したのです。

keithi1

ケイティさんの思いは実を結び、ダルトンさんが2014年に移植手術を受けることが出来ました。

そしてケイティさん自身も2015年に手術を受けました。

しかしそんな二人に再び魔の手が襲いかかろうとするのです。

続きが気になる方は是非次のページをご覧ください!

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

親子で楽しめる川根温泉の魅力→SLやトーマス号を見ながらの入浴は最高!

小さなお子さんがいるご家庭では、なかなか温泉は行きにくいですよね。 「泣いたらどうしよう」 「走り回 …

知らない人が車椅子の女性に渡した一輪のバラ→指差す目線の先には夫の想いがつまっていた!涙が止まらない・・・

愛する人に直接気持ちを伝えるというのは、日本人にとっては難しいことですよね。 特に夫婦間であるといい …

レストランで小児麻痺の息子からちょっと目を離したら、いつの間にか息子にウェイトレスが…!

アメリカのシンシナティに住むヘザー・スティージャーさんは、3兄弟のお母さんです。 サッカーを習ってい …

天女の羽衣の様に神秘的で美しい『彩雲』を名古屋で観測…!その美しさと意味とは!?

秋は空気も澄みわたり、空が美しい季節です。 雲一つもない夜空に浮かぶ月を眺めるのも良いですが、透き通 …

混雑した電車内で見知らぬ人にメモを渡された23歳の母と3歳の息子→その内容が信じられない…!

ある日イギリスに住む23歳のサマンサ・ウェルチさんは、 3歳になる息子のライアンくんを連れて電車に乗 …

PREV : 足から血を流しながらも満員電車の中で耐える盲導犬!彼らを見かけたら”コレ”をしてあげましょう・・・
赤ちゃんカメレオン誕生!生まれたばかりで『初めて色を変える』貴重な瞬間をご覧ください・・・ : NEXT