Lenon


Lenonをフォローしよう!


保護された子猫はずっと虫しか食べてきていなかった→初めて食べたご飯の味に大喜び!


皆さんは、もし外出先でお腹をすかせたひとりぼっちの子猫と出会ったらどうしますか?

「やせ細ってかわいそう・・・」

「お母さん猫とはぐれてしまったのかな?」

「連れて帰りたいけど・・・」

そのまま通り過ぎても思いが残って、1日中何となく

「あの子猫どうしているかな?」と気になりますよね。

今回は、そんな場面に遭遇したひとりの女性と子猫のストーリーを紹介します。

今年の6月のこと。

ある女性が、駐車場にうずくまる今にも死にそうな子猫を見つけました。

子猫はやせ細り、近くにお母さん猫の姿も見当たりません。

その時女性はどのような行動に出たのでしょうか?

詳細は次のページをご覧ください。

mushi



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ひどくボロボロな「判別できない何か」の名前は『スカーレット』→なんと驚くことに老猫だった…!

路上でうずくまり、見るからに衰弱していたのは猫でした…。 ニューヨークにあるハンプトンベイズをある女 …

自由気ままな男の子とクールなシェパード犬の対比がおもしろ可愛い(笑)

シェパード犬に遊んで欲しそうに、自由気ままに動き回る男の子!それに対してクールなワンちゃんの対比がおもしろ可愛い(笑)

いつも出かける空き地で女性が見つけた子猫は驚くべき能力を持つ特別な猫だった…!

ドイツのベルリンに暮らすマリーンさんは、 空き地にやって来る野良猫にエサをあげることが日課になってい …

13年にも及ぶ地獄!鶏小屋で生活させられた犬が望む幸せとは?

ジャグ アメリカのメリーランド州で、鶏小屋に押し込められていた犬が一度に保護されました。 約300匹 …

ピットブルの飼育が禁止された町で殺処分令が下された!それを受けて町民は・・・

ピットブル飼育禁止の法 獰猛な犬種で有名なピットブルは、土佐犬と並ぶ危険犬種です。 日本では飼育に規 …

PREV : 瀕死の子犬は母親に足を食べられてしまっていた→この子の命を優しい動物が救ってくれた!
里親と出会った瞬間、喜びが爆発してワンちゃんはバンザイをした!最高の笑顔に心温まる・・・ : NEXT