Lenon


Lenonをフォローしよう!


病気で目が開かないまま車道を渡ろうとしていた子猫→一人の女性と出会い、大きな瞳で感謝を伝える!


人と動物の偶然の出会いが運命を変えることがあります。

そしていつしか偶然の出会いが必然へと…。

ある日のこと、1匹の子猫が4車線の道路を恐々横断しようとしていました。

しかもその目は閉じられたままです。

そこにたまたま車で通りかかったTwitterユーザーのネッサさん(@nessa)。

すぐに子猫を助けに行きました。

それは子猫が1車線目の真ん中を危なげに歩いているその時でした。

それがネッサさんと子猫の「運命の出会い」でした。

その後 子猫とネッサさんはどのような運命を辿ったのでしょうか?

それは次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

前足が不自由というハンデを抱えながら野良として2年間生き延びた猫が心優しい女性と出会って安全な場所に導かれる…!

世の中には事故や障害で手足を失った人や、生まれつき手足が全く機能していな人も沢山います。 先天性の障 …

猫にご飯をあげるのを忘れてしまった!帰ると「激おこ」とはまさにこのこと状態…(笑)

本気で腹が立つと、怒りが言葉にならず無言になりませんか? それは人間だけではありません。 猫だってそ …

サザエの新たな発見!4年以上飼っている人でも気づいていなかった衝撃事実とは?

サザエを4年以上飼っている人がサザエに関する新たな発見をしたそうです…!衝撃的な様子を収めた動画をご覧ください・・・

ある広告制作会社が作り上げたとてつもないクオリティの「ハムスターの街」をご覧ください…!

子どもの頃にお人形ごっこやおままごと、ドールハウスなどで遊んでいませんでしたか? 幼い頃は可愛いお人 …

他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…!

猫は平均2~5匹、多い場合でも8匹の子どもを産みます。 その母猫が人間の監視下で出産をしたのなら、生 …

PREV : 初代ゴジラの全長は50メートル!もしも高層ビルが建ち並ぶ現代の東京に現れたら・・・
お母さんがレストランで赤ちゃんのミルクをこぼしてしまった!その時のウエイターの親切心に感動・・・ : NEXT