前足がないハンデなんてへっちゃら!元気に走り回る生まれつき前足がない猫に心揺さぶられる・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


前足がないハンデなんてへっちゃら!元気に走り回る生まれつき前足がない猫に心揺さぶられる・・・


前足の無い猫

ruu

この子は「ルー」という名前の女の子です。

アメリカのルイジアナ州で元気に暮らしています。

前足が無いのは先天性、つまり生まれつきのものでした。

一見とても可愛そうに見えますが、足が無いことをルーは気にしていないようです。

家の中を元気に走り回り、おもちゃで遊び、ジャンプもします。

この子にとって、前足が無いことはハンディではないようです。

ハンディ?

ruu1

どうですか?

見事なジャンプですね。

前足の踏切がない分高さはありませんが、距離としては普通の猫となんら違和感がありません。

それも自然なジャンプです。

ruu2

箱に入って猫じゃらしで遊んでいます。

この子は前足がない分、後ろ足が他の猫より強くバランスも良く取れていますね。

普通に生活

ruu3

水も何の苦も無く普通に飲んでいますね。

トイレの時は猫砂で隠すことが出来ないそうですが、 とても元気に生活しています。

生き生きしていてこちらまで元気になりますね。

ruu4

最後に何か言っています。

「何か問題あるの?」

そういっている気がします。

元気なルー!

それでは、元気いっぱいなルーの姿をご覧下さい。

どこまでも元気な姿に、頑張ろうという気持ちが湧いてくるのではないでしょうか?

ネットの反応

この動画にはたくさんのコメントが寄せられていました。

・この猫が喋れたらこれがハンディなの?といいそう

・純粋な心を持っているから前向きになれる。人間もそこを見習って欲しい・

・このこは普通の猫ちゃんです

・ハンディと思っているのは人間だけ

・実にたくましい

みなさん、前足の無いルーの姿に勇気を貰ったようですね。

ハンディとは一体何でしょう?

人間が決めつけているだけなのかもしれません。

出典:YouTube

【関連記事】

両脚が麻痺して動かせない猫『レキシー』→ハンデを抱えながら、誰よりもたくましく幸せに生きる姿に心打たれる…!

他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…!

母親と離れ離れになり、独りぼっちになってしまった子猫→保護された家にいたのは母性に溢れた先住猫だった…!

子猫を救うために担架として使ったのは粗大ゴミの引き出し!男性の強い思いに心揺さぶられる・・・

望まぬ形であろう最期を迎えようとしていた猫→ペット用品店で暮らし始め、幸せで掴んで最期を見事に免れる!

 



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ありえないような人為的ミスが原因で異様な姿をしたヤギが保護された!

この子ヤギは「ローソン」という名前です。 異様な頭をしていますが、この子はその他に先天性の障害を持っ …

人間を怖がり、倉庫の中で一人ぼっちで暮らしていた子猫が心優しい夫婦の愛に触れて・・・

どこから迷い込んだのか。 辺りには母猫も兄弟猫も見当たらず、たった一匹倉庫で暮らす子猫。 まだ外の世 …

このポニーは見捨てられ、生きているのに体に蛆が侵食していた→救出後の姿は素晴らしくイキイキしている!

皆さんはポニーは好きですか? ポニーは馬の中でも小柄で可愛らしい馬ですから、好きな方も大勢いることで …

戻ることはない飼い主を待ち続けた犬が保護された後に公開された手紙に綴られた想いとは!?

凍えるような冬の日のことです。 アメリカはカリフォルニア州の砂漠に、首輪をしていない1匹の犬が佇んで …

「ジャガイモになって」と言われたセイウチの斜め上な行動にビックリ!

「ジャガイモになって」と言われたセイウチ!この無茶振りに対するセイウチの、斜め上な行動をご覧ください(笑)詳細はこちら・・・

PREV : 結婚式当日、メッセージをくれたのは2ヶ月前に天国へと旅立った母親!その内容に涙が止まらない・・・
ロッテのデスパイネが粋なプレゼントをした相手は退職する球場の警備員!ヒーローの心遣いに涙・・・ : NEXT