Lenon


Lenonをフォローしよう!


20年以上人々を墓場で癒し続けた墓守猫→慰めの天使は最後まで任務を全うし、自らも天国へと旅立つ・・・


イギリスのガーンジー島にあるサンプソン教会区の教会で建てられた墓場は、

遺族たちが愛する者と最後のお別れをするための場所です。

数えきれない涙や思い出が記憶されたこの地を、20年も守り続けた一匹のオス猫がいました。

悲しむ遺族たちの傍に寄り添って気持ちを分かち合い、傷づいた心を癒してくれます。

ここに訪れる人々に癒しと慰めを与える姿は、まるで天使の生まれ変わりかのようでした。

そんな彼は、今年ついに息を引き取ったそうです。

最後まで彼はこの墓場を守り続け、人々に希望を与えました。

彼がここの墓守猫になった経緯と、かつて彼に支えられた人々からの追悼の言葉を、 次のページでご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

私たちの大学で自由に振る舞いすぎな猫様のお姿を見て欲しいのです・・・(笑)

自由で気ままに生きている猫を見ていると、とても羨ましい気持ちになりますね。 しかし、彼らにも『縄張り …

保健所へ向かう途中、高速道路の路肩という危険な場所で子猫を保護!2つの命が救われ、同時に奇跡を起こす・・・

保健所へ子猫を引き取りに向かう途中、高速道路の路肩で別の子猫を保護!2つの命が救われ、同時に奇跡を起こす・・・

天国に旅立った愛犬の墓の上に愛犬がいた!?近づいて分かったその正体とは…?

長年共に暮らしていた愛犬の死は、とてもつらいことです。 遠い親類が亡くなるよりも、いつも側で自分を慰 …

とある大学の卒業アルバムの、学生と一緒に写った盲導犬に隠されたエピソードに涙が止まらない…!

常に視聴覚障害者に寄り添い、安全に誘導している「盲導犬」。 犬が立ち入り禁止のお店や施設でも、盲導犬 …

この母親は自分の子供の他に、”人間ではない母違いの双子”を育てる!運命の出会いに心癒される・・・

シカゴ在住のイベット・アイベンスさんは2児の母です。 アイベンスさんが2人目の出産後に目にした広告は …

PREV : 医者が理不尽なモンスターペアレントにこの言葉を言い放つ→誰もが驚き、号泣する人も・・・
土田晃之の考えに共感の声続々!『パラリンピックの後でオリンピックの方が良くない?』発言の真意とは!? : NEXT