Lenon


Lenonをフォローしよう!


通学途中に16歳の少年が見つけた不思議な生き物→14日後その生き物は裂け、色彩豊かな光の揺らめきに姿を変える…!


少年が見つけた小さなイモムシ

Tumbleに投稿された、小さなイモムシを手に這わせている一枚の写真。

これは16歳の少年Oddityくんが、学校に行く途中で見つけてペットにしたものです。

tyoutyo1

彼がそのイモムシにつけた名前は「チキンナゲット」。

この一見変わった彼のペットが14日という時を経て、驚くべき変化を遂げたのです。

イモムシがどのような変化を見せたのか、気になる方はぜひ次のページをご覧ください!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

救助犬が捨てられた子猫たちの命を救って父に!献身的な働きに胸が熱くなる・・・

救助犬アラゴン 救助犬のアラゴンは、ギリシャの山中で不自然に捨てられている箱を発見しました。 飼い主 …

猫ちゃんの決定的瞬間8選!→「ヤマトの不在通知が増えていく・・・」など

一昔前までは、ペットといえば、犬が不動の地位を築いていました。 しかし現在、話題になっているのは猫。 …

いたずらが見つかって現行犯で取り押さえられた猫→無実を主張する表情が凄い!(笑)

ペットと生活をしていると、ペットのいたずらに手を焼く時があります。 お気に入りのぬいぐるみを噛みちぎ …

死んだふりをしてまで病院を拒否する柴犬!「おやつあるよ」と言ってみると…(笑)

病院に行くことを、死んだふりをしてまで拒否する柴犬!しかし、飼い主さんが「おやつあるよ」と言ってみると…(笑)

全身が毛玉で覆われた13歳の老猫は大量の毛から解放されてとても嬉しかったようで…!

全身がひどい毛玉で覆われていた13歳の老猫!トリミングされ大量の毛から解放されると、とても嬉しかったようで・・・

PREV : アルフォンス・ミュシャ生涯の傑作が奇跡の来日→2017年ミュシャ展が国立美術館で開催決定!
寂しい保護犬のためとある部活の朝練に参加してもらい、高校生と走りまくる! : NEXT