Lenon


Lenonをフォローしよう!


高価な胆汁のために熊は生きたままお腹に穴を開けられた!保護団体の懸命な看病の末に・・・


熊の胆汁

漢方薬として名高い「熊胆」。

その名の通り、熊の胆汁です。

日本では消化器官全般に効く貴重な材料として親しまれています。

より大量の熊胆を入手して金稼ぎするため、中国で信じられない虐待事件が起きました。

とある農場で飼育されていた一匹の熊『シーザー』は、小さい時から長い間狭い檻の中に幽閉されていました。

tanjuu

そして生きたままお腹に穴を開けられ、麻酔もせずに直接胆汁を抜いてきたのです。

しかも開けた穴はそのまま放置されてしまっていました。

これはどういうことかというと、

シーザーから胆汁をいつでもに抜き取られるようにするために放置していたのです。

穴が開いたお腹によって想像しがたいほどの痛みに苛まれ、 死ぬまでずっと行われるそうです。

そんな時、『アニマルズ・アジア』と呼ばれる保護団体がシーザーを地獄から解放しました。

果たしてシーザーの運命はどうなったのでしょうか?

詳しくは知りたい方、次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 和くん より:

    地球上で一番愚かな生き物こそ我々人間です。私利私欲の為に手段を択ばない残忍さ、お金の為なら何でもやる知恵を持っていてもそれが智慧になっていない愚かさ。いつになったら人間は自分の愚かさに気づくのでしょうか。そして自分で自分の首を絞めて行くのでしょうね。

  関連記事

リオ五輪の本番3日前に愛馬の顔が腫れ上がってしまった→当日、観客とカメラが見守る中で馬主が下した決断に数百万人が涙した…!

アデリンデ・コーネリッセン選手(36歳)はオランダ人で馬場馬術という競技の選手です。 ヨーロッパ選手 …

いたずらが見つかって現行犯で取り押さえられた猫→無実を主張する表情が凄い!(笑)

ペットと生活をしていると、ペットのいたずらに手を焼く時があります。 お気に入りのぬいぐるみを噛みちぎ …

両目を失い飼い主にも捨てられ、路上をさ迷っていた犬がある女性にもたらしたものとは?

私たちが両目を失い、路上をさまよう日々を送るとすれば、生きる希望を見出すのは難しいでしょう。 今回は …

愛猫が逃げた街で猫の殺害事件が発生!その時、心配した飼い主がとった対策とは?

脱走後に猫の殺害事件 ピーナッツといういたずら好きな猫が家から脱走しました。 飼い主さんの名前はケイ …

オナガフクロウの魚雷のように飛んでいる様子を捉えた画像が話題に!※合成ではありません

最近は写真技術の進歩によって修正、合成をほどこした写真と本物の写真の区別がつかなくなってきました。 …

PREV : 今日もひたすら「帰りたい」、そんな人こそ見て欲しい!「全日本もう帰りたい協会」のツイートが心に活力をくれる?
ノッポさんから大人になったあの頃のみんなへメッセージ!「覚えていますか?」 : NEXT