Lenon


Lenonをフォローしよう!


高価な胆汁のために熊は生きたままお腹に穴を開けられた!保護団体の懸命な看病の末に・・・


熊の胆汁

漢方薬として名高い「熊胆」。

その名の通り、熊の胆汁です。

日本では消化器官全般に効く貴重な材料として親しまれています。

より大量の熊胆を入手して金稼ぎするため、中国で信じられない虐待事件が起きました。

とある農場で飼育されていた一匹の熊『シーザー』は、小さい時から長い間狭い檻の中に幽閉されていました。

tanjuu

そして生きたままお腹に穴を開けられ、麻酔もせずに直接胆汁を抜いてきたのです。

しかも開けた穴はそのまま放置されてしまっていました。

これはどういうことかというと、

シーザーから胆汁をいつでもに抜き取られるようにするために放置していたのです。

穴が開いたお腹によって想像しがたいほどの痛みに苛まれ、 死ぬまでずっと行われるそうです。

そんな時、『アニマルズ・アジア』と呼ばれる保護団体がシーザーを地獄から解放しました。

果たしてシーザーの運命はどうなったのでしょうか?

詳しくは知りたい方、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 和くん より:

    地球上で一番愚かな生き物こそ我々人間です。私利私欲の為に手段を択ばない残忍さ、お金の為なら何でもやる知恵を持っていてもそれが智慧になっていない愚かさ。いつになったら人間は自分の愚かさに気づくのでしょうか。そして自分で自分の首を絞めて行くのでしょうね。

  2. 美幸 より:

    同感です。
    そして、自分も愚かです。

  関連記事

必死の訴え…!眉間にしわを寄せて何を言ってるのかにゃ?

とあるお家に一匹の猫がやってきました。 場所を変えながら一生懸命何かを必死に訴えているその顔は、緊急 …

ウチの愛犬が最もリラックスできる場所だけは絶対にバラしちゃダメな秘密だ・・・

愛犬の落ち着く場所 今回ご紹介するのは、可愛らしいペットが見つけた一番落ち着ける場所についてのお話で …

「母猫にも目を向けて欲しい」ある動物保護施設からの切実な訴えに耳を傾けて!

ミモザちゃん 猫の保護施設「Cat Adoption and Rescue Efforts」は、アメ …

犬の背丈ほど雪が降り積もり、動けなくなってしまった犬を助けたのは・・・!

動物たちが自分の仲間を助ける姿は、時に私たちに感動を与えます。 草食動物の子どもが肉食動物に狙われた …

母の愛はヘビをも食らう!?子ネズミをくわえたヘビから、母ネズミ決死の救出劇…!

ヘビに我が子を目の前でさらわれた母ネズミ 親から子どもへの虐待など、悲しいニュースを耳にすることが多 …

PREV : 今日もひたすら「帰りたい」、そんな人こそ見て欲しい!「全日本もう帰りたい協会」のツイートが心に活力をくれる?
ノッポさんから大人になったあの頃のみんなへメッセージ!「覚えていますか?」 : NEXT