Lenon


Lenonをフォローしよう!


ゴリラにミルクを与えて育てた男性が5年の歳月を経て再会→その瞬間緊張が解け、時間が巻き戻った…!


ゴリラと男性

アスピナル財団はおよそ10年前より、イギリスのハウレット野生動物公園と西アフリカの保護区でゴリラの保護と野生に帰す取り組みを行っています。

ゴリラ・プロジェクトの責任者である生物学者のデミアン・アスピナルさんは、

オスのゴリラ「クウィビィ」をミルクを与えるなどして、5歳になるまでハウレット動物公園で育てました。

デミアンさんはクウィビィが野生に戻れるよう、親代わりに色々なことを教えました。

そして5歳になったクウィビィは、西アフリカの保護区の森林へと放されました。

それから5年後、デミアンさんはクウィビィが無事野生に戻り暮らしているかどうしても知りたくなり、

西アフリカ保護区へと足を運んだのです。

果たしてクウィビィと会えるのでしょうか?

続きは次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!

※治療前の姿の写真や動画は皮膚がボロボロで大変痛々しい姿をしています。苦手な方はご注意下さい。 痛々 …

幸せをもたらすかもしれない「白いリス」がイギリスの公園で見つかった!

幸運と聞いて思い浮かべるものといえばなんでしょう? 四つ葉のクローバーやナナホシテントウ、ダブルレイ …

生後1ヶ月のコロコロした子犬たちのじゃれ合いを見れば1日の疲れなんて吹っ飛ぶでしょう!

アニマルセラピーという療法があるように、動物には人間の心を和ませる不思議な力が備わっています。 動物 …

我が家にて、犬という未知の生物と遭遇→その時の猫たちのおもしろ反応15選!

初めての出会いはやっぱり緊張? 1、特等席、取られた… 2、は、初めまして… 3、なんだ、このデカイ …

サンフランシスコで「ペットショップで販売できるのは保護動物のみ」という条例が可決されました!その裏にある悲しい現実とは?

ペットショップで販売されている動物たちの大半は、 販売目的のためにブリーダーたちによって繁殖された子 …

PREV : 死ぬために帰宅してきた赤ちゃん→しかし赤ちゃんのこの行動を見て、母親はすぐに電話をかけた…!
思わず笑いが止まらなくなる画像集28選!1人の時以外では恥ずかしい思いをするだけなので閲覧禁止…! : NEXT