Lenon


Lenonをフォローしよう!


ガンを患い、余命6ヶ月に…もうすぐお別れとなる愛犬の飼い主が考えた「死ぬまでにやりたいことリスト」に涙が止まらない…!


愛犬ジゼルのガン

アメリカ・ニューヨーク州マンハッタンに住む旅行作家のローレンさんは、イングリッシュ・マスティフの女の子「ジゼル」と暮らしていました。

ジゼルは72kgもありますがとても甘えん坊で、ふたりはいつも親友のように一緒にいました。

risuto1

2014年6月、ローレンさんは10歳になるジゼルが脚を引きずっている様子を見て心配に思い、動物病院に連れて行きました。

そこで分かったのは、ジゼルは「骨肉腫」というガンの一種の犯されていること、

余命わずか6ヶ月しかなく、クリスマスまでもたないだろうということでした。

犬の骨肉腫は未だ原因不明の病ですが数日や数週間で一気に悪化する可能性もあり、飼い主が気づくのが難しい病気です。

骨肉腫は症状の悪化につれて強い痛みや肺への転移があり、犬にとってとても苦しい病気になるのです。

涙の日々を乗り越えたローレンさんはジゼルとの「死ぬまでにやりたいことリスト」を作ります。

その感動的な内容について気になる方は是非次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 水田久博 より:

    苦しい時でさえ愛する事。

  関連記事

真夜中、妊娠中の猫に呼ばれたので里親さんが導かれるままについて行った結果…!

「ちょっとこっち来てニャん」真夜中に、妊娠中の猫に呼び出された里親さん!導かれるままについて行った結果、そこで見たものとは?

「覚悟のある人にしか譲らない」販売から譲渡へと事業をシフトしたペットショップの想いとは?

「覚悟のある人にしか譲らない」ペットを売ることから譲渡することへと事業をシフトした異色のペットショップの想いとは?

このワンちゃんが玄関から部屋に入ることができない理由が情けなくて笑わずにはいられない!

愛犬は時に飼い主さんが想像もしていなかったことをして、 飼い主さんをびっくりさせたり笑わせてくれたり …

「預けた猫が元気な証拠を見せて」と娘に言われた父親のとった行動がこちら!

娘さんに「預けた猫が元気な証拠を見せて欲しい」と言われた父親!その時に父親がとった行動が話題に…!詳細はこちら・・・

最愛の飼い主と永遠に会えなくなってからぬいぐるみを抱きしめて離さなくなった猫!

最愛の飼い主さんと死別してから、ぬいぐるみを抱きしめて離さなくなった猫!あまりにもつらい別れを経験した猫の運命は…?

PREV : 『困り顔』のプロ、猫のロイドくんが見せる今年最高のしょんぼり顔をご覧ください…!
ポケモンGOでポケモンがどこにいるのかが分かるリアルタイムマップ『ポケタン』!全国各地域の利用場所はこちら!! : NEXT