Lenon


Lenonをフォローしよう!


野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・


1969年のロンドンで、とある百貨店にライオンが売られていました。

客を呼び込むため「動物売り場」が作られ、その売り場の小さな檻にまだ赤ちゃんのライオンがいたのです。

そのライオンを購入したのはオーストラリア人の青年2人でした。

青年たちの名はジョンさんとアンソニーさん。

reo

2人はライオンの赤ちゃんを見かけ、かわいそうに思えたのです。

彼らはアンティーク家具屋のアルバイトでしたが、そのお店でライオンを飼うことに決めたのでした。

そして1年後、野生に返したそのライオンに会いに行きました。

果たしてライオンは、育てたジョンさんとアンソニーさんのことを覚えていたのでしょうか?

ライオンと青年たちの素敵なお話の続きを、ぜひ次のページからご覧ください!

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

捕食されているのに生きている奇跡の魚が釣り上げられて話題に!

アメリカはニュージャージー州のラリタン湾で、 エディー・グラントさんは彼の父親、そして友人と一緒に釣 …

一目見ただけでは何の生物か分からなかったものの正体は、飼育放棄されてゴミとして捨てられていた2匹の犬だった…!

ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州にあるカンプリントフォルトという街である男性が散歩していた …

人間を恐れて食事をとれなくなった子猫!保護主さんの深い愛情でその瞳にもう一度希望が宿った・・・

ある日エーゲ海に浮かぶギリシャのサモス島で、「ミラ」という名前の子猫が発見されました。 発見された時 …

ハーバード大学の教授が分析した結果、犬は飼い主の夢を見ることが判明!この事実は飼い主は滂沱の涙・・・

家に戻ると、ぐっすりと眠っている愛犬が見られるのは飼い主さんにとってありふれた光景かもしれませんが、 …

兄猫はちょっぴり甘えるのが苦手→しかし勇気を振り絞って甘えだす…!その時の表情が可愛い・・・

猫は人間同様、個々によって様々な性格をしています。 ひとりが好きな猫も居れば、 いつでも飼い主さんと …

PREV : 一目惚れをした洋服を買おうか悩んでいた98歳のおばあさん→締めくくりのお茶目な言葉が可愛らしい!
企業とお客様との素晴らしい関係!ツイッターで発見した心温まるちょっと良い話7選・・・ : NEXT