Lenon


Lenonをフォローしよう!


大怪我を負って教会のポーチに倒れた子犬の状態は縮み上がるばかりだった・・・


皆さんは犬は好きですか?

猫派の人の中には、猫は好きだけど犬はあまりという人がいるかもしれませんが、

筆者は犬も猫もどちらも好きです。

そんな犬ですが、アメリカのカンザス州で深い傷を負った雑種犬の子犬が発見されました。

その子犬は全身が腫れ上がっていて自力で歩くことができない状態でした。

いったいその子犬はなぜそのような状態になってしまったのでしょうか?

犬との関わり合いについて考えさせられるエピソードです。

こうした悲惨な思いをする犬が一刻も早くいなくなることを願うばかりです。

次のページより詳しく紹介していきますので、是非ご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛猫をいつもと違うペットサロンに連れて行ったらとんでもないことになった…!

ペットにも美容院があります。 しかし犬や猫にとってサロンはストレスになるので、お馴染みのお店に行かれ …

「何かお困りかな〜?」”まゆげ猫のサム”の面白チャーミングなお顔の数々をご覧ください!

「どうしていつも困ってるの~」とつい声をかけたくなる困り顔のサムくん。 アメリカ、ニューヨークに住む …

人間臭いポーズで世界中から愛された猫!銅像になって、なおも人々を笑顔にし続ける・・・

今回ご紹介するのはある1匹の猫のお話です。 その猫はとってものんびりしており、おおらかで、 まるで人 …

飼い主が亡くなった事を知らず、8か月も病院の前で待ち続ける犬は里親の元に連れて行かれても・・・

いつも傍にいた世界で一番大切な人が、突然目の前から姿を消しました。 それはどういう意味なのか、理解で …

ずっと一緒だった愛犬の突然の死→犬小屋の中で見つかった紙キレに涙した飼い主は、同じ過ちを他の人が起こさないように行動を起こす…!

めぐみさんには、『ソラ』という嬉しい時も悲しい時も常にそばにいた愛犬がいました。 めぐみさんが地元か …

PREV : 40歳オーバーでの妊娠は3つ子と宣告された!でもなんで赤ちゃんが4人いるの・・・?
認知症の母親を殺害した息子!しかしそこには裁判官も涙したつらい真実が隠されていた・・・ : NEXT