Lenon


Lenonをフォローしよう!


傷ついた我が子を守るため、人間が保護しようとするとパニックになった母ロバ→野生の中の親子愛に心揺さぶられる…!


インドのとある町で、子供のロバが重傷を負っていました。

どうやら何かの動物に噛まれたのか出血がひどく、傷が深い事が見てとれました。

母ロバと思しきロバは、子ロバをどうすることもできず寄り添うばかりでした。

roba1

そのロバの親子に気づいた人々はターメリックを振りかけ、止血を試みました。

インドではターメリックで出血を止めるという民間療法があるそうですが、傷が深すぎ全く止血できません。

その親子はどうなってしまうのでしょうか?

母ロバの愛情に私たちも学ぶことができるかもしれません!

気になる方は是非次のページををご覧ください!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

大嫌いな病院から帰って絶賛ブチギレ中の愛猫に『ある言葉』をかけた結果…(笑)

大嫌いな病院から帰ってきたあるTwitterユーザーの愛猫は絶賛ブチギレ中!そんな猫に『ある言葉』をかけた結果…(笑)

100時間にも及ぶ救出活動の末に排水溝に落ちた子猫の尊い命が救われた…!

子猫は体も小さく柔らかいため、 人間では考えられないような場所にはまり込んだり落ちたりします。 自宅 …

長楽寺の住職は毎日朝ごはんを猫たちの三身即一のフォーメーションによってチェックされております(笑)

キリスト教では『三位一体』という教えがあります。 神父さんが唱える「父と子と精霊の名によって」という …

シェルターの外に捨てられていた三本足の猫!ビクビクと怯え、8人がかりでやっと保護した結果・・・

シェルターの外で外に捨てられていた足が3本しかない猫!人間にビクビクと怯えており、8人がかりでようやく保護した結果・・・

「不気味」だと忌み嫌われ、引き取り手と巡り会えずにいた猫!本当の美しさを知る人と出会った結果・・・

生まれつき小脳性発育不全で歩こうとすると体がぐらぐらと揺れ、 上手く歩けないハーマンという猫がいます …

PREV : 多くの日本人が忘れかけていることを教えてくれる激怒、納得、そして感動のエピソード8選!
イラスト料の無理な値切りを迫る客に「自分で描いた方が良い」と言った結果、あまりにも理不尽な答えが…! : NEXT