Lenon


Lenonをフォローしよう!


寂しい保護犬のためとある部活の朝練に参加してもらい、高校生と走りまくる!


アメリカのコネカット州にあるハイスクール。

毎日走っているクロスカントリー部の学生たちは、保護施設にいる犬たちと一緒に朝練をしました。

保護されてから狭いケースに閉じ込められて、退屈そうな犬たちでした。

リードを手に持ってる学生たちを見た途端、みんな大喜びです。

アメリカでも捨てられた犬の数はとても多いので、一匹ずつ散歩をさせるのは無理があるそうです。

彼らはどんな朝練をしたのか?

気になる方は次のページをご覧ください。

bukatu

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛するペットとの「初めまして」と「さようなら」の日を写した15の写真が胸を打つ・・・

ペットとのお別れの日 時の流れは皆に平等にやってきます。 決して抗うことはできません。 出会いの後に …

倒れた飼い主を、雪が舞う中で愛犬が20時間温め続けたおかげで男性の命が救われる…!

2016年12月31日の夜でした。 アメリカのミシガン州に暮らしているボブさんは自宅の暖炉で暖まりな …

生死の境を彷徨っていた1匹のウッドチャック→新たな人生を障害と共に生きる姿に胸が熱くなる…!

ウッドチャック 「ウッドチャック」という名前の動物をご存知ですか? 聞き慣れない名前の動物ですが、リ …

毎朝塀の向こうからジャンプして挨拶してくれる犬のためにのぞき穴を開けてみた!ワンちゃんの反応やいかに?

ジャンプで挨拶 アメリカのカルフルニア州に住むジェニファーさんには、とても素敵な友達がいます。 それ …

家に帰った兵士を出迎える耳もほとんど聴こえない老犬!もう一度あえた瞬間に涙が止まらない・・・

ワンちゃんを飼ったことがある人なら経験があると思いますが、 1日でも家をあけると帰ってきたときの喜び …

PREV : 妙に納得・・・『男女の違い』を表したイラストがシンプルだけど秀逸!
母と娘が車ごと川に転落して14時間→母が死んだ後、救助隊はありえない助けを呼ぶ声を聞いた…! : NEXT