Lenon


Lenonをフォローしよう!


ゴリラにミルクを与えて育てた男性が5年の歳月を経て再会→その瞬間緊張が解け、時間が巻き戻った…!


ゴリラと男性

アスピナル財団はおよそ10年前より、イギリスのハウレット野生動物公園と西アフリカの保護区でゴリラの保護と野生に帰す取り組みを行っています。

ゴリラ・プロジェクトの責任者である生物学者のデミアン・アスピナルさんは、

オスのゴリラ「クウィビィ」をミルクを与えるなどして、5歳になるまでハウレット動物公園で育てました。

デミアンさんはクウィビィが野生に戻れるよう、親代わりに色々なことを教えました。

そして5歳になったクウィビィは、西アフリカの保護区の森林へと放されました。

それから5年後、デミアンさんはクウィビィが無事野生に戻り暮らしているかどうしても知りたくなり、

西アフリカ保護区へと足を運んだのです。

果たしてクウィビィと会えるのでしょうか?

続きは次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛犬が起こしたサプライズな行動に飼い主は感動のあまり泣き崩れて立っていられなかった・・・

近年、空前のペットブームで犬や猫を飼っている人が増えましたね。 犬や猫も人と同じように突然、ケガをし …

必死に抵抗をしていた子犬が新しい経験の中で少しずつ心を開き、その先の希望の光へ…!

人間の都合で、無責任に捨てられてしまう犬たちがいます。 元飼い主からの虐待、突然の孤独、空腹や寒々し …

う〜ん、上手くできないよ〜…子犬ハスキーの初めての遠吠え。やっと出せた「アオ〜ン」が可愛すぎる!

赤ちゃんハスキーが飼い主に抱っこされながら初めての遠吠えの練習です。 ハスキーちゃん、今日こそはちゃ …

「私は心から愛してる」怪我を負った犬が捨てられていた本当の理由に涙が溢れる…!

チュウィ チワワのチュウィは、まだ3ヶ月の子犬でした。 彼はラスベガスの空港で怪我を負った状態で発見 …

体重20キロ超えの抱っこが大好きな赤ちゃんわんこ!しかしその体重ゆえ、抱っこからの卒業を促されると・・・

体重20キロの赤ちゃんわんこ 赤ちゃんと聞くと、「小さくてふにゃふにゃで抱っこ!」という感じのイメー …

PREV : 死ぬために帰宅してきた赤ちゃん→しかし赤ちゃんのこの行動を見て、母親はすぐに電話をかけた…!
思わず笑いが止まらなくなる画像集28選!1人の時以外では恥ずかしい思いをするだけなので閲覧禁止…! : NEXT