Lenon


Lenonをフォローしよう!


生まれつき体に異常があった子犬を安楽死させたいと申し出た飼い主→これに対する獣医師の答えは・・・


目の前にいる小さな命、その子犬は先天異常を持って生まれてきました。

「この子は長く生きられない」と言われてしまった時、あなたならどうしますか?

このお話に登場する飼い主さんのように、辛い思いをさせるのなら情が移らないうちに、

安楽死を選ぶのも1つの考え方かもしれません。

そしてその時、飼い主さんに“安楽死”をお願いされた獣医さんは、どのような行動に出たのか?

命を見限られた子犬に、担当獣医師が取った感動のお話をご紹介します。

小さなチョコラブ

senten1

ラブラドールレトリーバーの赤ちゃんが生まれました。

帝王切開でこの世に誕生した8匹の小さな命です。

しかし、その中のチョコ色をした一頭に先天異常が見つかりました。

それは、口蓋裂(上あごに亀裂が入った整形の異常)という障害です。

飼い主さんはその子に「ブロンソン」という名前をつけ、出産に立ち会った獣医さんに相談をしました。

長くは生きられない

senten2

「治療を受けても、生き延びる可能性は低いですよ」

飼い主さんは、獣医師にそう告げられました。

きっと飼い主さんは辛い治療を受けさせても生きられないのなら、

苦しまないですむ安楽死を考えたのだと思います。

そして、ブロンソンを安楽死させる意思を獣医師に伝えました。

さて、ブロンソンはどうなったのでしょう。

獣医師は快く飼い主の選択に同意したのでしょうか?

ブロンソンの命の結末は次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

柴犬と一緒にいれば人生が5倍は楽しくなることを痛感させられるおもしろ画像集12選!

かわいい柴犬に癒される人生 動物を飼うことはあなたの人生を豊かにしてくれるというような言葉をよく聞き …

工場の機械で子猫が大ケガに見舞われた!みんなで必死に看病した結果・・・

ある日、工場でフォークリフトに挟まれて大けがをしている子猫が発見されました。 工員たちは大急ぎで動物 …

冷たい雨に打たれ、凍って動けなくなった子猫を保護し、20分温め続けた結果…!

その日は冷たい雨が降り続いていました。 ある夫婦が家にいた時のことです。 家の外で子猫が叫んでいるよ …

飼い主と犬が保護施設で奇跡的に再会!しかし、犬はただ残酷な現実を思い知るのみだった・・・

アメリカにある動物ケアセンターで、この悲しい出来事は起きてしまいました。 アメリカのカリフォルニア州 …

茂みの中に黒くて丸いものを発見!近づいてみると正体はまさかの・・・

ある日、女性が茂みの中に黒くて丸いものを発見!最初は鳥かと思いましたが、近づいてみるとその正体はまさかの・・・

PREV : 高価な胆汁のために熊は生きたままお腹に穴を開けられた!保護団体の懸命な看病の末に・・・
2日間も2万匹のミツバチが車を覆っていたら、あなたならどうする?なぜ覆っていたのか、その理由に驚愕! : NEXT