Lenon


Lenonをフォローしよう!


20年以上人々を墓場で癒し続けた墓守猫→慰めの天使は最後まで任務を全うし、自らも天国へと旅立つ・・・


イギリスのガーンジー島にあるサンプソン教会区の教会で建てられた墓場は、

遺族たちが愛する者と最後のお別れをするための場所です。

数えきれない涙や思い出が記憶されたこの地を、20年も守り続けた一匹のオス猫がいました。

悲しむ遺族たちの傍に寄り添って気持ちを分かち合い、傷づいた心を癒してくれます。

ここに訪れる人々に癒しと慰めを与える姿は、まるで天使の生まれ変わりかのようでした。

そんな彼は、今年ついに息を引き取ったそうです。

最後まで彼はこの墓場を守り続け、人々に希望を与えました。

彼がここの墓守猫になった経緯と、かつて彼に支えられた人々からの追悼の言葉を、 次のページでご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

母の愛情が奇跡を呼び起こす!捨てられた子猫たちのいる動物病院をウロウロし、感動の再会・・・

動物たちの親子の触れ合いを見るのは、心が和みますよね。 人間と同じで、母の情というのは強いというのも …

いつも通り撫でていた愛犬の体に発見したものは心臓が止まりそうになるものだった!そして飼い主は苦しい決断をする・・・

ベラの病、そして決断… ロバート・クルーガーさんとチョコレート・ラブラドールのベラは9年前に出会い、 …

駄々をこねる赤ちゃんを真似し続けるワンちゃん!ふたりのやり取りが面白かわいい(笑)

ワンちゃんや猫ちゃんは、 家族に赤ちゃんが加わると“大切にしないといけない対象”と本能で感じるそうで …

瀕死の子犬は母親に足を食べられてしまっていた→この子の命を優しい動物が救ってくれた!

大変残念なことですが、犬の社会でも母犬が自分の子供をストレスから傷つけてしまうことがあり、 場合によ …

同時期に2つの別れを経験して一人ぼっちだった子猫の笑顔を取り戻すために考えた最高のアイデアとは?

ネオとイーニー この子の名前はネオといい、 2匹の兄弟と一緒に「Animal Allies of T …

PREV : 医者が理不尽なモンスターペアレントにこの言葉を言い放つ→誰もが驚き、号泣する人も・・・
土田晃之の考えに共感の声続々!『パラリンピックの後でオリンピックの方が良くない?』発言の真意とは!? : NEXT