Lenon


Lenonをフォローしよう!


「一緒に暮らそう…」飼い主と死別した猫は保護施設で訪問者に手をかざし続けた→すると・・・


どんな時も悲しい別れというのはつきものです。

このお話の主人公の猫も最愛の飼い主さんの死に出会い、 別れを経験しました。

施設に引き取られた時には13歳の老猫。

引き取り手はそうそうあらわれる年齢ではありません。

そんな状況のなかこの猫は訪問者に愛嬌をふりまき続けました。

でもやはり老猫ということで、 引き取り手は現れませんでした。

kazasu

しばらくしてそんな猫の姿に心を打たれる訪問者があらわれます。

さて、この老猫はどうなるのでしょうか?

詳しくは次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

モコモコ毛を生やしすぎて命の危機に晒されていた羊→毛刈り職人が決死の技術で命を救う!

動物保護団体に保護された『モコモコすぎる羊』 有袋類などの珍しい動物の宝庫・オーストラリア。 そんな …

足の不自由なワンちゃんが走る喜びを感じるために作られた世界で1つだけの義足!

ダービー このワンちゃんの名前はダービーといいます。 凛々しい表情が特徴的なカッコいい犬ですが、彼は …

モグモグモグ…吸引力の変わらない、ただ1匹のハムスターお米清掃機がこちら!

欠かすことのできない電化製品である掃除機。 最近では改良されたりパワーアップされた製品とかあり、購入 …

最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!

日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。 ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチ …

なんでも壊してしまう子犬にぬいぐるみをあげたら1年後にどうなる?

がっしりとした体格、筋肉質で隙のない体。 オオカミに似ているこのアラスカンマラミュートは、外見とは異 …

PREV : イチロー、ついに通算3,000本安打を達成!その後、ベンチではサングラス越しに涙していた・・・
かまぼこ屋さんにあるクーラーが想像以上のかまぼこぶり(笑)思わず3度見してしまう身近な擬態7選! : NEXT