Lenon


Lenonをフォローしよう!


家に帰った兵士を出迎える耳もほとんど聴こえない老犬!もう一度あえた瞬間に涙が止まらない・・・


ワンちゃんを飼ったことがある人なら経験があると思いますが、

1日でも家をあけると帰ってきたときの喜び様は半端ではないですよね。

今回はアメリカ陸軍の1人の女性とワンちゃんのストーリーです。

彼女は兵士としてキャンプや訓練で3ヶ月間自宅を離れていました。

彼女の帰りを待つのは13歳のゴールデンレトリバーの「バディ」。

関節炎を患い、耳もほとんど聴こえません。

そんなふたりの感動の再会の場面がネット上で話題に!

詳細は次のページでご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

原発事故発生後も警戒区域に残り、そこに取り残された動物達の世話をたった1人で続ける男性に世界の視線が集まる…!

あの衝撃的な東北の大震災から、もう5年以上が経ちました。 時間が経つと共に、あの衝撃は記憶の奥深い場 …

母親をなくした6匹の子猫を温かく迎えてくれたのは、耳の長いお父さんでした・・・

リズさんの家には、6匹の子猫が暮らしています。 4匹は1週間前に母猫を亡くした子猫たち、2匹は3週間 …

「犬猿の仲」なんて…!我が子のように子犬と接するサルの姿が話題に・・・

仲が悪い様子を「犬猿の仲」などと言いますよね。 日本では「犬と猿は仲が悪い」と言われていますが、 イ …

家族が悲しみに暮れていた→その場の空気を読んだワンちゃんのある行動で一家に思わず笑みが…!

長い人生を生きて行くなかで、悲しい出来事と出くわさずに生きることはできません。 苦楽を共にしてきた友 …

「ある犬のおはなし」書籍化!殺処分ゼロを願って作られた絵本の裏に隠された作者の思いとは?

みなさんも耳にしたことがある「殺処分」。 元々の意味は「不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害す …

PREV : 公園の草むらにへその緒がついた赤ちゃんが捨てられていた→それを発見した男性の行動に涙が出る…!
山梨のスーパーのキャッチコピーがパワーワードに溢れていて力漲ると話題に! : NEXT