Lenon


Lenonをフォローしよう!


病気で目が開かないまま車道を渡ろうとしていた子猫→一人の女性と出会い、大きな瞳で感謝を伝える!


人と動物の偶然の出会いが運命を変えることがあります。

そしていつしか偶然の出会いが必然へと…。

ある日のこと、1匹の子猫が4車線の道路を恐々横断しようとしていました。

しかもその目は閉じられたままです。

そこにたまたま車で通りかかったTwitterユーザーのネッサさん(@nessa)。

すぐに子猫を助けに行きました。

それは子猫が1車線目の真ん中を危なげに歩いているその時でした。

それがネッサさんと子猫の「運命の出会い」でした。

その後 子猫とネッサさんはどのような運命を辿ったのでしょうか?

それは次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「置いて行かないで!」留守番中の猫の姿を撮影してみると、とても寂しそうな様子だった・・・

みなさんはご家庭で猫を飼っていますか? 猫の性格は様々で、ツンデレや女王様気質の猫ちゃんもいれば、 …

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

ネコがあなたを噛む本当の理由を知らなければ…ネコの仕草には気持ちがいっぱい!

ネコの行動を知ろう! ドイツでは犬派よりネコ派の方が多いと言われています。 あなたは、どちらのほうが …

思考が読めなさすぎなワンちゃんの、二度見不可避のシュールな行動10選!

たくさんの愛情を注ぎ、日々お世話をしているワンちゃん。 その子の全てを知っていると思っていても、説明 …

怒りと笑いに同時に襲われる(笑)ペットたちにお留守番させた時のあるある10選!

お家の中で生活しているペットたち。 彼らにもストレスはあるのです。 飼い主さんが外出中だとやりたい放 …

PREV : 初代ゴジラの全長は50メートル!もしも高層ビルが建ち並ぶ現代の東京に現れたら・・・
お母さんがレストランで赤ちゃんのミルクをこぼしてしまった!その時のウエイターの親切心に感動・・・ : NEXT