Lenon


Lenonをフォローしよう!


保護施設でこの子猫は決死のアピールを繰り出した→念願叶って新しい家族を手にすると、もう笑顔がとめどなく溢れる!


アメリカ・ユタ州の動物保護施設、『ベスト・フレンド・アニマル・ソサイエティー』に内気な子猫がいました。

後に「レイ」と名付けられるその子猫は、いつも他の子猫の後ろにいるような恥ずかしがり屋さんでした。

ところが、未来の飼い主さんになる人を見抜いたのでしょう。

レイは運命の人に猛アプローチ、見事ハートを撃ち抜きました!

新しい飼い主さんの家にはすでに2匹の猫がいて、もう1匹飼おうとは思ってもみなかったそうです。

しかしたまたまお世話になった施設を訪れた時、1匹の子猫が大声で鳴きながら突進してきました。

飼い主さんはもうその子の可愛らしさに一目惚れ、気がつくと子猫と一緒に施設を出てしまったそうです。

さあ、運命の出会いをした子猫は「レイ」という名前で新しい生活が始まりますが、一体どうなるのでしょうか?

見ているこっちまで幸せになるような光景は、次のページでご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

自分が捕獲したヒヒに子供がいた→その後ヒョウのとった行動に涙が止まらない・・・

ある動画が今ネットで話題をよんでいます。 それは生後8日目から3歳まで1匹のヒョウに密着して制作され …

人間味に溢れたポーズを決める2匹のイグアナが面白かわいい!

ヘンリーさんは30年以上にわたり、 トカゲなどの爬虫類をペットとして飼育している爬虫類大好きな方です …

愛猫が逃げた街で猫の殺害事件が発生!その時、心配した飼い主がとった対策とは?

脱走後に猫の殺害事件 ピーナッツといういたずら好きな猫が家から脱走しました。 飼い主さんの名前はケイ …

「これで元気出して…」悲しんでいる飼い主を慰めるために愛犬がとった健気な行動に心温まる・・・

悲しみに暮れる飼い主 犬には他者の気持ちを共有しようとする所があります。 その対象が親しい仲間や飼い …

シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・

南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、 カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルタ …

PREV : 知らない人が車椅子の女性に渡した一輪のバラ→指差す目線の先には夫の想いがつまっていた!涙が止まらない・・・
「ほめてほしかった…」小学生の詩に溢れた素朴で考え深い内容に涙!あなたは何を感じますか? : NEXT