Lenon


Lenonをフォローしよう!


他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…!


猫は平均2~5匹、多い場合でも8匹の子どもを産みます。

その母猫が人間の監視下で出産をしたのなら、生まれた子猫は殆ど助かるでしょう。

しかし野良猫の場合はちがいます。

弱く生まれてしまうと、生き残れない確率が高いのです。

母猫の母乳を飲む力が弱いと成長も遅くなり、順調に育っていく兄弟に押されて母乳を飲めない場合もあります。

そうなると自然淘汰の厳しい世界では、その小さな命は消えてしまうでしょう。

そこで人の助けが入るまで必死で生き抜いた、小さな子猫のお話をご紹介します。

小さな子猫

nano1

カナダのフォート・ラングレーという町で、母猫と5匹の子猫が古い小屋で発見、保護されました。

5匹の子猫の中で1匹は大変身体が小さく、他の兄弟の半分ぐらいしかない小さな子猫でした。

nano2

この親子は地元にある『TinyKittens』という保護施設に保護されます。

子猫たちは大体5週齢目に入って体重が約650グラムでしたが、この小さい子猫は150グラムしかありませんでした。

この兄弟にくらべて半分の大きさにしか育たなかったこの子猫は、その後どうなったのでしょう。

結末は次のページにてご確認ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

車にはねられて大怪我を負った犬のそばに救助隊が駆けつけるまで寄り添い続けた優しい少年に胸が熱くなる…!

動物にとって人間の世界は生き難いのかもしれません。 外を歩けば体の何百倍もある鉄の塊が右へ左へと行き …

あぁ〜、スッキリした!ニッコリな柴犬さんのビフォーアフターをご覧ください…!

柴犬の“りえちゃん”が、ある日、トリマーさんにシャンプーをしてもらったところ…。 トリマーさんから飼 …

子犬を生む”道具”として数年間、地下室で暮らすことを強制されたトイプードルのお話に目を背けないで!

「パピーミル」という言葉をご存知でしょうか。 パピーミルとは「子犬生産工場」として、営利目的で子犬を …

「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!

チェスター アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal …

かわいらしいウサギのドアストッパーは「手間がかかるうえに、お土産が必要」 …ということは!?

ドアストッパー使ってる? 玄関掃除の際や空気の入れ替えなど、ドアを開けたままにしたい時に使用するドア …

PREV : ルールを守らず、「年寄り扱いするな」と怒るおばあさんにバス運転手が言い放ったド正論な一言!
多くの人が間違えている!?エスカレーターの正しい乗り方をあなたは知っていますか? : NEXT