Lenon


Lenonをフォローしよう!


野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・


1969年のロンドンで、とある百貨店にライオンが売られていました。

客を呼び込むため「動物売り場」が作られ、その売り場の小さな檻にまだ赤ちゃんのライオンがいたのです。

そのライオンを購入したのはオーストラリア人の青年2人でした。

青年たちの名はジョンさんとアンソニーさん。

reo

2人はライオンの赤ちゃんを見かけ、かわいそうに思えたのです。

彼らはアンティーク家具屋のアルバイトでしたが、そのお店でライオンを飼うことに決めたのでした。

そして1年後、野生に返したそのライオンに会いに行きました。

果たしてライオンは、育てたジョンさんとアンソニーさんのことを覚えていたのでしょうか?

ライオンと青年たちの素敵なお話の続きを、ぜひ次のページからご覧ください!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

縛られたままゴミ箱の中に放置され、死を待つのみという状態だった犬の運命は…?

縛られたままゴミ箱の中に放置され、死を待つのみという状態だった犬!あまりにも悲惨な状況だった犬の運命は…?詳細はこちら・・・

インコが歌う(?)かつてないほどかわい子ぶった笑点のテーマをお聞きください(笑)

インコやオウムを飼う魅力は、人の言葉を喋るからではないでしょうか。 よくテレビなどでオウムが喋るのを …

生まれてからたった1日で捨てられた子猫が女性に拾われて成長すると、愛に溢れる恩返しをし始めた…!

オリー ある日、地元にある食料雑貨店の敷地内で1匹の子猫が発見されました。 しかし、その場の誰もが生 …

女性が優しく撫でようとすると、子犬の悪夢がよみがえってしまった・・・!

動物虐待のニュースには本当に心が痛みます。 心ないブリーダーが、お金儲けでメス犬に仔犬を生ませるだけ …

車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる!

アメリカ出身のナンシー・ジェーンズさんは今から十数年前、 旅行先のルーマニアで1匹の野良犬に出会いま …

PREV : 一目惚れをした洋服を買おうか悩んでいた98歳のおばあさん→締めくくりのお茶目な言葉が可愛らしい!
企業とお客様との素晴らしい関係!ツイッターで発見した心温まるちょっと良い話7選・・・ : NEXT