Lenon


Lenonをフォローしよう!


いつも通り撫でていた愛犬の体に発見したものは心臓が止まりそうになるものだった!そして飼い主は苦しい決断をする・・・


ベラの病、そして決断…

ロバート・クルーガーさんとチョコレート・ラブラドールのベラは9年前に出会い、

親友となってそれからずっと一緒に暮らしています。

しかし、2015年5月にある出来事がおきました。

ロバートさんはいつものようにベラをかわいがり、

身体を撫でていると左前脚に違和感を感じたのです。

すぐに獣医に診てもらうと、ベラの病は『ガン』だとわかりました。

獣医は安楽死をするか緊急手術を行って脚を切断するか、

どちらかを決断をするように言いました。

bera2

ロバートさんは悩んだ末に、手術をする方を選びました。

ベラは足を一本失うことになります。

しかし、これで終わりませんでした。

ガンはベラの肺まで転移をしていることがわかり、余命半年だと獣医に告げられたのです。

ロバートさんは、そしてある決意をします。

その続きは次のページでご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

なぜか子猫が川を泳いでいる!男性が救助したが、そこからさらに信じられない展開が起こった・・・

これから暖かくなってくると川辺でバーベキューを楽しんだり、 ボートで釣りに出かけたりと外に出て遊ぶこ …

虐待され、体がコンクリートにまみれていた猫!「絶対に助ける」という思いが奇跡の復活をもたらす・・・

目を閉じた猫 ある日、女性が自宅の玄関の前に何かが置いてあるのを見つけました。 彼女は自宅の前にある …

瀕死の状態で高速道路の中に取り残されていた子猫にレスキュー隊はサジを投げた→でもこの男性は絶対に諦めなかった結果…!

突然ですが、皆さんは猫はお好きですか? 犬派、猫派で同じ動物好きでも別れてきますが、猫は良いですよね …

飼い猫との悲しい別れを経験した家族が訪れたシェルターで代わりの猫を見つけた時、感動の涙を流した…!

動物を飼っていれば、必ず別れが待っていますよね。 それは時として突然やってきます。 そんな悲しみに大 …

脱走した象のために余命わずかのベテラン飼育員が立ち上がる!50年前の上野動物園の物語に胸が熱くなる・・・

上野動物園は、おそらくほとんどの方がご存知だと思います。 たくさんの動物がいて、時期によってはふれあ …

PREV : 空港で「コレは何ですか?」と聞かれた→ついに日本人なら誰もが知っているあの英語を使う時がキタ!
明治43年当時、106年前の地図がいつでもどこでも見放題!?地図好きにはたまらない神サイトがこちら! : NEXT