Lenon


Lenonをフォローしよう!


野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・


1969年のロンドンで、とある百貨店にライオンが売られていました。

客を呼び込むため「動物売り場」が作られ、その売り場の小さな檻にまだ赤ちゃんのライオンがいたのです。

そのライオンを購入したのはオーストラリア人の青年2人でした。

青年たちの名はジョンさんとアンソニーさん。

reo

2人はライオンの赤ちゃんを見かけ、かわいそうに思えたのです。

彼らはアンティーク家具屋のアルバイトでしたが、そのお店でライオンを飼うことに決めたのでした。

そして1年後、野生に返したそのライオンに会いに行きました。

果たしてライオンは、育てたジョンさんとアンソニーさんのことを覚えていたのでしょうか?

ライオンと青年たちの素敵なお話の続きを、ぜひ次のページからご覧ください!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

キツネと猟犬→本来は敵対するはずの2匹が友情で結ばれた時、社会に向けられた訴えに耳を傾けなければならない…!

みなさんは犬猿の仲という言葉をご存知でしょうか。 相容れない2人の存在を示す言葉ですよね。 この犬猿 …

ケガの影響で線路から動けない友を思いやり、2日間そばから離れなかった犬!美しい友情に胸が熱くなる・・・

今回ご紹介するのは、ケガで線路の上から動けなくなった犬の傍からずっと離れることなく、 2日間にわたり …

9匹のエキセントリックな猫たちがお疲れ気味な人間の心を癒してくれます・・・

会社や学校、お子さんをお持ちの方はPTA懇談会などなど、社会にはストレス要因で満ち溢れています。 疲 …

何このコント!?戸棚を開けるのに苦戦する猫→そこへ、貫禄たっぷり親分が登場した結果…!

今、空前のブームを巻き起こしているネコちゃん達。 その愛くるしい表情や行動に夢中になっている方も多い …

ペットショップが客についた大きな嘘に共感の嵐!この嘘に隠された秘密とは?

ほとんどの人が、一度はペットショップに足を運んだことがあるかと思います。 飼っている動物の餌を購入し …

PREV : 一目惚れをした洋服を買おうか悩んでいた98歳のおばあさん→締めくくりのお茶目な言葉が可愛らしい!
企業とお客様との素晴らしい関係!ツイッターで発見した心温まるちょっと良い話7選・・・ : NEXT