Lenon


Lenonをフォローしよう!


前足がないハンデなんてへっちゃら!元気に走り回る生まれつき前足がない猫に心揺さぶられる・・・


前足の無い猫

ruu

この子は「ルー」という名前の女の子です。

アメリカのルイジアナ州で元気に暮らしています。

前足が無いのは先天性、つまり生まれつきのものでした。

一見とても可愛そうに見えますが、足が無いことをルーは気にしていないようです。

家の中を元気に走り回り、おもちゃで遊び、ジャンプもします。

この子にとって、前足が無いことはハンディではないようです。

ハンディ?

ruu1

どうですか?

見事なジャンプですね。

前足の踏切がない分高さはありませんが、距離としては普通の猫となんら違和感がありません。

それも自然なジャンプです。

ruu2

箱に入って猫じゃらしで遊んでいます。

この子は前足がない分、後ろ足が他の猫より強くバランスも良く取れていますね。

普通に生活

ruu3

水も何の苦も無く普通に飲んでいますね。

トイレの時は猫砂で隠すことが出来ないそうですが、 とても元気に生活しています。

生き生きしていてこちらまで元気になりますね。

ruu4

最後に何か言っています。

「何か問題あるの?」

そういっている気がします。

元気なルー!

それでは、元気いっぱいなルーの姿をご覧下さい。

どこまでも元気な姿に、頑張ろうという気持ちが湧いてくるのではないでしょうか?

ネットの反応

この動画にはたくさんのコメントが寄せられていました。

・この猫が喋れたらこれがハンディなの?といいそう

・純粋な心を持っているから前向きになれる。人間もそこを見習って欲しい・

・このこは普通の猫ちゃんです

・ハンディと思っているのは人間だけ

・実にたくましい

みなさん、前足の無いルーの姿に勇気を貰ったようですね。

ハンディとは一体何でしょう?

人間が決めつけているだけなのかもしれません。

出典:YouTube

【関連記事】

両脚が麻痺して動かせない猫『レキシー』→ハンデを抱えながら、誰よりもたくましく幸せに生きる姿に心打たれる…!

他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…!

母親と離れ離れになり、独りぼっちになってしまった子猫→保護された家にいたのは母性に溢れた先住猫だった…!

子猫を救うために担架として使ったのは粗大ゴミの引き出し!男性の強い思いに心揺さぶられる・・・

望まぬ形であろう最期を迎えようとしていた猫→ペット用品店で暮らし始め、幸せで掴んで最期を見事に免れる!

 



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々!

ちょっと目を離した隙に思いもよらぬ行動をとってしまうという経験を、 犬や猫などのペットを飼っている人 …

洪水が発生した地域で置き去りにされた飼い犬たちの画像から飼い主への批判殺到!

大洪水 今回ご紹介するのは、洪水が起こった地域の動物達についてのお話です。 まずはこちらの写真をご覧 …

トラックの窓から犬を放り投げた男をこの女性は絶対に許さない!激怒してこんな行動をとった・・・

ディオン・コールさんが職場へ向かう途中、トラックを運転していた男が窓から犬を放り投げたのを目撃! デ …

朝、地下鉄が運転見合わせに…でも乗客はみんな笑顔!その理由は乗っていた野良犬にあった・・・

ある月曜日の朝のこと。 朝の通勤ラッシュで人が溢れるモスクワの地下鉄で、運転を一時見合わせるという事 …

お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!

お互いに支え合いながら、集団社会をたった2匹で生き抜いているウサギたち!その美しい姿に胸が熱くなること間違いなし・・・

PREV : 結婚式当日、メッセージをくれたのは2ヶ月前に天国へと旅立った母親!その内容に涙が止まらない・・・
ロッテのデスパイネが粋なプレゼントをした相手は退職する球場の警備員!ヒーローの心遣いに涙・・・ : NEXT