Lenon


Lenonをフォローしよう!


飼い主の結婚式に参列した犬は、式が終わった途端に歩かなくなった→事情を知った時、招待客全員の涙が止まらなかった…!


アメリカのコロラド州で獣医を務めているケリー・オコーネルさんは、

人生で最も幸せな一日とも言える自身の結婚式を迎えようとしていました。

しかし、ケリーさんはその日の最後に悲しい涙を流しました。

その場にいた人々もそんなケリーさんの姿を見て、涙をこらえきれずにに切ない顔をしました。

彼女にとってこの結婚式は二度と迎える事が出来ない一番大切な日です。

そこには彼女と愛犬の、15年間の愛情も詰まっていたのです。

飼い主の幸せを最後まで見届けたかった愛犬のチャーリーは、最期まで幸せそうな表情をしていました。

詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

tyuusai

人間の兄弟喧嘩を懸命に仲裁するワンちゃんが微笑ましい・・・

幼い時の兄弟喧嘩はごく普通のことです。 まして男の兄弟の場合は、 喧嘩も殴り合いや蹴り合いなどかなり …

tyuusya

騙されて注射に連れてこられたワンちゃんの想いを代弁した動画が思わず笑えちゃう!

皆さんは注射は嫌いですか? 一瞬だし、なんともないという方も多いと思いますが、自分の体に針を刺される …

sensou

思い出してください!戦争が起こると人間のみならず、動物にも犠牲が出るのです・・・

今回は、戦争によって深く傷ついた犬の悲しいお話をご紹介いたします。 マーリーと名付けられた犬は、紛争 …

belal

子鹿を助けるため、自分の身長より深い上に氾濫した川に飛び込んだ少年!救出劇の結末は…?

困っている人を助けるのには、勇気がいります。 助けたくても勇気がないせいで行動に移せず、自己嫌悪に陥 …

buz

目が見えない犬とその犬を支える親友の犬の物語に胸が熱くなる・・・

1年半程前に、 イングランド北部のダラムの動物保護施設に海底トンネル内をさまよっていた2匹の犬が保護 …

naomi
PREV : 川島なお美さんが亡くなってから1年→一周忌に公開された直筆の遺言の内容とは・・・?
gurasan
クラス全員がサングラスで合唱祭に参加!決して目立ちたかったわけではなく、ある女子生徒を思った感動の計らいだった・・・ : NEXT