Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬がいつも息子の右側にいるようにしている→気になって病院で診てもらった結果…!


長い間人間と一緒に暮らして来た犬は、人の感情を察知する事が出来ます。

それはとても微笑ましいことですが、

『マーク君』という男の子と『アルフィー』という大型犬の出来事は、微笑ましいではすみません。

これはアルフィーがマーク君を救ったというお話です。

なぜかマーク君の右側にいるようにしていたアルフィー。

そこには驚くべき事実が隠されていたのです。

それでは5歳の男の子と5歳の超大型犬の感動物語を、次のページで詳しくご紹介します。

arufi



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫専用の通路に大きな障害物(犬)何としても通りたかった猫の優しい対応がこちら!

猫を飼っているお家の扉や壁によくある、猫用の小さな通路。 猫を飼っているあるお宅にも、そうした通路が …

ネグレクトで心も体も傷つき、電話ボックスに閉じ込められてもこの犬は生きることを諦めなかった・・・

南ロンドンに住むエマ・センプルさんと言う女性は、小さな動物保護団体を運営していました。 そんな彼女の …

カップルがシェルターを訪れたら1匹の猫が女性にしがみついて離れようとしなかった結果・・・

カップルがシェルターを訪ねると、そこにいた1匹の猫が女性にしがみついて離れようとしません!この猫の行動に女性は・・・

本当は謝りたいと思っている意地悪をしてしまった子猫!もどかしい葛藤の様子がちょっと笑える(笑)

茶トラの子猫は、ワンちゃんの大きな背中が大好き。 ワンちゃんも子猫が落ちないように背中を真っ直ぐ上に …

シャンシャンのお転婆ぶりが留まるところを知らず!飼育員もお手上げ?(笑)

上野動物園のジャイアントパンダの子供、シャンシャンのお転婆ぶりが止まりません!留まるところを知らない勢いに飼育員さんもお手上げ?

PREV : トランクから「こんにちワン!」一緒に乗りたくなる顔を出した可愛いワンちゃんたち7連発!
家に帰ると玄関に見知らぬかわいいお客さん!しかし保護するまでどいてくれないようなので・・・ : NEXT