Lenon


Lenonをフォローしよう!


生まれつき体に異常があった子犬を安楽死させたいと申し出た飼い主→これに対する獣医師の答えは・・・


目の前にいる小さな命、その子犬は先天異常を持って生まれてきました。

「この子は長く生きられない」と言われてしまった時、あなたならどうしますか?

このお話に登場する飼い主さんのように、辛い思いをさせるのなら情が移らないうちに、

安楽死を選ぶのも1つの考え方かもしれません。

そしてその時、飼い主さんに“安楽死”をお願いされた獣医さんは、どのような行動に出たのか?

命を見限られた子犬に、担当獣医師が取った感動のお話をご紹介します。

小さなチョコラブ

senten1

ラブラドールレトリーバーの赤ちゃんが生まれました。

帝王切開でこの世に誕生した8匹の小さな命です。

しかし、その中のチョコ色をした一頭に先天異常が見つかりました。

それは、口蓋裂(上あごに亀裂が入った整形の異常)という障害です。

飼い主さんはその子に「ブロンソン」という名前をつけ、出産に立ち会った獣医さんに相談をしました。

長くは生きられない

senten2

「治療を受けても、生き延びる可能性は低いですよ」

飼い主さんは、獣医師にそう告げられました。

きっと飼い主さんは辛い治療を受けさせても生きられないのなら、

苦しまないですむ安楽死を考えたのだと思います。

そして、ブロンソンを安楽死させる意思を獣医師に伝えました。

さて、ブロンソンはどうなったのでしょう。

獣医師は快く飼い主の選択に同意したのでしょうか?

ブロンソンの命の結末は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

一目見ただけでは何の生物か分からなかったものの正体は、飼育放棄されてゴミとして捨てられていた2匹の犬だった…!

ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州にあるカンプリントフォルトという街である男性が散歩していた …

飼い猫との悲しい別れを経験した家族が訪れたシェルターで代わりの猫を見つけた時、感動の涙を流した…!

動物を飼っていれば、必ず別れが待っていますよね。 それは時として突然やってきます。 そんな悲しみに大 …

子猫を拾ったがすでに3匹飼っていたので、一晩限定で保護→翌朝、お別れの前に愛犬に挨拶をさせると…!

アメリカのロサンゼルスでシャラ・プラットさんが車で仕事から帰る途中、歩道で一組の親子が小さな子猫を心 …

家族みんなが大爆笑!側転を披露する女の子を見てピットブル犬がとったリアクションとは?イメージが覆る・・・

ピットブルとは…? こちらはドック・シェルターから引き取られてきた生後1歳半のピットブル犬で、 名前 …

廃品置き場に住んでいる仲間たちのために毎日7キロ往復して食べ物を届ける野良犬!

廃品置き場のルーシア ブラジルの南部にある街「サン・カルロス」。 この街のはずれには廃品置き場があり …

PREV : 高価な胆汁のために熊は生きたままお腹に穴を開けられた!保護団体の懸命な看病の末に・・・
2日間も2万匹のミツバチが車を覆っていたら、あなたならどうする?なぜ覆っていたのか、その理由に驚愕! : NEXT