Lenon


Lenonをフォローしよう!


本当にあった話!警察官を病気で倒れた飼い主の所まで連れて行った犬の心揺さぶられる救出劇!


深刻な孤独死

高齢化社会が進んだ現代の日本において、孤独死は大変深刻な問題です。

子供も独り立ちし、パートナーにも先立たれ、一人になってしまった後自宅で倒れ、

病院に行けずにそのまま命を落としてしまう…。

そんな事例が増えているのです。

もう10分、いえもう1時間病院に到着すれば助かっていた。

そんな事例がたくさんあります。

今回はそんな現代日本において、愛犬が飼い主の命を救ったという愛にあふれるお話をご紹介いたします。

気になる方はぜひ次のページをご覧ください!

kourei




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

盲目の子猫「レモン」の余命はわずか数ヶ月…残された日々を獣医師と決めた“あるリスト”を目標に頑張る!

みなさんは捨て猫に遭遇したことはありますか? 見つけた場合、すみやかに保護施設か獣医師の元へ運び込み …

猫カフェが保護しないなら野良の子猫を触らないように訴える理由がこちら・・・

「お願いですから、保護する気がないのなら野良の子猫を安易に触らないでください」 こう訴えるのは、奈良 …

身勝手な理由で捨てられるも、飼い主を信じて1年以上も同じ場所で待ち続ける猫に胸が締め付けられる…!

帰っては来ない飼い主さんを待ち続けていたと言われる「忠犬ハチ公」。 ハチ公は、渋谷の駅前で勤めから帰 …

まんまるモフモフの可愛い子犬!「遊んでよ」とママにパンチするも足が短くて…(笑)

柴犬の赤ちゃんは、モフモフコロコロしていてとても可愛いですよね。 思わずハグしたくなります。 そんな …

子犬を生む”道具”として数年間、地下室で暮らすことを強制されたトイプードルのお話に目を背けないで!

「パピーミル」という言葉をご存知でしょうか。 パピーミルとは「子犬生産工場」として、営利目的で子犬を …

PREV : 孤独だった迷子の子猫→保護されるとあっという間に20人の友達ができ、嬉しさが爆発!
部屋が汚い人は綺麗な人より心が美しい!?専門家の言葉に共感の声続々! : NEXT