Lenon


Lenonをフォローしよう!


ガンを患い、余命6ヶ月に…もうすぐお別れとなる愛犬の飼い主が考えた「死ぬまでにやりたいことリスト」に涙が止まらない…!


愛犬ジゼルのガン

アメリカ・ニューヨーク州マンハッタンに住む旅行作家のローレンさんは、イングリッシュ・マスティフの女の子「ジゼル」と暮らしていました。

ジゼルは72kgもありますがとても甘えん坊で、ふたりはいつも親友のように一緒にいました。

risuto1

2014年6月、ローレンさんは10歳になるジゼルが脚を引きずっている様子を見て心配に思い、動物病院に連れて行きました。

そこで分かったのは、ジゼルは「骨肉腫」というガンの一種の犯されていること、

余命わずか6ヶ月しかなく、クリスマスまでもたないだろうということでした。

犬の骨肉腫は未だ原因不明の病ですが数日や数週間で一気に悪化する可能性もあり、飼い主が気づくのが難しい病気です。

骨肉腫は症状の悪化につれて強い痛みや肺への転移があり、犬にとってとても苦しい病気になるのです。

涙の日々を乗り越えたローレンさんはジゼルとの「死ぬまでにやりたいことリスト」を作ります。

その感動的な内容について気になる方は是非次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

優しい女性に保護されたオポッサムは彼女に優しさに触れ、野生での暮らしを捨てて彼女との生活を選んだ!

皆さんはオポッサムという動物をご存知ですか? アメリカ大陸に生息している小動物で、死んだふりをするこ …

モコモコでまん丸な「チンチラ」が愛くるしくてかわいすぎると話題に!

小動物のハムスターやモモンガ、前歯が特徴的なデグーといった動物は人気のペットですよね。 これらは全て …

もうひとりぼっちじゃない…ずっと孤独に生きてきた狼犬が保護された先で真実のパートナーと出会う・・・

複雑な事情で、生きるのが大変だというのは人間だけではありません。 アメリカのアリゾナ州で保護されたひ …

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

あとちょっと遅かったら…真夏の車内に放置されていたワンちゃんを警察官が窓をぶち破って決死の救出!

炎天下の車内にいたのは… 日本は夏本番。 夏休み、家族で行楽地へ向かう車も多いことでしょう。 遠く離 …

PREV : 生後半年までの間の赤ちゃんにしか起きない『ギャラン反射』にメロメロな人続出!
ポケモンGOでポケモンがどこにいるのかが分かるリアルタイムマップ『ポケタン』!全国各地域の利用場所はこちら!! : NEXT