Lenon


Lenonをフォローしよう!


リオ五輪の本番3日前に愛馬の顔が腫れ上がってしまった→当日、観客とカメラが見守る中で馬主が下した決断に数百万人が涙した…!


アデリンデ・コーネリッセン選手(36歳)はオランダ人で馬場馬術という競技の選手です。

ヨーロッパ選手権で数々のタイトルを獲得してきました。

現在開催中のリオ五輪でも、19歳の牡馬パージヴァルと共に金メダルの期待がかけられていました。

リオへの移動もトラックでの練習もリラックスして順調そのものでした。

しかし、本番まであと3日というときの思わぬアクシデントが…。

パージヴァルに何が起きたのでしょうか?

詳細は次のページをご覧ください。

baba



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 佐藤智子 より:

    素敵な愛情!
    心が洗われました。
    これからもお二人素敵な関係でお幸せに!!!

  2. 京都のたつや より:

    そっかなぁ、無理に出場することは無いとは思いますが、体調が戻ったんなら、馬自身は出たかったんじゃないかなぁ?
    馬も、名誉心やプライドみたいなものを持っているだろうから、20年程度の短い人生、晴れの舞台で、無理しても頑張りたかったんじゃないかと私は思います。

  3. ヒーラーN より:

    人馬一体とは、このようなことなのですね。長年のパートナーシップでパージヴァルとアデリンデ選手には、言葉を超えた絆が出来上がったのですね。

  4. 馬田牛子 より:

    最高のパフォーマンス。いい人なら最初から連れていかないもの。他の馬「おいおい、おいしいところだけ持って行くなよ」ひひーん。現に誰が金メダルかしらない。私も彼女のような人間になりたい。

  関連記事

同時多発テロの時の活躍した救助犬が多くの人々に見守られながら虹の橋を渡っていきました・・・

「9.11アメリカ同時多発テロ事件」は、多くの方がご存知だと思います。 死亡者が3,000人を超える …

子犬を生む”道具”として数年間、地下室で暮らすことを強制されたトイプードルのお話に目を背けないで!

「パピーミル」という言葉をご存知でしょうか。 パピーミルとは「子犬生産工場」として、営利目的で子犬を …

老犬が生き埋めにされ、虐待されていた→愛犬と散歩していた男性による決死の救出作業が行われたが…!

パリのキャリエール・シュル・セーヌに住んでいるペドロ・ディニースさんは、 愛犬のデエスといつものよう …

立ち寄ったコンビニでお店から猫が登場!近づいたら大きな声で話しかけられた(笑)

ある方がコンビニに立ち寄ろうとしたところ、そのお店から猫が登場!近づいてみると、大きな声で話しかけられました(笑)

初めてできた弟にずっと大事にしていた自分の宝物を差し出したワンちゃんにほっこり・・・

初めてできた弟に”あるもの”を差し出したワンちゃん!それは、ワンちゃんがずっと大事にしていた宝物だった…!詳細はこちら・・・

PREV : 夢を現実に…フェルプスに憧れた少年が8年後、隣で泳ぐフェルプスを追い抜いて金メダル!
「叩かれたけれど行ってよかった」ダレノガレ明美が熊本地震の被災地を訪問して3ヶ月後に届いたものに涙が溢れる…! : NEXT