Lenon


Lenonをフォローしよう!


フクロウと犬!いつも一緒にいる1匹と1羽を収めたストーリー性あふれる幻想的なショットが感動的・・・


共存

最近は違う種族の動物同士が仲良くしている写真が多いですよね。

インコと猫のショットなどは、獲物とハンターの関係にも関わらず仲睦まじく写っているものが多いです。

ですが、すべての動物に対して仲良くできるわけではないと思います。

その中でも今、ドイツの動物写真家であるターニャ・ブラントさんが撮影した写真が、

世界で話題になっているそうです。

被写体は1匹の犬と1羽のフクロウ。

犬と鳥はもともと生活環境が違うため、双方の習性から考えて共存は困難だと言われています。

ですがターニャさんが撮影したこの1匹と1羽は、

種族の壁など全く感じさせないような仲の良さを見せてくれています。

そんなフクロウと犬のストーリー性あふれる幻想的なショットを、次のページでご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

新しい家族に出迎えられた子ハスキー犬!嬉しさでいっぱいのキュートな表情にほっこり・・・

可愛い表情がたまらない! こちらの子ハスキー犬、名前はグミくん。 なんとも可愛らしい! ハスキー犬と …

まん丸アライグマが飼い主さんに呼ばれてやって来たけど…何じゃこりゃ!?(笑)

見た目は愛らしいアライグマですが、その性格はなかなか狂暴でペットとするには難しいそうです。 今回は、 …

子猫を拾ったがすでに3匹飼っていたので、一晩限定で保護→翌朝、お別れの前に愛犬に挨拶をさせると…!

アメリカのロサンゼルスでシャラ・プラットさんが車で仕事から帰る途中、歩道で一組の親子が小さな子猫を心 …

犬は5時間以上ぶら下がったまま→男性がその犬を発見した時、あまりの状況にゾッとした…!

アメリカの動物愛護団体「SNARR」は、エジプトで活動をしている団体です。 そんな動物愛護団体はある …

地獄のような状況から救い出されたピットブルに待っていた大切な役目とは?

ピットブルが置かれていた環境はまさに地獄とも言うべき状況!そんな場所から救われた彼女に待っていた大切な役目がこちら・・・

PREV : 両脚が麻痺して動かせない猫『レキシー』→ハンデを抱えながら、誰よりもたくましく幸せに生きる姿に心打たれる…!
飼い主の結婚式に参列した犬は、式が終わった途端に歩かなくなった→事情を知った時、招待客全員の涙が止まらなかった…! : NEXT