Lenon


Lenonをフォローしよう!


野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・


1969年のロンドンで、とある百貨店にライオンが売られていました。

客を呼び込むため「動物売り場」が作られ、その売り場の小さな檻にまだ赤ちゃんのライオンがいたのです。

そのライオンを購入したのはオーストラリア人の青年2人でした。

青年たちの名はジョンさんとアンソニーさん。

reo

2人はライオンの赤ちゃんを見かけ、かわいそうに思えたのです。

彼らはアンティーク家具屋のアルバイトでしたが、そのお店でライオンを飼うことに決めたのでした。

そして1年後、野生に返したそのライオンに会いに行きました。

果たしてライオンは、育てたジョンさんとアンソニーさんのことを覚えていたのでしょうか?

ライオンと青年たちの素敵なお話の続きを、ぜひ次のページからご覧ください!

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

柴犬と一緒にいれば人生が5倍は楽しくなることを痛感させられるおもしろ画像集12選!

かわいい柴犬に癒される人生 動物を飼うことはあなたの人生を豊かにしてくれるというような言葉をよく聞き …

船長が昼ごはんとして食べる予定だったうどんをひっくり返した結果、懲罰を受けるかわいい乗組員!

どんな人でも一度は罰を受けるものです。 子どもの時に花瓶を落として割ってしまって母親に物凄く怒られた …

製鉄所の片隅で泥にまみれた猫の親子→作業員の素早い判断で親子共々救われる!

酷く汚れた親子 野良猫を見つける時。 それは大体茂みの中やガレージの隅っこなどが多いかと思います。 …

自力で頭を持ち上げることもできないほど心も身体もボロボロだった番犬の運命は…?

これが番犬!? アメリカ テキサス州のとある民家に闘犬賭博容疑で捜索が入った際、 発見されたのは1匹 …

猫の毛から守るために買った衣装ケースのチャックを閉め忘れた結果、やっちまった・・・

猫や犬を飼っている人は、ペットの毛に悩まされることが多いと思います。 お出かけ用の洋服にびっしり猫の …

PREV : 一目惚れをした洋服を買おうか悩んでいた98歳のおばあさん→締めくくりのお茶目な言葉が可愛らしい!
企業とお客様との素晴らしい関係!ツイッターで発見した心温まるちょっと良い話7選・・・ : NEXT