Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しみに暮れるワンちゃんの心に寄り添って癒したのは1羽のアヒル→優しい光景にほっこり・・・


最愛の相棒を失い…

アメリカ テネシー州に在住のリットンさん宅には、愛犬の『ジョージ』がいます。

しかし、ジョージは悲しみに暮れる日々を送っていました。

何故なら、12年連れ添ったラブラドール犬の『ブラッキー』が2年前に亡くなったからです。

ジョージにとって、ブラッキーは大切な相棒でした。

ブラッキーが亡くなってからは、何をするにもジョージは1匹です。

散歩も食事も寝るときも…。

いつも隣にいたはずのブラッキーの姿はなく、じゃれ合う相手ももういません。

それからというもの、ジョージの様子はすっかり変わってしまったのです。

まるで元気がなく、毎日気怠そうに伏せているジョージ。

そんな様子のジョージをリットンさんは見守ることしかできませんでした。

どこからともなく現れたのは?

その日もジョージはやはり表情に力がなく、気怠そうに伏せていました。

そんな時!

どこからともなく現れたのは、一羽のアヒルでした。

どこから来たのか、どこかで飼われていたのか謎のまま、リットンさんはアヒルを受け入れました。

すると、アヒルはある行動をとったのでした。

心温まる光景は次のページでご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

文鳥の行動にキュン死する人続出!まさかこんな場所を巣にしていたとは・・・

あるお家で飼われている文鳥の行動にキュン死する人が続出!まさか家のあんな場所を巣にしていたとは…(笑)詳細はこちら・・・

本当にあった話!警察官を病気で倒れた飼い主の所まで連れて行った犬の心揺さぶられる救出劇!

深刻な孤独死 高齢化社会が進んだ現代の日本において、孤独死は大変深刻な問題です。 子供も独り立ちし、 …

人間に助けられた子供のワラビーは野生に帰った後、自分の子供を恩人に紹介してくれました!

オーストラリアにある野生保護団体に所属しているRetboopさん。 傷ついた野生動物を治療し、野生に …

カエルがワニに近付いて行った→その後起きた出来事に「マジか!?」と叫びたくなる…!

ジャカルタ出身の写真家、 タント・イェンセンさんが撮影した写真がとても珍しい瞬間を捉えているとして注 …

何としても一緒に遊びたいコーギーと完全拒否な子猫の鍔迫り合いの結末は?(笑)

何としても子猫と一緒に遊びたいコーギーですが、子猫の方は完全拒否のようです…(笑)この鍔迫り合いの結末は!?

PREV : 親は子の容姿を見て絶望し、そして手元から捨てた→でも4年後、涙が溢れる運命的な出会いが・・・
リオ五輪閉会式で後輩の騎馬に乗る吉田沙保里→「笑顔で日本に帰ります」後輩たちとの絆に感動! : NEXT