Lenon


Lenonをフォローしよう!


交通事故の時のパニックから飼い主と離れ離れになった犬→再会を果たして嬉しそうな姿に涙が溢れる…!


形は違えど各国にある動物保護団体。

時間帯や場所を問わずに、真摯に動物と向き合う姿はどの国であっても胸が熱くなりますね。

今回ご紹介するのは、ロサンゼルスを拠点にしている『Hope for Paws』という保護団体。

日夜、捨て犬や野良犬の保護活動を行っている団体です。

ある日、この団体の元に一本の通報が入りました。

犬が一匹、車の下で身体を震わせ出てこないとの事。

彼らは急いで現場へ急行しました。

実はその犬には、ある悲しい背景のせいでそのような状態になっていることがのちに明らかになります。

感動の結末は、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ちょっとだけで良いから頂戴ワン!」ペットボトルの水に夢中なビーグル犬が笑える(笑)

「ちょっとだけで良いから頂戴ワン!」ペットボトルの水が欲しくて夢中になっているワンちゃんの必死な姿が笑える(笑)

子犬に遊び方をレクチャーするダルメシアンのパパとママ!微笑ましいけど自分たちの方がハシャいでない?(笑)

子供たちに遊び方をレクチャーするダルメシアンのパパとママ!微笑ましい関係ですが、見た所自分たちの方がハシャいでる?(笑)

ネグレクトで心も体も傷つき、電話ボックスに閉じ込められてもこの犬は生きることを諦めなかった・・・

南ロンドンに住むエマ・センプルさんと言う女性は、小さな動物保護団体を運営していました。 そんな彼女の …

初夏のある日、猫がベランダから戻らない!心配で様子を見に行くと・・・!?

Twitterユーザーのポン助さん(@kowpon)の愛猫、コブンちゃんの様子が投稿されました。 コ …

ガラス工房で敷かれた布団に入り、毛布(?)をかけて寝るワンちゃんが可愛いと話題に!

あるガラス工房で敷かれた布団んで横になり、毛布のようなものまでかけて人間のように寝るワンちゃんが可愛いと話題に!

PREV : 自転車を購入したらテレビの箱が届いた!その理由は目からウロコなアイディアによるものだった・・・
大根おろしで作られたアート作品のクオリティが凄まじすぎてとても箸をつけられない…! : NEXT