Lenon


Lenonをフォローしよう!


リオ五輪の本番3日前に愛馬の顔が腫れ上がってしまった→当日、観客とカメラが見守る中で馬主が下した決断に数百万人が涙した…!


アデリンデ・コーネリッセン選手(36歳)はオランダ人で馬場馬術という競技の選手です。

ヨーロッパ選手権で数々のタイトルを獲得してきました。

現在開催中のリオ五輪でも、19歳の牡馬パージヴァルと共に金メダルの期待がかけられていました。

リオへの移動もトラックでの練習もリラックスして順調そのものでした。

しかし、本番まであと3日というときの思わぬアクシデントが…。

パージヴァルに何が起きたのでしょうか?

詳細は次のページをご覧ください。

baba



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 佐藤智子 より:

    素敵な愛情!
    心が洗われました。
    これからもお二人素敵な関係でお幸せに!!!

  2. 京都のたつや より:

    そっかなぁ、無理に出場することは無いとは思いますが、体調が戻ったんなら、馬自身は出たかったんじゃないかなぁ?
    馬も、名誉心やプライドみたいなものを持っているだろうから、20年程度の短い人生、晴れの舞台で、無理しても頑張りたかったんじゃないかと私は思います。

  3. ヒーラーN より:

    人馬一体とは、このようなことなのですね。長年のパートナーシップでパージヴァルとアデリンデ選手には、言葉を超えた絆が出来上がったのですね。

  4. 馬田牛子 より:

    最高のパフォーマンス。いい人なら最初から連れていかないもの。他の馬「おいおい、おいしいところだけ持って行くなよ」ひひーん。現に誰が金メダルかしらない。私も彼女のような人間になりたい。

  関連記事

「母猫にも目を向けて欲しい」ある動物保護施設からの切実な訴えに耳を傾けて!

ミモザちゃん 猫の保護施設「Cat Adoption and Rescue Efforts」は、アメ …

傷だらけで心を閉ざしていた野良猫の恩返しはお店の用心棒だった…!

傷だらけなうえに心を閉ざしていた野良猫を保護!するとその恩返しとして、お店の用心棒をやってくれた…!詳細はこちら・・・

スタッフの諦めない信念が頭を撃たれた失われてはいけない子犬の命を救う!

ピットブルの子犬が、なんと頭を銃で撃たれてしまっていました!しかしスタッフの諦めない信念が、失われてはいけない命を救い出します・・・

家の前に、度々猫を捨てられる92歳のおばあさんの行動に胸が熱くなる・・・

今回ご紹介する92歳のおばあさんは、家の前に何度も猫を捨てられるそうです!そんなおばあさんの行動に胸が熱くなります・・・

飼い主を信じて待つ犬!凍てつくような寒さの中に放置された犬の運命は…!?

皆さんは捨て犬、捨て猫の現場に居合わせたことはありますか? 段ボールや箱に入れられ、道路脇だったり人 …

PREV : 夢を現実に…フェルプスに憧れた少年が8年後、隣で泳ぐフェルプスを追い抜いて金メダル!
「叩かれたけれど行ってよかった」ダレノガレ明美が熊本地震の被災地を訪問して3ヶ月後に届いたものに涙が溢れる…! : NEXT