Lenon


Lenonをフォローしよう!


「一緒に暮らそう…」飼い主と死別した猫は保護施設で訪問者に手をかざし続けた→すると・・・


どんな時も悲しい別れというのはつきものです。

このお話の主人公の猫も最愛の飼い主さんの死に出会い、 別れを経験しました。

施設に引き取られた時には13歳の老猫。

引き取り手はそうそうあらわれる年齢ではありません。

そんな状況のなかこの猫は訪問者に愛嬌をふりまき続けました。

でもやはり老猫ということで、 引き取り手は現れませんでした。

kazasu

しばらくしてそんな猫の姿に心を打たれる訪問者があらわれます。

さて、この老猫はどうなるのでしょうか?

詳しくは次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

このウサギはお隣のスリッパを仲間だと信じて疑っていないようです・・・

ネットでアップされる動物の画像は、とても可愛いですし癒されますね。 どの動物も可愛いので、お気に入り …

「違う、そうじゃない」飼い主をじっと見つめる猫の大きな勘違い!視線の先には…(笑)

飼い主さんをじ〜っと見つめる猫ですが、大きな勘違いをしていました!猫の視線の先にあるのは…(笑)詳細はこちら・・・

病気の犬に育てられた子猫→育ての犬が発作を起こした時、子猫は…運命の絆で結ばれ、種を越えた“親子”!

犬のトビーは、生後11週の子猫ジンクスが家にやってくると、まるで自分が親であるかのように世話をしまし …

チーターがまるで猫!?ゴロゴロと喉を鳴らして懐くあられもない姿

お姉さんが危ない!と思いきや……? 「危ない!お姉さん逃げて!」 一瞬そう叫びたるのも当然。 なんと …

真夜中、いつものように眠る息子→その時ラブラドールは彼の命の危機を警告!背筋が凍るような事態に・・・

ある真夜中のこと。 4歳のラブラドール犬のジェダイは、いつものように少年ルーク君の側で眠っていました …

PREV : イチロー、ついに通算3,000本安打を達成!その後、ベンチではサングラス越しに涙していた・・・
かまぼこ屋さんにあるクーラーが想像以上のかまぼこぶり(笑)思わず3度見してしまう身近な擬態7選! : NEXT