Lenon


Lenonをフォローしよう!


引退した盲導犬が11年ぶりに元飼い主と再会→子犬の頃に戻り、甘える姿に涙が止まらない…!


皆さんは「パピーウォーカー」を知っていますか?

盲導犬候補の子犬を役10ヶ月間家族の一員として迎え、社会性を身につけさせるボランティアさんです。

11年に渡り、目の不自由な人を助けてきた盲導犬の「オリバー」。

引退が決まり第二の人生を送ることに…。

パピーウォーカーとしてオリバーを生後45日から1歳まで育ててくれた、

佐藤さん母娘の元で暮らすことになりました。

車に乗り、佐藤さん宅に向かうオリバー。

幼い頃、佐藤さん母娘と散歩した風景が近づいてきました。

窓からじっと外をみつめるオリバー…。

もうすぐ佐藤さんと11年ぶりの再会です。

果たしてオリバーは覚えているのでしょうか?

詳細は次のページをご覧ください。

oriba1

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. Takanasi より:

    オリバーお帰りなさい(^^)お仕事お疲れ様でした。思いっきり甘えてゆっくり休んで下さい。オリバーの甘えた姿見ましたら涙が出てしまいました。佐藤さん有り難う御座います。

  2. ITSURO FUJII より:

    盲導犬の記憶力凄いですね。11年の期間を過ぎても可愛がって戴いた飼い主さんの事を昨日の様に、想い起し 顔を摺り寄せる老犬の姿に グッと来ました。

  3. さわこ より:

    盲導犬のお仕事、永すぎます。
    普通の犬としての、幸せな日々を
    老犬になる前におくらせてあげとほしいです。賢いばかりに、人に尽くす、その
    大変な苦労が永すぎます。
    とにかく、せめて、5年くらいにしてください。人間の思い込みや、身勝手で
    ただ感動して終わらないでください。

  関連記事

飼い主に隠れてクリスマスのアレを全て食べてしまったワンちゃんは歩けなくなるほど太ってしまい…!

誕生日やクリスマスになると、お祝い事やパーティーの食卓にはご馳走が並びます。 人間にとって美味しいも …

チーターがまるで猫!?ゴロゴロと喉を鳴らして懐くあられもない姿

お姉さんが危ない!と思いきや……? 「危ない!お姉さん逃げて!」 一瞬そう叫びたるのも当然。 なんと …

後ろ脚に障害を抱え、目も見えない猫を見て獣医師は安楽死を推奨した→女性は迷わずこう答えた…!

アメリカのフロリダ州に住むカーメンさんという女性のお話です。 彼女は高速道路を運転中、1匹の子猫を発 …

ズッコケ3人組、柴犬バージョンの天然すぎる1匹をご覧ください!(笑)

あの素朴な可愛らしさで人気のある「柴犬」ですが、 今は日本だけではなく海外でも「shiba」の愛称で …

ハスキー犬が意外とドジでこれでは野生で生きていけないと心配になる画像12選!

意外とドジ? 勇猛そうな目にキリリとした顔立ちと筋肉質の体は、シベリアンハスキー犬の魅力です。 その …

PREV : もうすぐ天国へと旅立つ男性はベッドに横になって森の中へ→ホスピスが彼の願いを叶えようと動く…!
恐ろしい?それとも神秘的?宇宙飛行士の野口聡一が撮影した『宇宙から見た台風10号』をご覧ください…! : NEXT