Lenon


Lenonをフォローしよう!


殺処分間際のところで助けてもらった猫→新しい飼い主さんへ全身で表す感謝の気持ちが止まらない!


様々な理由から保健所の送られる動物がいます。

私たちの生活には、全面的に関わりのない事と思われがちですが、

このようなところがあることを忘れてはいけませんよね。

「ヘンリー」という猫も保健所に連れて来られてた被害者です。

そして、その悲しい最後は確実に迫ってきていました。

そんな中、この猫にとっての救世主が現れました。

今回はそんな保健所送りになってしまった1匹の猫のお話です。

心温まるエピソードを次のページからご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主と死別して行き場を失った犬を救ったのは仲の良い配達員だった・・・

ピットブルのレオは、飼い主のティナさんとカリフォルニア州のランチョ・クカモンガに暮らしていました。 …

「もう戦わなくていいんだよ…」闘犬としてひどい扱いをされてきたピットブルが初めて人の手が優しいことに気付いた瞬間に涙…!

みなさんは「ピットブル」と言う犬をご存知ですか? その闘争心と闘争能力は日本の闘犬界の横綱とも言われ …

「もういいです…いや、マジで」ご主人の撫でる手を静かに拒否する猫様の怖優しい塩対応・・・

ご主人が猫に撫でようと手を伸ばします。 ご主人が手を出せば、猫もそれに応えて手を出してきます。 とて …

食べられる運命にあった10匹の子犬が1人の女性によって幸せな暮らしを手に入れる!

韓国の犬食文化 韓国には犬食文化があり、 現在も食用の犬が多くの養犬場で飼育された後に食肉加工場で殺 …

海外でもモテモテな「shiba inu」が飼い主に愛されている幸せそうな様子にほっこり・・・

海外でも「shiba inu」はモテモテ!飼い主に愛されて全力で幸せを感じている柴犬の様子にほっこり癒される・・・

PREV : トラックから投げ捨てられたのは傷だらけの子犬→ある女性の優しさが体も心もボロボロの犬を救う…!
リアルガンツ!?都営大江戸線が全線運転見合わせ!線路内に侵入した子どもは行方不明・・・ : NEXT