愛犬がいつも息子の右側にいるようにしている→気になって病院で診てもらった結果…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬がいつも息子の右側にいるようにしている→気になって病院で診てもらった結果…!


僕たち大親友

イギリスで暮らしているマーク君と、愛犬のアルフィーはとても仲良しです。

アルフィーは体重が約83㎏もある超大型犬ですが、

二人は5歳の同い年で小さな頃からいつも一緒に生活してきました。

そのせいか、親友や兄弟のような間柄なのです。

マーク君の右側

arufi2

いつも仲良く、一緒に過ごしている二人。

そんな姿を見て両親はあることに気がつきました。

「あれ?そういえば、アルフィーがいつも右側にいる…」

両親はその後も二人を観察してみると、

歩くときもマーク君の右側、座ってくつろぐ時もマーク君の右側にアルフィーがいるのです。

病院へ・・・

arufi3

マーク君はもともと視力の弱い子でした。

学校の視力検査で「右目は乱視」と診断されていたのです。

心当たりはあったのですが、アルフィーの行動が気になった両親は病院に行き、精密検査をしてもらいました。

「気がついて良かった、もう少し遅ければ失明していたところですよ!」

両親は、医師から驚きの言葉を聞きます。

アルフィーの気づきで、マーク君は失明せずにすんだのです。

まさに危機一髪でした。

おかげさまで順調!

arufi4

まだマーク君の治療は続いていますが、順調に回復しているそうです。

アルフィーがまるで盲導犬のように、マーク君の目に異常が起きていることを察知して、

右目をかばうように行動していなければどうなっていたのでしょう。

もしかしたら手遅れになっていたかもしれませんね。

アルフィーはマーク君が大好きで、小さな頃から見ていたからこそ気がついたのだと思います。

その大きな顔の、小さな優しい目でマーク君を見守っていたのですね。

二人ともいつまでも親友でいてください。

出典:METRO

【関連記事】

人間と犬の強い絆に感動!水中に引き入れようと懸命に吠える犬が伝えたかった事とは?

真夜中、いつものように眠る息子→その時ラブラドールは彼の命の危機を警告!背筋が凍るような事態に・・・

ラブラドール犬がダウン症の男の子へ寄り添う→心が通じ合う瞬間、自然と涙が溢れる…!

家族みんなが大爆笑!側転を披露する女の子を見てピットブル犬がとったリアクションとは?イメージが覆る・・・

赤ちゃんを抱きしめながら子守犬もスヤスヤ…赤ちゃんとワンちゃんのキュートな画像&動画をご覧あれ!

 




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

病気に侵されていたことから安楽死させられる一歩手前だった子犬が奇跡の復活を遂げる!

大型犬のマスティフの子犬であるウィローは、 スイマーパピー症候群という障害を持って生まれてきました。 …

朝の挨拶はとっても甘い(笑)甘えん坊なライオンたちの強烈すぎる愛情表現をご覧ください…!

甘えん坊なライオンたちが朝の挨拶をする様子が話題に!強烈すぎる愛情表現にビックリすること間違いなし(笑)詳細はこちら・・・

650匹の尊い命を救ったのは、ある有名人のツイートからだった・・・!

650匹の命 今から約半年前のこと。 とある有名人のツイートで650匹の犬の命を救う出来事が起こりま …

未熟児で衰弱していた子猫を保護!その後、その子猫の母猫がやってきて・・・

未熟児で産まれてしまったり、障害があって自力で生きることが難しい時、 動物界では見捨てられることがほ …

酷い痛みを抱えていて撫でられる状態でなかったボーダーコリーが運命の男性と出会い、新たな冒険の旅へ!

酷い痛みを抱えており、満足に撫でることもできない状態だった犬!そこから相思相愛の男性と出会い、新たな冒険の旅へと出発・・・

PREV : トランクから「こんにちワン!」一緒に乗りたくなる顔を出した可愛いワンちゃんたち7連発!
家に帰ると玄関に見知らぬかわいいお客さん!しかし保護するまでどいてくれないようなので・・・ : NEXT