Lenon


Lenonをフォローしよう!


野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・


1969年のロンドンで、とある百貨店にライオンが売られていました。

客を呼び込むため「動物売り場」が作られ、その売り場の小さな檻にまだ赤ちゃんのライオンがいたのです。

そのライオンを購入したのはオーストラリア人の青年2人でした。

青年たちの名はジョンさんとアンソニーさん。

reo

2人はライオンの赤ちゃんを見かけ、かわいそうに思えたのです。

彼らはアンティーク家具屋のアルバイトでしたが、そのお店でライオンを飼うことに決めたのでした。

そして1年後、野生に返したそのライオンに会いに行きました。

果たしてライオンは、育てたジョンさんとアンソニーさんのことを覚えていたのでしょうか?

ライオンと青年たちの素敵なお話の続きを、ぜひ次のページからご覧ください!



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

怪我を負ったイルカがダイバーの人間に助けを求めた!その後、衝撃の展開に・・・

熟練ダイバーのケラー・ラロスさんは、夜間にダイビングをしていました。 すると目の前に突然イルカが現れ …

体重20キロ超えの抱っこが大好きな赤ちゃんわんこ!しかしその体重ゆえ、抱っこからの卒業を促されると・・・

体重20キロの赤ちゃんわんこ 赤ちゃんと聞くと、「小さくてふにゃふにゃで抱っこ!」という感じのイメー …

片目を失っていた売れ残りの子犬→「連れて帰りたい」と言った子どもの理由に父親は運命を感じた・・・

アメリカ・テキサス州ジョージタウン在住で、6歳と8歳の子どもをもつジョーダン・トレントさん(38歳) …

生まれた時から前足が不自由だった猫!生きるためにとった行動に誰もが驚いた・・・

ピッピン この子の名前は「ピッピン」。 フサフサの毛並み、丸い目をした可愛らしい猫さんです。 しかし …

猫嫌いな男性宅に猫がやってきた結果→口は悪いのに愛情はだだ漏れでツンデレ全開!

サンドイッチがやってきた 画像掲示板『imgur』のユーザー、ブーギーさんの投稿が話題になっているそ …

PREV : 一目惚れをした洋服を買おうか悩んでいた98歳のおばあさん→締めくくりのお茶目な言葉が可愛らしい!
企業とお客様との素晴らしい関係!ツイッターで発見した心温まるちょっと良い話7選・・・ : NEXT