Lenon


Lenonをフォローしよう!


虐待から逃げ続けた野良犬がたどり着いたのは警察署→そこで彼が得たものとは・・・?


迷い犬?

ある日のこと、プエルトリコのバヤモンという町のある警察署に、

フラフラとした足取りの野良犬が一匹迷い込んできました。

ガリガリにやせ細ったその姿は栄養失調で衰弱しており、またその身体には虐待を受けた痕が残っていたそうです。

その時に居合わせた警察官は当時の様子をこう語りました。

「彼はとてもおびえた様子で警察署の中にゆっくりと入って来ました。

もしかすると、彼は愛情を求めてずっと外を彷徨っていたのかもしれませんね。」

keisatu

飼われていたところを捨てられてしまったのか、それとも虐待に耐えきれず逃げてきたのか…。

その時警察官は、この野良犬にご飯と水をあげました。

すると野良犬は出されたものをすべて綺麗に食べ切り、満足げな顔をして警察署を去りました。

しかし翌日、驚くことが起きたのです。

続きは次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

総移動距離は483キロ!イギリス海軍のパイロットの車に隠れて移動した子猫→保護された結果・・・

まさに猫の大冒険! 子猫が483キロ移動したこの話がネットで話題になっています。 時は2016年6月 …

突然の土砂降りに見舞われ、軒先で雨宿り→するとかわいそうなほどズブ濡れの猫が「一緒に雨宿りしよう!」とやってきて・・・

突然の雨とネコさんとの出会い 突然の土砂降りの雨。 仕方がないので軒先で雨宿りをしていると、遠くの方 …

愛猫が安楽死の危機に陥った時、涙を流した自閉症の少年!果たして猫の運命は?

愛する猫が安楽死の危機に晒され、涙を流した自閉症の少年!果たして、少年と猫の運命は?感動の結末はこちら・・・

愛犬との「最後のドライブ」を7年間忘れられずにいた少女に起きた衝撃の奇跡とは?

愛犬との「最後のドライブ」を、7年間忘れられずにいた少女!そんな彼女に降りかかった衝撃の奇跡をご覧ください・・・

10年間毎日のように駅で飼い主の帰りを待つ猫のほっこりさせられる12枚の写真・・・

オランダのロッテルダムにある路面電車の駅に毎日ご主人様の帰りを待ち続ける猫がいます。 その猫の名前は …

PREV : 捨て犬たちの面倒を見ている心優しいおじいさん→みんなを乗せてワンコ列車、出発進行!
「Why Japanese people !?(厚●り●●イソンっぽく)」日本へ旅行に来た外国人がカルチャーショックを受けたこと23選! : NEXT