Lenon


Lenonをフォローしよう!


瀕死の状態だったウサギとハト→同じ一人ぼっちという境遇だったからこそ絆が生まれ、奇跡を起こしました…!


生後間もなく孤児となってしまい、瀕死状態にだったウサギの赤ちゃんとハトの赤ちゃん。

しかし、二羽を保護した施設は保育器が一つしかありませんでした。

悩んだあげく、スタッフは二羽とも同じ保育器に入れる事にしました。

心配しながらも一晩を過ごさせました。

次の朝、二羽の世話係をしているスタッフが保育器を覗いてみると、

信じられない光景を目のあたりにしました。

保育器の中でウサギとハトは何をしたのでしょうか。

全く違う種の動物が、絆と奇跡を生んだ心温まるエピソードです。

気になる方は、次のページをご覧ください。

usahato



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

帰宅すると飼い猫がとんでもない場所に「鎮座ましまして」いた!(笑)

猫の好きな食べ物といえば、すぐに連想してしまうのは魚ですよね。 他にもキャットフードという猫専用の食 …

空き缶に頭がすっぽり収まって抜けなくなってしまった子ギツネ→通りかかった男性が助けた結果・・・

空き缶が抜けず、もがく子ギツネ! 落ちていた空き缶に顔を突っ込んでしまった様子の子ギツネ。 そこへあ …

男性に殺されそうになった女性を守るために立ち向かった犬→5度ナイフで刺されるも、奇跡的に命を取り留める…!

アメリカのジョージア州にあるBaldwinという街の中で事件が起きました。 ある男性が女性に暴力を振 …

極限までに水が濁った水槽にタニシを入れた結果、想像以上にすごいことになった!

沼や湖に生息している小さな巻貝、『タニシ』の能力をご存知でしょうか? 今の子供たちは、沼などで遊ぶこ …

心を開くまでに半年を要した茶トラ猫の素顔はとても心優しい猫だった・・・

ある家庭に保護された猫は心を開くまでに半年を要しました…!しかしその素顔はとても心優しい性格だったのです・・・

PREV : パラリンピックのメダルは振ると音が鳴り、各メダルで音色も違うということを知っていましたか?
一目惚れをした洋服を買おうか悩んでいた98歳のおばあさん→締めくくりのお茶目な言葉が可愛らしい! : NEXT