Lenon


Lenonをフォローしよう!


高価な胆汁のために熊は生きたままお腹に穴を開けられた!保護団体の懸命な看病の末に・・・


熊の胆汁

漢方薬として名高い「熊胆」。

その名の通り、熊の胆汁です。

日本では消化器官全般に効く貴重な材料として親しまれています。

より大量の熊胆を入手して金稼ぎするため、中国で信じられない虐待事件が起きました。

とある農場で飼育されていた一匹の熊『シーザー』は、小さい時から長い間狭い檻の中に幽閉されていました。

tanjuu

そして生きたままお腹に穴を開けられ、麻酔もせずに直接胆汁を抜いてきたのです。

しかも開けた穴はそのまま放置されてしまっていました。

これはどういうことかというと、

シーザーから胆汁をいつでもに抜き取られるようにするために放置していたのです。

穴が開いたお腹によって想像しがたいほどの痛みに苛まれ、 死ぬまでずっと行われるそうです。

そんな時、『アニマルズ・アジア』と呼ばれる保護団体がシーザーを地獄から解放しました。

果たしてシーザーの運命はどうなったのでしょうか?

詳しくは知りたい方、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 和くん より:

    地球上で一番愚かな生き物こそ我々人間です。私利私欲の為に手段を択ばない残忍さ、お金の為なら何でもやる知恵を持っていてもそれが智慧になっていない愚かさ。いつになったら人間は自分の愚かさに気づくのでしょうか。そして自分で自分の首を絞めて行くのでしょうね。

  2. 美幸 より:

    同感です。
    そして、自分も愚かです。

  関連記事

飼い主がもう助からないだろうと諦めた中、溶岩流から2匹の小さな犬が危機一髪の所で助かる!

キラウェア火山が大噴火を起こしたハワイでの出来事!飼い主がもう助からないだろうと諦めていた中、溶岩流から小さな子犬が危機一髪の所で助かる・・・

捕獲機に捕まった母親のいない子猫に対する職員の一言を聞いて女性が決心した事とは?

捕獲機に捕まったのは、母親のいない子猫!そんな子猫に対する職員の無情な一言を聞いて、ある女性げ決心した事とは・・・?

ボロボロの状態だった野良猫が保護してたった1日で美しく生まれ変わり、幸せを手にする!

フリスビー 野良猫の「フリスビー」は発見された当時、 身体中がかなり汚れている上に全身の毛がボサボサ …

ガン治療を拒否してワンちゃんとの旅を選択した90歳のおばあちゃんの生き様!

90歳のおばあちゃん お医者さんからガンであることを告げられた時、90歳のノーマさんははっきりと言い …

シェルターに馴染めず、一時的に預けられた犬が安心を感じてとった行動に涙・・・

シェルターでの生活に馴染めず、一時的に引き取られることになったワンちゃん!安心感を得てとった行動に涙が止まらない・・・

PREV : 今日もひたすら「帰りたい」、そんな人こそ見て欲しい!「全日本もう帰りたい協会」のツイートが心に活力をくれる?
生まれつき体に異常があった子犬を安楽死させたいと申し出た飼い主→これに対する獣医師の答えは・・・ : NEXT