Lenon


Lenonをフォローしよう!


ガンを患い、余命6ヶ月に…もうすぐお別れとなる愛犬の飼い主が考えた「死ぬまでにやりたいことリスト」に涙が止まらない…!


愛犬ジゼルのガン

アメリカ・ニューヨーク州マンハッタンに住む旅行作家のローレンさんは、イングリッシュ・マスティフの女の子「ジゼル」と暮らしていました。

ジゼルは72kgもありますがとても甘えん坊で、ふたりはいつも親友のように一緒にいました。

risuto1

2014年6月、ローレンさんは10歳になるジゼルが脚を引きずっている様子を見て心配に思い、動物病院に連れて行きました。

そこで分かったのは、ジゼルは「骨肉腫」というガンの一種の犯されていること、

余命わずか6ヶ月しかなく、クリスマスまでもたないだろうということでした。

犬の骨肉腫は未だ原因不明の病ですが数日や数週間で一気に悪化する可能性もあり、飼い主が気づくのが難しい病気です。

骨肉腫は症状の悪化につれて強い痛みや肺への転移があり、犬にとってとても苦しい病気になるのです。

涙の日々を乗り越えたローレンさんはジゼルとの「死ぬまでにやりたいことリスト」を作ります。

その感動的な内容について気になる方は是非次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 水田久博 より:

    苦しい時でさえ愛する事。

  関連記事

パグも現代っ子(笑)カメラを前にしてやらかしたイマドキな勘違いがおもしろ可愛い!

カメラを向けられると、大抵の人は良い顔で撮ってもらおうと構えてしまうものですね。 この心理、何も人間 …

18歳まで長生きした犬は最後に一つの願いを叶え、幸せに溢れながらこの世を去った・・・

最近では医療の発達と共に、ペット食が改善された結果ペットの高齢化が進んでいるので、 保護された高齢の …

傷ついても、もう一度自由に大空へ!本にもなったハヤブサの復活劇に胸が熱くなる・・・

イギリスの画家で作家でもあるジャッキー・モリスさんが、 著書『Queen Of The Sky』の中 …

高速道路でか弱く鳴いていた子猫を保護→日に日に元気になっていく姿に感動…!

心無い飼い主が小さな命を置き去りにするという話はよく聞きますよね。 もちろん、人が関わっていない場合 …

飼い主は猫の治療費が払えないため、治療を断念した→そんな猫のために獣医師がとった行動に猫が応えた6枚の写真に感動…!

猫や犬を飼っている人なら、一度や二度は動物病院のお世話になったことがあるでしょう。 猫や犬の治療費は …

PREV : 生後半年までの間の赤ちゃんにしか起きない『ギャラン反射』にメロメロな人続出!
ポケモンGOでポケモンがどこにいるのかが分かるリアルタイムマップ『ポケタン』!全国各地域の利用場所はこちら!! : NEXT