Lenon


Lenonをフォローしよう!


まだ小さい2匹の子猫を保護したのは、優しいお母さんとなった先住犬だった・・・


ジャクソンさんは、保護したワンちゃんと共に暮らしていました。

ある日、その保護犬が2匹の子猫を保護施設から連れて帰ってきたのです。

まるで「この子は私の子」とでも言わんばかりに、連れて帰るなり子猫たちの子守を始めたとのこと。

犬と猫、種が違うというのにこれはびっくりですね。

jakuson1

こうして、子猫とワンちゃんというなんとも不思議な親子の時間が始まりました。

種は違っても、その様は本物の親子というほかないような画像の数々を、次のページにてご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ある日、男性がひとりぼっちの子猫を助けた→男性をお父さんと思い込み、もう甘えが止まらない!

人と動物の何気ない出逢いが、やがて運命的な結びつきになることがあります。 ある日、ひとりの若い男性が …

最後の数ヶ月は充実した時を過ごし、抱きしめられながら永眠したワンちゃんのお話!

イリーの最後 リンジー・ハツラーさんはオハイオ州在住の女性で、愛犬のイリーび大きな愛情を注いできまし …

年老いていたことから里親と出会えなかった猫→保護施設に迎えられたことで幸せを手にする…!

フォレスト マサチューセッツ州のサドベリーにある動物保護施設。 そこには20歳になる老猫の「フォレス …

愛に飢え、悲しい目をしていた猫に最高の環境を与えても一つ足りないものがある!それは…?

悲しい目をしたライアン この猫は、猫の愛護団体「Here Kitty Kitty Rescue(HK …

衰弱した子猫と怪我を負った犬がお互いに支え合う姿に胸が熱くなる・・・

キングとライラ ある日、生後8ヶ月の子犬が「Kentucky Humane Society」という、 …

PREV : 猫ひろしがリオ五輪男子マラソンで完走後に見せたに芸人魂に震える…!「タイムは遅いけど盛り上げられるのは僕だけ」
背中の曲がったおばあちゃんの背筋がピンと立っている!ここまで変化するのがよくある健康法? : NEXT