Lenon


Lenonをフォローしよう!


引退した盲導犬が11年ぶりに元飼い主と再会→子犬の頃に戻り、甘える姿に涙が止まらない…!


皆さんは「パピーウォーカー」を知っていますか?

盲導犬候補の子犬を役10ヶ月間家族の一員として迎え、社会性を身につけさせるボランティアさんです。

11年に渡り、目の不自由な人を助けてきた盲導犬の「オリバー」。

引退が決まり第二の人生を送ることに…。

パピーウォーカーとしてオリバーを生後45日から1歳まで育ててくれた、

佐藤さん母娘の元で暮らすことになりました。

車に乗り、佐藤さん宅に向かうオリバー。

幼い頃、佐藤さん母娘と散歩した風景が近づいてきました。

窓からじっと外をみつめるオリバー…。

もうすぐ佐藤さんと11年ぶりの再会です。

果たしてオリバーは覚えているのでしょうか?

詳細は次のページをご覧ください。

oriba1

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. Takanasi より:

    オリバーお帰りなさい(^^)お仕事お疲れ様でした。思いっきり甘えてゆっくり休んで下さい。オリバーの甘えた姿見ましたら涙が出てしまいました。佐藤さん有り難う御座います。

  2. ITSURO FUJII より:

    盲導犬の記憶力凄いですね。11年の期間を過ぎても可愛がって戴いた飼い主さんの事を昨日の様に、想い起し 顔を摺り寄せる老犬の姿に グッと来ました。

  3. さわこ より:

    盲導犬のお仕事、永すぎます。
    普通の犬としての、幸せな日々を
    老犬になる前におくらせてあげとほしいです。賢いばかりに、人に尽くす、その
    大変な苦労が永すぎます。
    とにかく、せめて、5年くらいにしてください。人間の思い込みや、身勝手で
    ただ感動して終わらないでください。

  関連記事

新しくお家に来た子犬の写真を撮っていた時、その背後でとんでもないことが・・・

動物好きなら一度は憧れるペットの多頭飼い。 実際に沢山の動物を飼っている方は少なくないでしょう。 異 …

幼い少女を母親だと信じ込み、そばを離れなくなった1羽のアヒルの物語!

インプリンティグ(刷り込み)という言葉がります。 鳥の雛たちが生まれて初めて目にした動くものを、自分 …

ゴミ置場を荒らされないようにするにはカラスと友達になれば良い!?斬新な対策が話題に!

ゴミとカラス ゴミ置場で一番困ることは、カラスにゴミを荒らされる事ですね。 回収前の生ごみをカラスに …

「私に構わないで!」この野良犬が保護職員を尋常じゃなく警戒していた理由に胸が震える・・・

人間の目線では理解できない、動物たちの事情があります。 犬の体型も人間の都合でさまざまな大きさに改良 …

道端で死にかけていた子猫が少女に救われて幸せを掴み取った涙が溢れる実話…!

今から7年前、トルコのイスタンブールで誰からも見向きもされず目、 鼻、耳が感染症によって爛れた1匹の …

PREV : もうすぐ天国へと旅立つ男性はベッドに横になって森の中へ→ホスピスが彼の願いを叶えようと動く…!
恐ろしい?それとも神秘的?宇宙飛行士の野口聡一が撮影した『宇宙から見た台風10号』をご覧ください…! : NEXT