他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…!


奇跡の子猫『ナノ』

nano3

この子猫は施設のスタッフに『ナノ』と名付けられました。

ナノとは小人を意味するギリシャ語が言源になっている言葉です。

この子猫がどれほど小さいか、この付けられた名前だけでもスタッフの気持ちが伝わってきます。

保護された時のナノは、全身がノミだらけでかなり無気力で脱水状態だったそうです。

ナノを診察した獣医さんによれば、「生きていたのが奇跡だ」と言われるほど衰弱していました。

スタッフの温かい手

nano4

ナノは病院で治療を終え、施設に帰ってきました。

スタッフは弱ったナノに元気になってもらおうと、24間看護を続けました。

nano5

充分にミルクが飲めるように他の兄弟に少し遠慮してもらい、ナノだけの授乳時間を作ります。

するとみるみる元気になっていきました。

3日後のナノ

nano6

上の画像はナノが施設に来たばかりのものです。

明らかに大きさがちがいますね。

下の画像が3日目のナノです。

nano7

こんなに大きくなりました。

目の輝きも以前と比べると見違えるようにキラキラしています。

生きる気力に満ちあふれていますね。

ナノの成長記録

小さかったナノが、元気になっていく様子に勇気をもらいました。

あのまま古い小屋にいたら、汚れた板の下で亡くなっていた可能性が高かったでしょう。

よく保護されるまで生き抜いてくれました。

施設で優しいスタッフのみなさんと、元気な兄弟に囲まれて大きく成長して欲しいものです。

出典:Facebook

【関連記事】

真っ暗でひどい嵐だった日に路上で出会った子猫!びしょ濡れだったので家に連れて帰った結果・・・

金属の根元の泥の中で弱って動けなくなった子猫!たくさんの人の力で救い上げた結果・・・

ガソリンスタンドで、病気のために生死を彷徨っていた子猫を発見!周りの優しさと自らの生命力で奇跡の扉を開く・・・

高速道路でか弱く鳴いていた子猫を保護→日に日に元気になっていく姿に感動…!

保護された子猫はずっと虫しか食べてきていなかった→初めて食べたご飯の味に大喜び!

 



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「さよならお母さん…ボクはお利口じゃなかったの?」保健所で犬が年間31万匹も殺処分される理由と最期の想いとは?

年間31万匹 保健所で殺処分されている動物の数は、年間31万匹にものぼります。 これは1日に約800 …

猫も興味津々!?尾道市立美術館の『猫まみれ展』が楽しそうだと話題に!

尾道市立美術館で3月18日(土)から5月7日(日)まで開催されている、 『猫まみれ展』が話題になって …

「ご主人様の指捕まえたニャ!」飼い主さんとの意思疎通を図る天使のような子猫がたまらない・・・

飼い主との意思疎通を、小さいながらも一生懸命している子猫ちゃんにキュン! 今にも、飼い主さんに飛びつ …

足が3本しかない猫!しかし、誰よりも強靭なハートを持っています・・・

3本足の猫 あるカップルがアメリカのラスベガス郊外にある「レッドロックキャニオン国立保護区」を訪れ、 …

すっかり夢心地で眠る赤ちゃんを見ていた子犬のとった行動が世界中の心臓を鷲掴み!

赤ちゃんが寝ているのを静かに見ていた子犬。 見ているうちに自分もだんだん眠くなってしまいます。 うと …

PREV : ルールを守らず、「年寄り扱いするな」と怒るおばあさんにバス運転手が言い放ったド正論な一言!
瀕死の状態で搬送された女性の写真を投稿したのはその女性自身だった→急性アルコール中毒の恐ろしさが伝わってほしい・・・ : NEXT