Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬がいつも息子の右側にいるようにしている→気になって病院で診てもらった結果…!


長い間人間と一緒に暮らして来た犬は、人の感情を察知する事が出来ます。

それはとても微笑ましいことですが、

『マーク君』という男の子と『アルフィー』という大型犬の出来事は、微笑ましいではすみません。

これはアルフィーがマーク君を救ったというお話です。

なぜかマーク君の右側にいるようにしていたアルフィー。

そこには驚くべき事実が隠されていたのです。

それでは5歳の男の子と5歳の超大型犬の感動物語を、次のページで詳しくご紹介します。

arufi



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

盲目の子猫「レモン」の余命はわずか数ヶ月…残された日々を獣医師と決めた“あるリスト”を目標に頑張る!

みなさんは捨て猫に遭遇したことはありますか? 見つけた場合、すみやかに保護施設か獣医師の元へ運び込み …

20年間サーカス団に不自由な状態で飼われていたピューマを鎖の束縛から解放します…!

ムファサ 20年間太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきた一匹のピューマ。 サーカス団に飼われて …

虐待によって凶暴になってしまったアルビノのアライグマがある女性と出会うと・・・

マキシン・ベイヤードさんは、アメリカのジョージア州に動物保護施設を設立した女性です。 彼女はこの施設 …

「ありがとう」を伝えたいカラス…4年間餌を与えてくれた純真な少女へ恩返し!

カラスといえば嫌われ者、厄介者なイメージです。 そんな彼らに餌をあげ続けた少女がいました。 餌やりを …

テレビの生放送中に予定にないゲストが登場!これに対し、アナウンサーの対応は・・・?

それはトルコのテレビ番組、『グットモーニング・デニズリ』の生放送中のことでした。 ちょっと変わった訪 …

PREV : 小学校6年生の女の子が考えた『お助けシュロの糸』→側溝に落ちたカエルを救うために作られた道具は、学者が注目するほどすごいものだった…!
「最初の喧嘩をするまで開けてはダメ」と9年前に渡された結婚祝いの箱をとうとう開ける日が!その中には・・・ : NEXT