Lenon


Lenonをフォローしよう!


瀕死の状態だったウサギとハト→同じ一人ぼっちという境遇だったからこそ絆が生まれ、奇跡を起こしました…!


生後間もなく孤児となってしまい、瀕死状態にだったウサギの赤ちゃんとハトの赤ちゃん。

しかし、二羽を保護した施設は保育器が一つしかありませんでした。

悩んだあげく、スタッフは二羽とも同じ保育器に入れる事にしました。

心配しながらも一晩を過ごさせました。

次の朝、二羽の世話係をしているスタッフが保育器を覗いてみると、

信じられない光景を目のあたりにしました。

保育器の中でウサギとハトは何をしたのでしょうか。

全く違う種の動物が、絆と奇跡を生んだ心温まるエピソードです。

気になる方は、次のページをご覧ください。

usahato



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

海の上で出会った恐怖に震える犬が経験した悲惨な出来事と出会いの結末とは…?

ある晴れた日、男性はカヤックで海釣りを楽しんでいました。 よく晴れていたこともあって気分良く男性が釣 …

ヘアレスキャットとして販売されているこの猫の真相は許せない!レーザーで無理やり全身の毛を抜く悪徳ブリーダー急増中・・・

突然ですが、スフィンクスという品種の猫をご存知ですか? 全身毛のない猫で「ヘアレスキャット」とも言わ …

路上の片隅でボロボロの状態だった子猫が保護されて驚くほどフワフワな猫に大変身!

ボロボロの子猫 捨て猫の中には、見るも無残な姿で発見される猫も少なくありません。 病気や汚れなどで酷 …

玄関先でナプキンに包まれてガリガリだった子猫と遭遇!しかし数週間後・・・

ある家の玄関先にナプキンで包まれ、ガリガリに痩せこけていた子猫の姿が!驚いた家族のその後の行動と数週間後の姿はこちら・・・

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状 日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税 …

PREV : パラリンピックのメダルは振ると音が鳴り、各メダルで音色も違うということを知っていましたか?
野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・ : NEXT