Lenon


Lenonをフォローしよう!


生まれつき体に異常があった子犬を安楽死させたいと申し出た飼い主→これに対する獣医師の答えは・・・


目の前にいる小さな命、その子犬は先天異常を持って生まれてきました。

「この子は長く生きられない」と言われてしまった時、あなたならどうしますか?

このお話に登場する飼い主さんのように、辛い思いをさせるのなら情が移らないうちに、

安楽死を選ぶのも1つの考え方かもしれません。

そしてその時、飼い主さんに“安楽死”をお願いされた獣医さんは、どのような行動に出たのか?

命を見限られた子犬に、担当獣医師が取った感動のお話をご紹介します。

小さなチョコラブ

senten1

ラブラドールレトリーバーの赤ちゃんが生まれました。

帝王切開でこの世に誕生した8匹の小さな命です。

しかし、その中のチョコ色をした一頭に先天異常が見つかりました。

それは、口蓋裂(上あごに亀裂が入った整形の異常)という障害です。

飼い主さんはその子に「ブロンソン」という名前をつけ、出産に立ち会った獣医さんに相談をしました。

長くは生きられない

senten2

「治療を受けても、生き延びる可能性は低いですよ」

飼い主さんは、獣医師にそう告げられました。

きっと飼い主さんは辛い治療を受けさせても生きられないのなら、

苦しまないですむ安楽死を考えたのだと思います。

そして、ブロンソンを安楽死させる意思を獣医師に伝えました。

さて、ブロンソンはどうなったのでしょう。

獣医師は快く飼い主の選択に同意したのでしょうか?

ブロンソンの命の結末は次のページにてご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

奇跡の生還!山火事に巻き込まれ、全身に大火傷を負ってしまった猫は人々の希望となった・・・

山火事の炎に襲われた命… 昨年2015年9月に発生したカルフォルニア州での山火事。 日本でも大きく報 …

象とダチョウ→同じ施設で出会って互いに寄り添い合うかけがえのない親友同士に…!

ケニアで井戸に転落し、 群れとはぐれた生後1か月の象が野生動物の保護施設『DSWT』によって保護され …

砂漠を歩く立派なたてがみのライオン!?→あ、たてがみ着けた猫ちゃんだ!

鳥取砂丘に突然現れた立派なたてがみを生やしたライオン(?) 凛々しく佇む姿が格好いいですね。 しかし …

通りかかった女性の賢明な判断によって命を救われた子猫の成長記録に胸を打たれる…!

とある女性が通勤途中、道端で1匹の子猫を見つけました。 近づいてよく見ると、子猫の身体には無数のハエ …

虐待されて死ぬ寸前だった2頭のライオン!彼らを回復させた力はお互いへの愛情だった・・・

カーンとシェイラ 動物の虐待は後を絶ちません。 犬や猫だけではなく、猛獣と言われるライオンたちも悲惨 …

PREV : ノッポさんから大人になったあの頃のみんなへメッセージ!「覚えていますか?」
2日間も2万匹のミツバチが車を覆っていたら、あなたならどうする?なぜ覆っていたのか、その理由に驚愕! : NEXT