Lenon


Lenonをフォローしよう!


生まれつき体に異常があった子犬を安楽死させたいと申し出た飼い主→これに対する獣医師の答えは・・・


目の前にいる小さな命、その子犬は先天異常を持って生まれてきました。

「この子は長く生きられない」と言われてしまった時、あなたならどうしますか?

このお話に登場する飼い主さんのように、辛い思いをさせるのなら情が移らないうちに、

安楽死を選ぶのも1つの考え方かもしれません。

そしてその時、飼い主さんに“安楽死”をお願いされた獣医さんは、どのような行動に出たのか?

命を見限られた子犬に、担当獣医師が取った感動のお話をご紹介します。

小さなチョコラブ

senten1

ラブラドールレトリーバーの赤ちゃんが生まれました。

帝王切開でこの世に誕生した8匹の小さな命です。

しかし、その中のチョコ色をした一頭に先天異常が見つかりました。

それは、口蓋裂(上あごに亀裂が入った整形の異常)という障害です。

飼い主さんはその子に「ブロンソン」という名前をつけ、出産に立ち会った獣医さんに相談をしました。

長くは生きられない

senten2

「治療を受けても、生き延びる可能性は低いですよ」

飼い主さんは、獣医師にそう告げられました。

きっと飼い主さんは辛い治療を受けさせても生きられないのなら、

苦しまないですむ安楽死を考えたのだと思います。

そして、ブロンソンを安楽死させる意思を獣医師に伝えました。

さて、ブロンソンはどうなったのでしょう。

獣医師は快く飼い主の選択に同意したのでしょうか?

ブロンソンの命の結末は次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

oyabun

何このコント!?戸棚を開けるのに苦戦する猫→そこへ、貫禄たっぷり親分が登場した結果…!

今、空前のブームを巻き起こしているネコちゃん達。 その愛くるしい表情や行動に夢中になっている方も多い …

seito

パンダの赤ちゃんのお披露目→23頭勢揃いでスタッフはてんやわんやの大騒ぎ!(笑)

まるでぬいぐるみ! ご覧ください。 これは9月29日に中国は四川省の「成都パンダ繁殖育成研究基地 」 …

hogoken

保護施設から引き取った犬が、7歳の娘の近くで突然狂ったように暴れ始めた!保護犬の勇敢さと子供との絆に心震える・・・

捨て犬ハウスとの出会い アメリカ、フロリダ州にモリー・デルーカちゃん一家が住んでいます。 モリーちゃ …

buz

目が見えない犬とその犬を支える親友の犬の物語に胸が熱くなる・・・

1年半程前に、 イングランド北部のダラムの動物保護施設に海底トンネル内をさまよっていた2匹の犬が保護 …

sanretu

飼い主の結婚式に参列した犬は、式が終わった途端に歩かなくなった→事情を知った時、招待客全員の涙が止まらなかった…!

アメリカのコロラド州で獣医を務めているケリー・オコーネルさんは、 人生で最も幸せな一日とも言える自身 …

noppo
PREV : ノッポさんから大人になったあの頃のみんなへメッセージ!「覚えていますか?」
mitubati
2日間も2万匹のミツバチが車を覆っていたら、あなたならどうする?なぜ覆っていたのか、その理由に驚愕! : NEXT